審査が緩い街金は大手消費者金融で借りれなかった方専門だから借りれるところです

審査が緩い街金.COM【消費者金融】審査が緩いから多重債務でも借りれる★

yuruimachikin_360x120.jpg

借りれる街金

借りれる街金の関連記事

  1. 借りれない審査に通らない…どうしたらいいの?
  2. 街金という選択肢があるけど街金てそもそもどういうところ?
  3. 消費者金融会社のカードローンを利用したい
  4. 街金と大手消費者金融会社の比較
  5. 街金は取り立てが厳しいの?
yuruimachikin_360x120.jpg

借りれない審査に通らない…どうしたらいいの?

お金が必要なときは待ったなしといったときが多いです。事前に用意をしておかなくてはいけないのにいつも自転車操業…という人も少なくないでしょう。宵越しのお金は持たないと斜に構えてもいいのですが、実際に必要なときにお金が無いのは寂しいものです。

お金がないといっても貯金ぐらいあるのでは?そういった声も聞こえてきそうですが、借金をしているという人は手持ち資金がゼロの人が少なくないのです。ですから、預金がないというのもありがちといってもいいでしょう。そうなると急な出費が必要になったとき、お金を借りるしかありません。そして、そのような人は例外なく属性が低いのでお金を借りるにも四苦八苦となるのです。

属性って何?

よく言われる属性ですが、普段一般の人が「属性が低いから…」という言葉は使いません。業界用語と考えて間違いないでしょう。この属性というのは、お金の借りやすさ、審査の通りやすさと考えたらわかりやすいです。信用度が高いと考えてもいいでしょう。

正社員とパートアルバイトでは、どちらが属性が高いでしょうか。これは率直に考えて正社員のほうがパートアルバイトよりも属性が高いと言えます。それは、安定した収入があるかないかが判断のポイントとなるのです。制写真は病気や冠婚葬祭などで休んでも有給休暇があり、慶弔休暇などもあります。たいしてパートアルバイトにはそのような有給休暇や慶弔休暇などはありません。仕事を休んでしまえば収入もなくなるのです。正社員とパートアルバイトの大きな違いはここにあります。言うなれば正社員は固定給ですから、ある程度仕事を休んでも、しっかりと毎月の給料をもらうことができるのです。パートアルバイトはそんなことはありません。出勤した分だけお金がもらえるのですから、必要以上に休んでしまっては給料ももらえないのです。このことから正社員とパートアルバイトの属性の違いというのは明白です。

この例では、雇用形態という項目のみで属性を計ってみました。属性を決めるのはこの雇用形態だけではありません。仕事関係では、他に勤続年数もありますし、勤務先も属性を決める一つの判断材料となります。それを言うなれ年収もそうでしょう。勤続年数に限って言えば勤続10年の人は勤続1年の人よりも属性はかなり高いと言えます。勤務先では大企業よりも公務員のほうが属性が高いです。大企業で働くことを憧れる人は多いのですが、昨今の大企業の不祥事を見ていると終身雇用してもらえる可能性はどんどん低くなっているように思えます。そういった意味では年収では大企業にかなわないのですが、終身雇用といった面では公務員のほうが属性は上と考えていいでしょう。

雇用形態で属性をあげたいのでしたら、派遣社員からなんとか正社員への登用を考えるべきでしょう。パートアルバイトでいつまでもいるようでしたら収入も厳しくなりますから、正社員への道を考えたほうがいいです。正社員ではなく自由なほうがいいというのでしたら、他の属性を鍛えていくしかありません。

審査に通るのが厳しいと思ったらどうしたらいい?

誰もがお金を借りるなら銀行がいいと思うことでしょう。それはどうしてでしょうか。それは金利が安いからです。世間的にお金を借りたら利子を付けて返すのが通例です。ですから、1万円を借りたら、心づくしのお礼を添えて返すことでしょう。その心づくしの部分が金融業界で言えば金利、あるいは利息と呼んでいるのです。

利息はお金です。金利は利率ですから、金利が10%としたら、お金を1万円借りたとしたら利息は1万円ということになります。金利は年間で計算しますから、1万円を1年の12回払いで返済すると利息は千円となるのです。お金を借りる場合は金利に注意しなくてはいけません。同じ返すのでしたら金利の低いほうがいいのです。そうなるとやはり銀行で借りるのが一番ということになります。

