どうしてもお金必要

初めての金融事故なのに審査に通らない

今、もし使えるお金が手元にない場合、“借りる”ことは簡単です。
消費者金融でも銀行カードローンでも、審査数分でキャッシングができる時代になりました。
消費者金融カードローン各種は、新規顧客に対して、すぐに借りられると派手な宣伝もしています。
誰でも良いわけではなく、金融業者はさまざまな方面からの審査を行い、一定の基準に達した方のみキャッシングができます。

銀行カードローンでも消費者金融でも内容はたいてい同じで、審査基準の差があるものの、借りられない方も当然います。いわゆる審査落ちです。どうしてもお金が必要だけど、借りることができない方の中に、初めてのキャッシングの方もいます。

金融事故なんてとんでもない、どうして借りられない?と思ってしまう場合として、

  • 収入がない
  • 19歳未満70歳以上
  • 在籍確認ができない

などです。

上記2つは、年齢と収入の問題で、多分申込基準で審査がダメだった場合です。
銀行カードローンの場合は、収入がなくてもキャッシングができますが、年齢の制限はあります。

問題なのは、在籍確認です。消費者金融などでは、申込があった方に対しての審査として、その勤務先で本当に働いているかを確認します。これが在籍確認です。単に勤務先で、◯◯さんがいるとわかれば良いだけでのことですが、きちんとこの手続きができなければ審査は通らないのです。

初めてのキャッシングでは、収入が少なすぎるからダメ、アルバイトやパートもダメと思っている方もいますが、大手消費者金融業者でもそれはありません。どんな形でも毎月少額の収入があれば、それに見合う限度額でキャッシングができます。

在籍確認だけが原因で審査落ちしてしまい、どうしてもキャッシングができないこともあります。
金融業者の担当者では、そのことを告げる場合もあります。

金融業者としては、信用情報としては問題のないこうした申込者に対しては、比較的親切であり、◯◯会社に働いている証明ができれば良いのですが、と教えてくれる場合もあります。会社名の入った給料明細などでも、在籍確認ができることもありますから、このような場合は相談してみてください。

初めてのキャッシングか、過去に一切の金融事故を起こしていない方限定です。最初から、在籍確認は書類だけという大手消費者金融業者もありますから、そちらに申込をするのもありです。