審査が緩い街金は大手消費者金融で借りれなかった方専門だから借りれるところです

審査が緩い街金.COM【消費者金融】審査が緩いから多重債務でも借りれる★

yuruimachikin_360x120.jpg

審査の甘い街金 信用情報に事故情報があっても借りれる街金

大手キャッシング業者も街金も審査の上でポイントになるのが、個人信用情報機関の内容です。
俗に信用情報と言われるものですが、申込者の返済記録です。
この内容で、返済トラブルがあったり、債務整理などをしている場合事故情報として「異動」の記録があります。
それが、ブラックリストと言われるもので、大手消費者金融では審査落ち、中小キャッシング業者や街金では、その程度によってキャッシングの可能性が出てきます。
その差が審査の甘さです。

街金がブラック対応という意味

金融事故があったとしても、借りれる可能性があることが、甘い審査ということです。
中小キャッシング業者では、審査基準として、総量規制範囲内で返済能力があれば、小口融資ができます。
申し込みをした時に延滞をしていない、4社以上の多重債務者ではないことなどが利用条件です。
また、大手消費者金融では半年間金融事故として記録される申し込みブラックの人も、街金では借りれることがあります。

街金に一般的なスペック

貸付利率が高いです。
貸金業法の利息制限法では20%とされていますが、街金ではこの20%を採用しているところが多いです。
10万円以下では20%、10万円以上で18%の場合、10万円の申し込みに対して、融資額を9万円台にする街金もあります。
総量規制範囲内のことですが、実質年率20%の取引きに持っていこうという感じがすぐにわかるのですが、大手消費者金融では借入ができない方にとっては、仕方のないことです。
借りれただけでもラッキーと思うしかないでしょう。

審査の甘さの難易度にも差がある

申し込みブラックについてはほとんどが審査通過ですが、貸付条件として、債務整理者の借りれる内容が違います。
自己破産者はNG、任意整理も完済後か返済中でもOKなど、審査が違います。
いずれも大手キャッシング業者では借りれない場合ですが、もし現在債務整理者の借入をしたいのなら、どの程度がOKなのか確認をした方が良いでしょう。

全国対応かどうか

全国対応と地域密着の街金がありますが、来店の必要がある場合もあります。
地域が遠いだけで審査落ちになることがあります。
来店の目的が審査の場合、せっかく行ったのに、無駄足になることも。
来店不要で、WEBや電話だけの審査なら、そんな心配もないです。
人気の街金などで全国対応の所は多いです。

カードローンは少ない

街金でローンカードを採用しているところは少ないです。
銀行への振込キャッシングがほとんどですが、銀行指定は申込者ができます。
カードローンに慣れている方はこの方法は少し厄介で、返済も振込になってしまいます。
小規模業者で、システムが機械化されていないところが多いためです。
yuruimachikin_360x120.jpg