しかし、銀行でお金を借りるのは審査が厳しいという側面があるのです。先述したように属性が低い人は銀行からお金を借りることはできないでしょう。それではどうしたら良いのかというと消費者金融会社からお金を借りるようにするのです。借りるといっても銀行と同じように融資の申込みをしなくてはいけません。そうなると当然ですが審査もありますし、ブラックの人でしたらお金を借りることはできないでしょう。

それでも銀行に比べると審査が甘いのは間違いないのです。ですから、少しでも借りやすいと考えると消費者金融会社に融資の申込みをした方がいいでしょう。銀行よりもキャッシングなどの使い勝手は消費者金融会社のカードローンのほうがいいです。やはり貸金業者のほうがこのあたりのサービスは一日の長があると考えていいでしょう。特に大手キャッシング業者は貸金のノウハウを積み立ててきましたから銀行カードローンよりも使い勝手の良さはワンランクもツーランクも上と考えていいのです。ですから、お金がすぐにでも必要という人で属性が心配というのでしたら、銀行に申し込むよりもキャッシング業者である消費者金融会社に申し込みをするといいでしょう。
 
▲メニューに戻る

 
yuruimachikin_360x120.jpg

街金という選択肢があるけど街金てそもそもどういうところ?

街金も消費者金融会社の一つです。消費者金融会社の中でも大手業者というわけではありません。中小の消費者金融会社あるいは小規模の消費者金融会社と考えていいでしょう。世間一般的には商店街の一角に店舗を構えて地場の貸金業者として顔なじみの人にお金を貸しているイメージがあります。昔ほど数は少なくなった質屋が貸金業者になったと考えるとわかりやすいかもしれません。

もっとも質屋がなんたるかがわからなければこれもイメージがわかないかもしれません。消費者金融会社の中でも街金はその規模がもっとも小さい部類となります。金利を考えると消費者金融会社でも大手から中小の消費者金融会社、そして街金という順番で金利が高くなるといったイメージで捉えても間違いないでしょう。そして、大手、中小、街金という順番で審査が甘くなっていくのです。

そうなると街金でお金を借りたらいいということになるのですが、お金を借りるというのはそれほど簡単に考えてはいけないのです。というのも、金利が少し違うだけでも融資金額が多くなると利息がかなり違ってくるのです。同じような仕組みのカードローンであっても消費者金融会社のカードローンごとに金利というものはかなり違ってくるのです。銀行カードローンの金利がもっとも低いのですから、それを考えるとわかるでしょう。

消費者金融会社の中でも大手業者は金利が低く、なおかつ審査が厳しいです。ですから、属性が低いと大手業者の審査に通らない可能性もあります。全国的な規模で店舗を展開している大手業者ですから、使い勝手もよくあちこちにキャッシングできるATMなどを設置していますし、提携している銀行ATMでも使えます。さらにはコンビニATMでも使えるのですから、便利さにかけては消費者金融会社の中でも群を抜いていると言えるのです。

大手と街金の違いは?

大手と対する街金はどうでしょうか。金利についても実質年率は街金のほうが高いです。そして、街金は日本全国に店舗を持っていません。たいていは本社のみです。ですから、大阪や福岡などの大都市でも商店街の一画に店舗を構えるといった程度です。そんな小さな街金でお金を借りるのは不安では?そういったイメージがあります。たとえば、融資をしてもらった街金が潰れたら債務はどうなるのでしょうか。

帳消しになるのでは?と期待する人もいるかもしれません。しかし、そんなことはなく、代理会社が債務の回収にあたることになります。中には一括返済を求めて来る場合もあるので、街金にはそういったところにリスクがあると考えていいでしょう。

街金には福岡を例にとると、有限会社エフォートコーポレーション、株式会社サンクス、株式会社エクセル、株式会社スカイオフィスといった地場の中の街金でも一つや二つも頭が抜けたような街金も存在しています。いずれもインターネットサイトが充実していて、こういったサイトが充実していると融資を申し込む側としても安心感が出てくるのです。
 
▲メニューに戻る

 
yuruimachikin_360x120.jpg

消費者金融会社のカードローンを利用したい

消費者金融会社は規模などによっても大きな違いがあります。金利を貸付利率とも呼んでいるのですが、この貸付利率が消費者金融会社によってまちまちなのです。とはいっても法外な貸付利率を設定することはできません。それは利息制限法といった法律で上限金利が定められているからです。

