審査が緩い街金は大手消費者金融で借りれなかった方専門だから借りれるところです

審査が緩い街金.COM【消費者金融】審査が緩いから多重債務でも借りれる★

yuruimachikin_360x120.jpg

キャッシング 審査緩い

  1. 消費者金融会社の審査の差 甘い審査の消費者金融もある
  2. キャッシングの金利について 審査は緩いけれど金利は高め
  3. 審査が緩いということは?債務整理者には必見
  4. 多重債務者の扱い 審査が通らない理由の一番の鍵が収入
  5. まとめローンで多重債務解消 その前に
 
yuruimachikin_360x120.jpg
 

消費者金融会社の審査の差 甘い審査の消費者金融もある

お金を借りたい。できれば、簡単に金利も低く、が理想です。

一般的なのは、消費者金融のカードローンや銀行カードローンですが、それぞれ必ず審査が存在しています。
クレジットカードやカーローンなども同様ですが、お金やクレジットに関することは、申込者の信用情報が大切な審査通過のポイントになります。ローンを組むことは、信用がないとできないことです。
 

それぞれ違う審査の基準

審査緩い消費者金融を聞いたことはあるでしょうか?
同様の意味で、甘い審査、独自審査、ブラック対応などがあります。
信用が多少低い方でも借りられるのが、審査緩い消費者金融です。

そのような存在は、サイト検索でも多くあります。
意外なようですが、プロミスなどの大手消費者金融審査落ちでも借りられる消費者金融があります。
このような審査緩い金融業者は、中小消費者金融、中堅消費者金融、街金などと言われています。
検索の参考にしてみてください。

審査基準が違うことで、審査通過の可能性が広がります。
プロミスで借りれない場合でも、まだ借りれる消費者金融があるんだ、そう思って頂いてOKです。
 
yuruimachikin_360x120.jpg
 

信用情報はどこまで緩い

これも、それぞれの金融業者で差が出ます。
大手消費者金融と中小消費者金融の差は大きいですが、中小消費者金融の中でも審査の基準が違う場合も多く聞かれます。債務整理者の扱い、多重債務者の借入件数の基準、延滞記録などの扱いで、中小消費者金融でも、甘い審査、極甘審査という分類が存在します。

ただし、信用情報に関しては、審査内容の公表がないため、いずれも口コミや体験談を元にした情報です。
ですから、ある方は4件の多重債務でも借入ができたけれど、3件で借りれない場合もあります。
その時の状況、特に収入の金額や債務整理の内容などで、この審査基準は流動的です。
 

中小消費者金融の担当者談によると

収入がないとか、総量規制以上の申込者は、審査落ちは決定です。
信用情報の内容に関しては、現在の状況や金融会社の許容範囲、担当者の判断によって、微妙に審査が違うことがあると言います。特に、対面融資などの場合、情ではないのですが、どうしても借入の申し込みがきて、保証人などがいることで、審査通過の可能性がゼロではないといいます。

インターネットの情報サイトで紹介される審査緩い消費者金融では、インターネット上の審査と電話などの質問で決まります。その中で、対面融資、来社をしなければならない金融業者の場合、極甘審査の所もあるようです。ただし、だれでも通用するものではなく、それなりの事情と返済能力がきちんとないことには話しにならないといいます。保証人もその一つで、基本的にキャッシングは無担保ローンですが、審査の過程で保証人ありの借金もありという判断です。

あまり数はないのですが、特に審査緩い極甘審査消費者金融では、かなり悪い信用情報でもキャッシングができることがあります。注意したいのが、その金融業者が必ず正規金融業者であることを確認してください。
闇金も多いので、申し込みは慎重に。
 
▲メニューに戻る
 
yuruimachikin_360x120.jpg
 

キャッシングの金利について 審査は緩いけれど金利は高め

金融機関では、お金を貸す際に必ず金利をつけます。
住宅ローンやカーローン、クレジットカードでも分割払いやリボ払いでの金利は存在します。
その中で、モノを対象にした貸すときより、現金=キャッシングサービスが一番金利が高いです。

銀行カードローンは、低金利のキャッシングですが、14%台が平均的です。
CMを行っている大手消費者金融では、最高17%台の金利がかかります。
 

金利と審査

金利は、多く借りるほうが低くなります。
もし、住宅ローンで10%の金利となれば、返済額は莫大な数字になります。
キャッシングでも、1万円~300万円と限度額がある場合、1万円と300万円の金利は全く違います。
多く借りられる申込者には低金利、これも一つのサービスですし、金融会社にとっては、利益獲得のための手段です。多く借りられる人は、信用が高いというのも低金利の理由の一つです。
 
yuruimachikin_360x120.jpg
 

審査緩い=金利は高い

信用情報と申込情報は、キャッシングの審査で見るところです。
過去の返済状況などで、全く金融事故もなく正常な返済をしている場合、限度額も高くなります。(消費者金融では総量規制範囲内ですが)

そして、金融事故があると、大手消費者金融では審査落ちです。
審査が甘い緩い中小消費者金融では、大手で借りられない方でも借入ができますが、金利は大手消費者金融より高めです。それでも消費者金融は最高20%が上限金利ですから、20%になることが多いです。
ちなみに、中小消費者金融では金融事故がない方も20%です。
 

金融事故がないのに、ブラックと同じ金利?

