審査が緩い街金は大手消費者金融で借りれなかった方専門だから借りれるところです

審査が緩い街金.COM【消費者金融】審査が緩いから多重債務でも借りれる★

yuruimachikin_360x120.jpg

ブラック情報ありでも審査通過ができる街金

個人信用情報機関にブラック情報があると、大手消費者金融や銀行カードローンでは審査落ちですが、中小消費者金融や街金では、審査通過の可能性はあります。
ただし、しっかりと審査をした上の結果であり、無審査はないです。
金融庁に登録している金融業者はすべて個人信用情報機関の照会は存在しています。

街金の口コミ情報

街金は、一般な審査の甘い貸金業者とされています。
口コミ情報が多いということは、それだけ利用者も多く、新しいことを知りたいということです。
キャッシング業者は、原則的に借りたものは返済してもらうことで営業しています。
返済の時の利息が肝心なことであり、返済できない人には貸すことはないです。
これが審査落ちです。

街金の貸付利率

グレイゾーンがなくなった現在は、貸金業法で最高20%となっています。
これ以上取る場合は、ヤミ金です。
街金の多くは、小口融資で金利20%となっています。
カードではなく振込キャッシングのフリーローンで、希望融資額を振込、完済が1回の契約です。
限度額が決まっているカードローンとは違い使い勝手は良くないです。
しかし、ここはブラック対応。
大手消費者金融審査落ち、多重債務、債務整理後、申込ブラックでも、総量規制範囲内のキャッシングができるのなら、高い金利も振込キャッシングも我慢です。
カードのある街金もありますが、まだ数える程度。
たいていは希望融資、振込キャッシングになっています。

総量規制の範囲

ところで、総量規制範囲内と言うのは年収3分の一のことを言います。
多重債務の場合、A消費者金融、B銀行カードローン審査、C信販会社キャッシングと言うように登録している金融業者が多く複数借りていることを言います。
この時、AとCは総量規制範囲内です。
Bの銀行のキャッシングは、街金の審査として総量規制対象外になります。
クレジットカードのショッピング枠も別です。
一応、それを考えると、自分の総量規制で銀行カードローンだけですと、多重債務者にならないこともあります。
ただ、銀行に多額の借入れがある場合、街金としても調べないことはありません。
別の理由での審査落ちになることも考えられます。
銀行融資は総量規制対象外ですが、多い場合は警戒です。

滞納者

滞納、延滞は街金では審査落ち決定です。
教育ローンや、住宅ローンなど目的別ローンの滞納などもチェックされます。
これは返済できない自分のアピールのようなものですから、延滞には注意が必要です。
ブラック扱いで、最も罪の重いのが延滞と言われています。
どの貸金業者でも、延滞者の審査通過はないです。
yuruimachikin_360x120.jpg