審査が緩い街金は大手消費者金融で借りれなかった方専門だから借りれるところです

審査が緩い街金.COM【消費者金融】審査が緩いから多重債務でも借りれる★

yuruimachikin_360x120.jpg

融資早い 街金

  1. お金に困ったらどうする?
  2. 融資早い街金で借りる
  3. 街金で借りる
  4. 街金なら借りることができる
  5. 街金のスピード審査
 
yuruimachikin_360x120.jpg
 

お金に困ったらどうする?

お金に困ったら銀行からお金を借りるのが筋でしょう。それは、銀行カードローンの金利が低いのが一番の理由です。

消費者金融会社にもカードローンがありますが、金利の低さなら銀行カードローンの勝ちと言っていいでしょう。それと、もうひとつは世間体です。銀行でお金を借りるか、消費者金融会社でお金を借りるのかというと、圧倒的に銀行で借りるほうが世間体はいいのは間違いありません。

反対に消費者金融会社でお金を借りているということになると、お金に困っている、金遣いが荒いといった風評が出てしまうのです。もっとも、消費者金融会社からお金を借りているということを、他言しない限りわからないことなのですが、消費者金融会社からお金を借りているという事実は、やはり後ろめたいものがあるのです。

それでは、銀行カードローンでお金を借りるのが一番ということになるのですが、銀行カードローンに融資の申し込みをしても、審査に通らなければお金を借りることができません。この銀行カードローンの審査がかなり厳しいのです。おそらく、パートアルバイトや非正規雇用の人でしたら、銀行カードローンの審査に通ることはないでしょう。

一方で正規雇用の人でしたら、銀行カードローンの審査に通ると思います。その差というものは、安定した収入であることと、その安定した収入を支える雇用です。正規雇用の人でしたら、雇用が保証されるので退職しない限り、安定した収入を得ることができます。

パートアルバイトや非正規雇用の人でしたら、働いた分だけしか収入を得ることができません。それは当然なのですが、もうひとつ大切なことがあって、それは、正規雇用の人とは違って、パートアルバイトの人や非正規雇用の人は、雇用が保証されていないのです。特にパートアルバイトの人でしたら、明日にでもクビになる可能性があります。

このことから、パートアルバイトや非正規雇用の人は雇用が不安定であり、すなわち安定した収入を得ることができないということで、銀行カードローンに融資の申し込みをしても、審査に通ることはないのです。銀行カードローンの審査が厳しいのは、貸し倒れを防ぐ狙いがあるのは間違いないのですが、銀行カードローンの融資の原資となるのが口座開設者から預かった預金ですから、融資にはより一層神経質になるということです。ですから、銀行カードローン融資申込者の返済能力の高さをしっかりと審査しているということです。

正規雇用の人でも、他社借入れがある場合は途端に審査が厳しくなります。複数の他社借入れがある場合は、銀行のおまとめローンを活用して債務を一本化したほうがいいでしょう。他には、勤続年数を重視するので、正規雇用の人であっても勤続年数が一年未満ということでしたら、銀行カードローンの審査に通ることはないでしょう。

また、現在の銀行カードローンのデメリットとして、即日融資がほぼ不可能になったことです。これは、従来通りの審査に他に、警察庁のデータベースの照会義務ができたからです。不正融資防止のためなのですが、警察庁からの回答がくるのが早くても翌営業日ということですから、銀行カードローンに融資の申し込みをしても、即日融資というのは望めなくなったのです。

銀行カードローンで借りることができなかったら、消費者金融会社のカードローンに頼るしかありません。銀行カードローンに比べて、消費者金融会社のカードローンのほうが審査基準が低く、審査通過率が高いからです。ですから、銀行カードローンの審査に通らなかった、パートアルバイトの人も消費者金融会社のカードローンでしたら、審査に通ることができるでしょう。

また、銀行カードローンでは即日融資が不可能だったのですが、消費者金融会社でしたら、即日融資が可能です。金利は消費者金融会社のカードローンのほうが高いですが、その点にさえ注意したら、消費者金融会社のカードローンのほうがより使い勝手が良いことがわかるでしょう。