中小消費者金融では、申込者によって金利を変えることはないです。
借入金に対しての金利差はありますが、ブラックは高い、ブラックではないと低いことはないです。
最も、大手消費者金融で借入ができる方がもわざわざ金利が高い中小消費者金融に行くことはないのですが。

中小消費者金融のスタンスとしては、債務整理や多重債務者などで、大手消費者金融の審査落ちでも借りれます。
ただし、金利は高い設定ということで営業をしています。ですから、申込者に対しては、皆同じ条件になります。
 
yuruimachikin_360x120.jpg
 

小口融資が多い中小消費者金融

審査緩い消費者金融の特徴として、10万円の壁があります。
ある消費者金融では、1万円から99,000円までが20%、10万円から18%の金利設定となっています。
口コミ情報で、自己破産だけど9万円のキャッシングができました、99,000円のキャッシングでしたという報告が多いです。これは、作戦ではないのですが、中小消費者金融としては、3%の金利差での儲けを考えてのことです。

しかし、その消費者金融は、審査緩いことで有名で多くの利用者のある金融会社です。
3%は少々痛いですが、借りれないよりはマシとの口コミから、せこいけれど審査が甘いから利用しているという辛口コメントも聞かれます。
 
▲メニューに戻る
 
yuruimachikin_360x120.jpg
 

審査が緩いということは?債務整理者には必見

審査緩いキャッシングは、消費者金融系の金融業者が良いです。
銀行カードローンなどは審査が厳しいですし、大手消費者金融は銀行系の消費者金融です。
消費者金融系というと、あまり名前は知られてはいないのです。
それは、甘い審査の消費者金融などで検索される金融業者です。
 

金融業者が正規金融業者なのか見分けるコツ

しかし、名前の金融会社からの借入は不安です。
その金融業者が正規金融業者であるかは、金融庁の登録番号の確認をしてみましょう。
ホームページに必ず記載した番号や、金融庁のホームページには会社名で登録があります。
そこに名前があれば安心です。

また、審査緩い金融業者の情報はとても多いです。
そこで、ここは安心とか、大丈夫と言う口コミがたくさんあったり、ランキングサイトで上位に君臨している金融業者は、正規金融業者です。審査緩いだけで、大手消費者金融と同じ貸金業法を守っているところです。
 
yuruimachikin_360x120.jpg
 

申し込みをしたけれど、借りれない

審査緩い消費者金融でも審査落ちはあります。
必ず確認される審査は、総量規制と延滞記録、収入の有無などです。
審査は甘かったり、緩い場合でも返済能力がなければ、絶対に審査通過はないです。

総量規制は、年収3分の一の限度額です。
300万円の年収は100万円が限界であり、大手消費者金融で110万円の総量規制で審査落ちで、審査緩いところで申し込みをしても審査落ちです。それが、総量規制範囲内ということです。

延滞は、現在進行中なら、どんな金融業者でも貸してくれないです。
そして、無収入は消費者金融では審査対象にもならないです。
正規金融業者では、年金と生活保護者も無収入とします。
 

審査が緩いと言うのは

それでは、具体的にどのような方が、この金融会社は審査が緩いと評価をするのでしょう?
例えば、2社の多重債務者で、総量規制範囲内で3社目で審査通過。
自己破産をして1年しかたっていないけれど、借りれた。
任意整理完済、任意整理中でもキャッシングができるなどです。

特に債務整理経験者が、案外と簡単に借入ができる、ブラックリスト期間は5年以上と聞いたけれど、もっと短い期間でも借入ができる。これは審査が緩い金融会社の大きな特徴です。
 
yuruimachikin_360x120.jpg
 

大手消費者金融審査落ち、銀行カードローン審査落ちでどうしても借りたい

審査緩い、中小消費者金融、街金などでの借入ができる可能性があります。
債務整理でも、多重債務者でも必ず自身の総量規制範囲内であること。
収入があり、今から借りたい金額をこうして返済ができると証明ができることが必要です。

仕事の内容などは問わないのですが、少なくとも半年以上の勤続年数は必要です。
信用情報が多少悪くても、ここからはきちんと完済しますといえるのなら、審査に通ることもあるでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
yuruimachikin_360x120.jpg
 

多重債務者の扱い 審査が通らない理由の一番の鍵が収入

大手消費者金融の審査に通らないのが多重債務者の場合、審査落ちの原因はいろいろです。
 

借入件数が多い

これは借入金にかかわらず、カードローンをたくさん駆使していることが審査に引っかかります。
通らない理由は、あちこちから借りていることが原因ですが、大手消費者金融の多重債務の限界は3社程度と言われています。