この利息制限法では貸付利率の上限は20%までとなっています。口コミなどの情報では、20%の上限一杯まで貸付利率を設定している消費者金融会社はそれほど多くはありません。20%設定をしている消費者金融会社の多くは街金と呼ばれる小規模な消費者金融会社なのです。

それでは、できるだけ貸付利率の低い消費者金融会社からの融資を利用したいと考えることでしょう。街金は地域密着型ですから、審査は緩く昔ながらの顔なじみであれば、言わば顔パスでお金を借りることができるところもあります。このように審査が緩い代わりに金利は高いというのが街金の特徴と言ってもいいでしょう。

ブラックでも借りることができる?

ブラックという定義は言うなれば債務整理をした人をブラックと呼んで間違いなでしょう。確かな定義というものはないのですが、俗に滞納を繰り返している人をブラックとはいいません。滞納しても貸金業者や銀行などが指定した期限内に支払いをおこなえばブラックとなることはありません。ブラックというのは採算の支払い要請(督促)にも応じずに貸金業者や銀行などの金融機関が簡易裁判所などに調停や訴訟を行ったときに初めてブラックと呼ばれるようになるのです。

もっともその前にローンカードなどは利用停止になっていることが多く、債務者ではお金を新たに借りることはできずに、支払いだけを行う状態になっているのです。そのような状態になったブラックとなると新たにお金を借りることはできません。

また、債務整理の場合は自己破産と違って借金の返済を債権者と債務者で協議することになるのです。この場合は金利が低く設定される場合もあり、債務者にとって有利に働くこともあります。そうなれば誰もが債務整理を行いたい、と思うかもしれません。しかし、債務整理はある程度債務が軽減される要素があることから、融資を受けるときに契約した内容を破棄したものと扱われます。

そうなると契約不履行ということですから、社会的制裁を受けることになるのです。この場合の社会的制裁というのは、新たな借金ができなくなること、クレジットカードを使うことができなくなるなどです。実際にこのような状態になると生活がかなりしづらくなるでしょう。これが社会的制裁というものです。この状態は5年ないし10年は続くとされています。

街金ではこのようなブラック状態の人でもお金を借りることができます。というのも社会的制裁は受けなくてはいけないのですが、貸金業者あるいは銀行などがブラックの人にお金を貸してはいけないという法律があるわけではないからです。社会通念として消費者金融会社もブラックの人にお金を貸してはいけないという暗黙のルールがあるのですが、街金では従来のつきあいを大切にしているということですね。一見アウトローにも見えますが、ヤミ金とは違うのできちんと区別をしたいところです。ヤミ金はそもそも利息制限法を守らずに法外な金利で融資を行っている貸金業者なのです。
 
▲メニューに戻る

 
yuruimachikin_360x120.jpg

街金と大手消費者金融会社の比較

同じ消費者金融会社ですが、街金と大手消費者金融会社にはどのような違いがあるのでしょうか。まずは大手消費者金融会社です。大手といわれるくらいですから、全国対応の消費者金融会社です。全国に店舗網がありますから、全国どこに住んでいてもその名前を知っている人は多いことでしょう。そして、消費者金融会社のカードローンを利用すればそのカードはどの銀行ATMでもコンビニATMでも利用することができます。ですから、融資限度額内であれば、いつでもどこでも入出金ができるので日本全国どこにいっても利用することができるのが大きなメリットなのです。

一方の街金では、店舗が一つという場合が多く金融商品もカードローンではないことが一般的です。例えば10万円借りたら後は返済するのみということです。その返済方法も利用者みずから街金の口座に振込むあるいは、店舗に納めにいくなどの方法となるのです。これを考えてみると街金には全くメリットがなくデメリットばかりのように感じます。申込者の立場ではどうでしょうか。借りやすいという面で見たら街金のほうが上となるかもしれません。

それは、顔なじみであれば特にそうでしょう。昔ながらのつきあいというのでしたら顔パスで利用できることもあるのです。大手消費者金融会社ともなれば、個人信用情報機関に加盟することで、審査が行われます。審査基準も銀行に次ぐくらい厳しい事も多く、審査に通らなければ申し込みブラックといって、その情報が消えるまで新たな融資の申込みができないこともあるのです。その点街金の場合は顔なじみで住所がしっかりしていてすぐに連絡が取れる場合、ほぼ顔パスで融資ができます。