消費者金融会社のカードローンですが、取り扱っているのはアコムやプロミスといった大手消費者金融会社です。それと、一部の中小消費者金融会社もカードローンを取り扱っています。消費者金融会社全体としてはごくわずかな数ということになります。大手消費者金融会社自体が数社ですから、2,000社弱あるとされている消費者金融会社のほとんどは、中小消費者金融会社と街金で占められているということです。

そのため、消費者金融会社の中でもカードローンの審査基準は厳しく、中にはカードローンの融資に申し込みをしても審査に落ちる人もいるでしょう。特に、延滞履歴のある人は審査に通ることはありません。延滞して支払いをすれば良いという問題ではなく、どのような理由でも延滞というのは契約不履行になるので、かなり属性を下げてしまう行為なのです。

いずれにしても、属性が低くなって、カードローンから融資を受けることができなくなると、中小消費者金融会社あるいは街金からお金を借りるようになるのです。
 
▲メニューに戻る
 
yuruimachikin_360x120.jpg
 

融資早い街金で借りる

消費者金融会社は、全国で2,000社弱あるとされています。20年前の2000年前後には、3万社以上の消費者金融会社があったということですから、消費者金融会社の激減ぶりは目を見張るものがあります。これだけ減少したのは、消費者金融会社に対する世間の風当たりが強くなったのと、金融政策の締め付けが原因です。

過払い請求や総量規制といったものはその最たるものと言えそうですが、過払い請求が何故起こったのかということも理解しておかなければいけません。これは、二つの法律の上限金利が違っていて、その間の金利が長くグレーゾーンとして活用されてきたのです。

違法だけども違法ではないという、玉虫色の解釈の仕方で高金利に泣かされてきた人を、上限金利を一本化したことで救済しようとしたのが過払い請求なのです。これが痛手で消費者金融会社がどんどん廃業あるいは倒産していったということです。当時の消費者金融会社はサラ金のイメージが色濃く残っていたので、世間の風当たりはかなり強かったといってもいいでしょう。

銀行と比べて消費者金融会社の審査基準は低く、今でも誰でも借りることができるイメージが定着しています。もっとも債務整理をしたブラックの人でしたら、さすがにキャッシングすることは難しいかもしれません。大手消費者金融業者でしたら、ブラックの人は信用情報機関に照会した時点で、審査打ち切りとなるでしょう。

大手消費者金融会社は消費者金融会社の中でも審査が厳しく、属性に不安のある人が申し込みをしても審査に落ちる場合もあります。カードローン利用者でしたら、現在の利用限度額の増枠申請したほうが、実績もあるので審査に通りやすいと言えます。もっとも、消費者金融会社の中でも大手消費者金融会社のカードローンの審査がもっとも厳しく、誰でも気軽に借りることができるものではありません。ある調査では、申込者の半数は審査落ちしたというのが現状のようです。

大手消費者金融会社で借りることができなければ、あきらめなければいけないのかというと、そういうことではないのです。消費者金融会社の中でも大手と呼ばれる消費者金融会社は、アコムをはじめ数社しかありません。あとの消費者金融会社は中小消費者金融会社と、さらに小規模な消費者金融会社である街金と呼ばれる消費者金融会社なのです。

中小消費者金融会社と街金は知名度も低く、業容も小さいところが多いです。そのため、何かしら特色のある金融商品を揃えて居るところも多く、さらに大手消費者金融会社で審査に落ちた人の融資の受け皿としての存在感を発揮しているのです。街金の特徴といえば、すぐに融資してくれるといった、フットワークの軽さにあるのは間違いありません。
 
▲メニューに戻る
 
yuruimachikin_360x120.jpg
 

街金で借りる

街金というと、どうしても敷居が高く感じるものです。実態がなかなかつかめずに、中には闇金と同一視する人もいるくらいなのです。街金やヤミ金とは当然違います。金利自体がまったく違うので、そのあたりはしっかりと区別しておかなければいけません。

