お金の価値観と使い方は考えよう

お金の価値観と使い方は考えよう

根本的に生活費が毎月赤字の方も少なくありません。専業主婦が銀行カードローンの返済ができなくて、債務整理をする理由の一つに生活費の足しにしていたという理由があります。専業主婦は消費者金融では審査が通らないのですが、銀行カードローンでは30万円程度のカードローンを持つことができます。それを生活費にしていたというのですから。

その他母子家庭、旦那がいても働かない、贅沢な暮らしが身についてしまっているなど、暮らすためにキャッシングを続けている方も少なくないと言います。しかし、この事態は決して良いことではありません。どうしてもお金がない。入ってくるお金よりも出て行くお金が多いとそうなってしまいます。

その生活内容の見直しをすることも大切です。生活レベルは落としたくない方もいますが、今で最低限になっている場合も。収入の少ない方については、本気で生活福祉資金貸付制度などの利用を考えたり、自治体の相談が先決です。

また、母子家庭ではないけれど、お金の使い方がなっていない方についても見直しは必要です。しかし、これが自分では気が付かないんです。そして、そのような方と結婚してしまった場合、生活がぐちゃぐちゃになってしまいます。

あなたの言うような生活を続けるのなら、毎月借金をしなければならない。毎月の光熱費等の固定費以外は、クレジットカードや消費者金融の返済、もう耐えられない、別れます!なんて言うことがあります。余談ですが、100均ビンボーの言葉がありますが、100均で安物買いは良いのですが、度を過ぎた内容で、毎日通ってしまう方がいます。

これを使うかもしれない、あれがあった方が良い、100円だからと買いすぎてしまって、消費者金融に借りまくっている方もいます。そんなのあり?という世界ですがもお金の使い方とその方の持つ価値観で、どうしてもお金がないと言う方でも、人とは全く違う使い方をしている方は世の中にとても多いです。

簡単に消費者金融にお金は借りないことです。お金がないから、来月から3ヶ月間で◯円ずつ返済するから借りるなど返済ができることがわかった上での利用が必要です。しかし、消費者金融で借りたお金で100均に行くのでしたら、それは絶対にしない方が良いと強く止めに入ります。お金の価値観がわかっていないとしか言いようがないのです。