それ以上の場合、少額の多重債務でも審査通過はあり得ないです。
 
yuruimachikin_360x120.jpg
 

借入金が多い

借入件数は少ないけれど、総量規制限度額に近い金額の多重債務者です。
これは300万円の年収は、100万円の総量規制です。

1件で95万円の借入をしていたとして、新たに6万円のキャッシング申し込みは審査落ちです。
5万円ではギリギリセーフですが、返済状況によっては、大手消費者金融では厳しい選択をすることが多いです。
 

延滞をしている

これも多重債務ですが、他社の返済をしていない状態での申し込みです。
これは審査緩い中小消費者金融に行ったとしても、信用情報の延滞記録進行中では、絶対に借入ができません。
また、過去に長期延滞をしていたと言う場合も同じです。

以上は、信用情報における大手消費者金融で多重債務が原因で借入ができないパターンです。
消費者ローンでも大手では、なかなか厳しい審査があります。
債務整理などをしていたら、債務整理明けの借入に関しては、人によってバラバラです。
最低5年間は絶対に借入ができません。

大手消費者金融がダメなら、中小消費者金融の審査緩いがあるのも確かです。
大方中小消費者金融での借入件数は4件程度ですが、総量規制範囲内が原則です。
そして、この時に審査のポイントになるのが返済能力で、収入の内容です。

そこで、大手も中小も審査落ちというのが、収入がない方です。
 
yuruimachikin_360x120.jpg
 

無収入

無収入は、どんなに良い信用情報でも借入ができません。専業主婦もその一つです。
パートでもバイトでも、年収100万円程度でもないともキャッシングができないのです。

今まで延滞もしていないし、ブラックでもない。
今は休職をしているだけ、それでも無収入ですし、年金や生活保護者は収入ではないのです。
収入も、日雇いバイトや日雇い派遣などで、安定していない方もなかなか難しいのです。

審査が緩い中小消費者金融でも在籍確認があります。
収入証明書は50万円以下は不要が多いですが、中小消費者金融では必ず提出の所もあります。
そんな時うちの会社は収入証明書がない、あまりにも低所得なので、税金の支払いもしていないし、所得証明書もないかも?この場合のキャッシングは難しいです。

確定申告などをして、必ず所得証明書などがないと、収入があることにはならないのです。
とにかく収入がゼロ、働いていていない方のキャッシングは絶対に無理ということです。
 
▲メニューに戻る
 
yuruimachikin_360x120.jpg
 

まとめローンで多重債務解消 その前に

まとめローンをご存知でしょうか?
多重債務を一本したい、一つの消費者ローンにするものですが、普通のフリーローンよりも審査は厳しいです。
 

中小消費者金融会社のまとめローン

審査緩い中小消費者金融でもまとめローンがあります。
キャッシングの審査が甘いことから、新規キャッシングができない方の救世主です。
総量規制対象外であり、年収3分の一以上の借り入れができるのも魅力の一つです。

現在、大手消費者金融などの借り入れで多重債務でも、中小消費者金融の甘い審査でのまとめローンができれば、多重債務は解消、返済もらくらくです。この時の審査の甘さは、どのようなものでしょうか?
 
yuruimachikin_360x120.jpg
 

審査は甘いが注意が必要

まとめローンをするのは、金利差が大きくなければ損をすると言われています。
金利が低いのは表面的なもので、実際に総量規制対象外の多額の借り入れで、長期返済になることで、総返済額が大きくなると言う意味です。しかし、現在の多重債務の返済が苦しい、それが少しでも返済負担を小さくすることができれば、新規キャッシングの必要もない。この理由で、中小消費者金融のまとめローンの申込をする方は多いです。

中小消費者金融としては、返済能力があることだけが大切な要因です。
ブラックであったとしても、完済ができるのであれば、審査通過ができます。
毎月の負担軽減だけを目的とした中小消費者金融のまとめローンは、返済能力がある方には、検討していただきたいことです。必ず、総返済額が大きくなることは納得の上です。
 

申込をする前に

多重債務で返済が不能な場合は、同時に債務整理も検討してください。
まとめローンとは真逆で、返済金額を大幅に減少することができます。
ブラックリストにはなりますが、多重債務で新規キャッシング申込審査落ちで、すでにブラック要員です。

返済額が大きくなったとしても完済をしたいのか、債務整理でいろいろと整理をして、スッキリとしたいか。
中小消費者金融のまとめローンの申込のときには、この選択が迫られることがあります。
 
yuruimachikin_360x120.jpg
 

金利が高いことが足かせ

まとめローンがすごく定期ならこんなことはないのですが、中小消費者金融の審査緩いまとめローンは、金利が高めです。どうしてもそれが原因となって、債務整理との両天秤になります。

金融業者としては、審査通過も喜んでと言う場合があります。
それは総返済額が大きくなることが、利益が上がることが理由です。
審査緩いことは何かと金利が高くなりがちです。フリーローンも含めて、返済のことを考慮し、特にまとめローンの場合は、10年間程度の返済期間にしてしまうと、総返済額が元金の何十倍にもなることがあります。
 
▲メニューに戻る
 
yuruimachikin_360x120.jpg
yuruimachikin_360x120.jpg