審査が緩い街金は大手消費者金融で借りれなかった方専門だから借りれるところです

審査が緩い街金.COM【消費者金融】審査が緩いから多重債務でも借りれる★

yuruimachikin_360x120.jpg

審査基準の違いでわかる緩い審査

審査が緩いというのは、個人信用情報機関の内容の見方が変わるからです。
消費者金融カードローンでは審査落ちだけど、中小消費者金融では、その金融事故は許容範囲という判断です。

キャッシングでは基本的に、クレジットカードの返済で延滞や遅滞していなければ影響はないです。
あくまでもキャッシングの信用情報に関しての内容です。    
 
yuruimachikin_360x120.jpg

 

多重債務

大手消費者金融では2社が基本です。
3社目の申込で借入ができるのは、収入が安定していることと借入金額が少ないことです。
たいてい3社目での審査落ちが予想されますから、2社が限界と思っていると良いでしょう。

中小消費者金融では、4社が多いです。
この申込が4社目、すなわち3社の多重債務での申込でも借りれるということです。借入金額は、総量規制範囲内です。もともと50万円以下の少額の申込しか受付ていないのですが、多重債務者では10万円以下になることが多いです。
 

債務整理

大手消費者金融では最低でも5年間の申込は審査落ちです。
銀行カードローンも同様です。自己破産だけではなく、任意整理なども完済後5年以上がターゲットになります。
その間は全く縁をしないことをオススメです。申込自体無駄な行為です。

中小消費者金融では、1年経過がポイントです。
公式サイトや口コミで確認したいのが、自己破産以外の扱いです。
任意整理、個人再生の返済中で返済能力があるのなら、借入できないこともない中小消費者金融もあります。
完済していることで、借入金がない状態の申込が歓迎です。
ですから、ある意味自己破産でのキャッシングがしやすいのも現状です。
 

延滞と遅滞

大手消費者金融、中小消費者金融ともに審査落ちです。
特に中小消費者金融では、延滞している事実では、今後の返済能力がないとみなされることになります。
延滞している状態での申込に関しては、消費者金融系すべての金融業者での借入ができないです。
カードローン会社だけではなく、住宅ローンなども状態が悪くなってしまいます。

延滞は、返済日前に予想が付くことです。
どうしても、まだ借りたいのなら、延滞遅滞の前の中小消費者金融の申込が良いでしょう。
総量規制に余裕があるのなら、借入ができます。ただし、中小消費者金融の返済は絶対に行うこと。
大手消費者金融とは違い穏やかな取り立てとは限らないです。

返済のめどが立たない中小消費者金融の申込だけは、オススメできないです。
今だけ現金というのは、キャッシングではやってはならないことです。
どんなことがあっても、延滞しそうな借り方だけは絶対にしないようにしましょう。
 
yuruimachikin_360x120.jpg
yuruimachikin_360x120.jpg