また、消費者金融会社の中でも末端に位置する街金ですから、誰でも属性に関係なく借りることができると考える人も少なくないようです。しかし、ブラック多重債務者となると、属性が著しく低くなっていますから、街金でも融資を受けることはできないでしょう。債務整理者でも融資を受けることができるという風評がネットを中心に出回っているようですが、それは嘘でもあり本当でもあるのです。

街金の審査は独自審査を基本としています。独自審査というのは、信用情報機関に照会しないということです。つまりは現在の本人の属性のみで審査を行うということですね。ですから、基本的には電話での在籍確認が取れること、収入証明書などの書類提出ができれば、契約ということになるのです。

街金の場合は、公式サイトを開設していないことが多く、電話帳で調べて訪ねるといったことが必要になります。基本的に対面での融資の申し込みとなるので、担当者と対面することで本人確認もすぐにとれますし、独自審査ということでキャッシング審査はスムーズに行われます。そのため融資スピードが速いということになるのです。
 
▲メニューに戻る
 
yuruimachikin_360x120.jpg

 

街金なら借りることができる

気になるのが、債務整理を行って破産者となった人にも融資が行えるのかということです。ネットの口コミサイトなどでは、ブラックでもお金を借りることができたという投稿がたくさんあります。

これを鵜呑みにすると、ブラックでも街金ならお金を貸してくれるということになります。実際には、○でもあり×でもあるのです。

もっとも街金の場合は少額融資が基本なので、借りることができても10万円が相場となります。このくらいでしたら、総量規制がかけられていても、誤差の範囲と言えるので、ある意味街金の場合は総量規制は不問となる場合がが多いです。

そして、ブラックの場合ですが、これも10万円程度の融資でしたら、融資をしてくれるところもあるかもしれません。もっとも、ブラックでも街金なら必ず貸してくれるというわけではないので、その点には注意が必要です。
 
▲メニューに戻る
 
yuruimachikin_360x120.jpg
 

街金のスピード審査

街金はすぐにお金を貸してくれるというイメージがあるようですが、審査はきちんとしています。それが時間のかかる審査ではないということですね。

独自審査が基本ですから、それほど事細かな審査基準があるわけではないのです。ですから、申し込み方法も簡単ですし、申込者に対して、電話での在籍確認が取れることが審査の最低条件となっているのです。

したがって、街金の場合は仕事をしているかしていないかを重視しています。無職の人には絶対にお金を貸すことはありませんし、反対にしっかりと働いていることが確認できたら、審査OKということになるのです。
 
▲メニューに戻る
 
yuruimachikin_360x120.jpg

街金では即日融資がない?

大手消費者金融以外の即日融資はあまり聞かれません。 以前は銀行カードローンも即日融資でしたが、現在は最短で翌営業日です。 そして、街金や中小消費者金融と呼ばれる金融業者の即日融資は、なかなか実…

街金の審査と融資が遅い理由

審査が甘い街金では、原則ブラック対応です。利用者の多くは、大手のキャッシングができない人であり、審査落ち後滋養方を求めて、検索したら街金で出会うということでしょう。    …

街金アローは審査が早いで有名です

アローは街金としてもネームバリューがあります。 ホームページには45分のスピード審査とあり、申し込み者が常に多いです。 理想としては、応募フォームの申込みをして待つのみです。 24時間、独自…

債務整理者でも審査通過で即日借りれるかも?

債務整理者は、5年~7年はキャッシングもローンも組めないと言われたと思います。 それを承知で債務整理はしたけれど、数年経ってからどうしてもお金が必要。 そんなことはない話ではないです。 破産…

融資早い街金は、来店して現金ゲットでしょう

街金で融資早いのは、直接来店することです。 その場で審査をしてもらうことで、振込ではなく現金でキャッシングです。 なんて言うことない、WEB?電話?それでは審査をしますと言われて放っておかれる…
yuruimachikin_360x120.jpg