審査はかなり緩いのが街金

個人信用情報機関にも加盟していない街金も多く、審査も独自審査となっていて、審査スピードも速いのです。とうよりも綿密な審査はしていないでしょう。ですから、債務整理中という人も融資を受けることが可能です。インターネットにサイトを開設していないことも多いので、商業別電話帳でのみ存在を確認できるといった街金もあります。中小キャッシング業者にはよく見られることです。人気なのは、当然ですが大手の消費者金融会社でしょう。

公式サイトも充実しているので人気もあります。しかし、ここ一番というお金が必要なときに審査に通らないこともあるのです。そこへいくと街金は融資を受けることができるでしょう。融資額が少額ということもあります。大手消費者金融会社ではカードローンでは借りることができなくても目的別ローンなどを利用する手もあるでしょう。全国的な会社ですから対応などもよく、事業者ローンなども取り扱っているのも個人事業者には嬉しいところです。

また、審査に不安のある人は不動産担保ローンなどもあるのが大手消費者金融会社の強みと言えます。さらにおまとめローンがあるのも多重債務に陥っている人には嬉しいところではないでしょうか。

融資率は大手消費者金融会社よりも街金

大手消費者金融会社はサービスなども至れり尽くせりですが、融資率は街金の方が上です。ほぼ審査無しで融資を受けることができると考えてもいいでしょう。街金の最短融資は15分ということですから、きちんと審査をしているのかと思う人も少なくありません。そのような評判の街金ですから、少額融資で良ければ街金からの融資という選択肢は捨てがたいものがあるでしょう。使い勝手の良さというか気軽に借りることができるのも街金のメリットといえます。
 
▲メニューに戻る

 
yuruimachikin_360x120.jpg

街金は取り立てが厳しいの?

稀に街金をヤミ金と間違える人もいるようですが、街金はれっきとした消費者金融会社です。自治体の許認可を受けていること、さらには貸金業協会の会員証を額で飾ってある事などを確認しましょう。また、公式サイトを持っている街金であれば、許認可番号や貸金業協会の会員番号などを公式サイトに記述しているはずです。街金は滞納した場合取り立てが厳しいのではないか?ということですが、滞納して黙っている消費者金融会社はありません。

とはいっても取り立てが厳しいかどうかというのは判断の分かれるところです。滞納したほうが悪いのは間違いありませんし、滞納は明かな契約違反であることを理解しなくてはいけません。とはいっても昔のような取り立ての厳しさというのはありません。夜中に電話がかかってくるとか家を何度も訪れるということはありません。しかし、いつまで経っても返済をしないという状況が続けば、督促状がある日突然簡易裁判所からの出頭命令に変わってくるので注意が必要です。その場合はブラック状態あるいはブラック一歩手前となるので、対応を間違えると正真正銘のブラックとなってしまいます。

本当に払えないのであれば自己破産申請をすることになりますし、払う意思があるのでしたら、債務整理という道になります。あるいはきちんと誤ってこれまでどおりの返済を続けていくかとなるのですが、それができないから滞納していたので、実際は債務整理あるいは自己破産ということになるでしょう。

街金のメリット総まとめ

少額融資や店舗が少ない,ローンカードが使えないなど街金からの借入れはデメリットのほうが多い印象なのですが、実際のところはどうでしょうか。年率も高いということとなるともはやメリットはないような気がする人も少なくないでしょう。

しかし、街金のメリットは「借りれる」ということにあるのです。お金が必要なのに融資の申込みをしても借りることができなければ意味がありません。自分属性が低いからとあきらめるのではなく、借りれる消費者金融会社を探すことが先決です。大手の消費者金融会社で融資を断られたら、中小の消費者金融会社をあたりましょう。そこでも借りることができなかったら街金に頼るのです。街金は借入れの最後の砦と考えていいでしょう。

ここで借りることができなかったら、債務整理を真剣に考えたほうがいいですし、反対に人生設計をしっかりと考えたほうがいいということになります。
▲メニューに戻る
yuruimachikin_360x120.jpg
yuruimachikin_360x120.jpg