審査が緩い街金は大手消費者金融で借りれなかった方専門だから借りれるところです

審査が緩い街金.COM【消費者金融】審査が緩いから多重債務でも借りれる★

yuruimachikin_360x120.jpg

街金審査甘い?口コミからわかる大手消費者金融と街金の違い

街金の審査が大手キャッシング業者よりも甘いとされている情報は本当です。
利用者の多くが、大手業者では審査落ちの要件の方が多く、口コミ情報は真実です。

街金とは?

審査が甘いのは中小消費者金融ではないか?という方も多いですが、街金と中小消費者金融と同等と思って正解です。
金融規模として大規模業者と小規模業者に区別できるのですが、同じ客層では、小規模業者の方が不利です。
それで、大手とは違う審査基準で貸金業者として共存しています。
ですから、違いは審査基準だけではありません。

カードローンの有無

大手消費者金融のほとんどがカードローンでのキャッシングですが、街金は振込キャッシングが多いです。
申し込みはともにインターネットが主流ですが、審査通過後はカード発行ではありません。

実質年率の違い

キャッシングで重要なのは貸付利率ですが、これも差があります。
大手が平均17%程度ですが、街金は18~20%になります。
申込者は難易度が低い審査で、高い金利であれば借りられるのが街金の立ち位置です。
それでも、金利差は2%程度であり、大手消費者金融審査落ち後、どうしても数万円だけでも借りれる街金の存在は大きいです。

事故情報の扱い

個人信用情報機関では、過去と現在の借入と返済状況が記録されています。
審査をする上での基本情報ですが、返済トラブルやすでに多重債務者、債務整理をしたときなどで、金融業者の審査基準と照合します。
大手消費者金融などでは、1つでも金融事故があれば審査落ちになります。
街金では、その基準のハードルが低いので、大手では借りれない方でも金融事故がある方でもキャッシングができます。
俗に言う街金の審査が甘いと言うのは、事故情報に対して許容範囲が広いからという意味です。

申し込みブラックの扱い

大手消費者金融では、短期間に申し込みをすると申し込みブラックと個人信用情報機関に記録されます。
一度審査落ちをして、何度も同じ審査基準の業者への申し込みをするだけで、新たな金融事故を作ってしまうのです。
街金では、申し込みブラックに関しては、審査落ち対象にすることはないです。
ですから、何度も申し込みをしたとしても、その街金の審査基準に合えば、審査通過ができます。

共通点

大手消費者金融も街金のような中小キャッシング業者も貸付条件で共通しているのは、延滞者や収入がない方への貸付はしないこと。
総量規制範囲内の借入しかできないことです。
これは、審査基準は違うのですが、ともに貸金業者を元に営業をしているためです。
正規業者は、これを守っているため、審査が甘いと言っても、限度額は大手も街金も全く同じなのです。
ですから、多重債務者の場合、総量規制が余っていなければ、街金での借入ができないのです。
yuruimachikin_360x120.jpg
yuruimachikin_360x120.jpg