どうしてもお金がない

お金がないから消費者金融 きっかけはいろいろ

給与日だと言うのに、預金通帳から支払いに必要なお金を卸したら、今月使えるお金がないしどうしよう。親にも兄弟にも借りるのは嫌だし、友達や知り合いもダメだけど、お金がない。

消費者金融や銀行カードローンを作るきっかけはこんなこともあるようです。給料が少ないのに支払いが多いなど、遊興費ではなく生活に直接関係してくるキャッシングで、なんとか生活をしている方も実は多いのです。ですから、そんな時は最小限度の資金として消費者金融の利用を上手に行いましょう。

まず、誰でも知っていることですが、消費者金融や銀行カードローンは必ず利息があります。ですから、1万円を借りた時には1万円と利息の返済になります。生活費が不足して1万円を借りたとしても、返済のときは1万円以上になるのですが、結局損をしてしまう計算になります。家計の足しにキャッシングをしている場合、ここが盲点になってしまうのです。

利息分は最初から引いた計算で使用しなければ、返済の時に足りない家計から利息分も出すことになりますから、キャッシングで失敗しないために、もし1万円を借りたのなら、利息分を引いた金額だけを使用して、後は支払い分にとっておくことをお勧めします。そうすると、返済時にお財布から出るお金は1万円になります。

生活費をキャッシングでしている場合は、この利息分の出費が毎月積み重なると、かえって負担が大きくなってしまいます。何かを購入したり、ギャンブルなどでひとときの快楽のためのものではなく、毎日の生活のためのお金の場合、なかなか切実なものがあるのです。

一方で、投資のためのキャッシングは愚の行動です。ギャンブルと同じことをやっていますから、もし大損をしたらブラックリストになり、自己破産が妥当です。投資もギャンブルと同じで、どうしてもやめられない方が多いです。返済できる見込みゼロの投資のためのキャッシングをしてお金がないとほざくのなら、そんな事はやめて真面目に働けと言いたいところです。

消費者金融などを利用するきっかけは様々です。基本的に使途自由資金になりますが、やはり心配なのは生活費のキャッシングです。返済はできるかもしれませんが、あくまでも一時的であることが理想です。長く続くようなら、社会福祉資金貸付制度などもありますし、生活保護も一部支給になっている自治体も多いです。キャッシングではなく、こちらの方に相談に行かれることをおすすめします。