多重債務者とまとめローン 決め手は収入

多重債務者とまとめローン 決め手は収入

総量規制対象外の銀行カードローン。多重債務者であるけれど、収入が高い方には新たな契約口としておすすめです。

銀行カードローンの場合、限度額が高いのが特徴です。既に多重債務者であり、借金返済額も高いとしても、正社員として勤務年数が長く安定した収入がある場合、銀行系でのまとめローンとして借り入れをすることをオススメします。

高い借り入れは金利が低くなっていますし、多重債務で既に高い利息になっている場合にオススメです。総量規制対象外ですから、最初からまとめローンとしての契約をすることで、金融機関の審査も通りやすくなります。甘い審査対象としては、まだ滞納や遅延の事故車でないことが大原則になります。

まとめローンでは、その契約をした時から1つのローンになり、返済も1箇所です。利息の低い楽天銀行カードローンや大手消費者金融でもまとめローンとしての商品があります。審査基準は年収の高さです。

多重債務者であっても、収入があればなんとか返済ができます。今のところ債務整理の必要がないという方も、まとめローンをすることで、少なくとも今よりは返済額を下げることができます。まとめローンとして多額のキャッシングをしたいときには、審査の甘い消費者金融と考えがちですが、所得に申し分がなければ、もっと利息が安い銀行系がおすすめです。

ただし、一定収入があったとしてもあまり高くなく、これからも返済がとても大変と言う方は、新たなまとめローンではなく、債務整理です。今苦しい返済ということは、この先もっと苦しくなってしまうのです。どうにもならなくなる前に、弁護士などに相談をしてください。