ゆるい借入

借入がゆるいところってないでしょうか?


そもそも、ゆるい借入のところはあるのでしょうか。そして、あるとしたらどう言うところだと思いますか?まず、借入の審査をするところは保証会社になります。保証会社にも種類があって、銀行系とサラ金系があります。なので、どちらがゆるい借入れというと、当然サラ金系ですね。

ただし、銀行系のカードでも借入をしたいというときにパンフレットで確認すると、サラ金系の保証会社になっている場合があります。そういう時は、比較的ゆるい借入だと考えられますね。

もし、借入のためにカードを作るとしたら、注意をしておかなければならないことがあります。それは、申し込みブラックにならないことです。申し込みブラックとは、借入をする際にたくさんのカード会社に申し込んだ履歴で、申し込みをすることすら出来なくなってしまうことです。

なぜ駄目なのかというと、それは申し込みを繰り返すことで、カード会社が「この人は申し込みを繰り返すほどどこからも借りれない」と思ってしまうからです。こうなってしまうと、ゆるい借入を探す以前に、どこに申し込みもできなくなってしまいますから、借入の際にカードなどを申し込むのでしたら、手当たりしだいというのは止めて、厳選したほうが良いでしょう。

消費者金融のしくみ?


お金を借りたいのは、何らかの事情がある人だと思います。できれば、お金を借りることはしないほうが良いことは分かっていますよね。しかし、そうも言っていられないのが現状でしょう。

そこで考えるのが、少しでもゆるい借入を探すことです。ゆるい借入でしたら、なんらかのペナルティがある人でも借入がしやすいはずです。世の中にはたくさんの消費者金融がありますから、その消費者金融のしくみをしっかり見ればゆるい借入がどこか分かってくるようです。と言っても、そこまで大仰なことではありません。

まずは、そこが今お金を貸したいかどうかを見ましょう。そこが貸出しのキャンペーンをしていませんか?時期や売り上げにより、そういうキャンペーンを行っている企業もたくさんあります。

消費者金融はお金を貸し出すことがお仕事ですから、お金を借りたいと思っている人がいればそこへ貸し出したいと思うはずです。それに加えて、そういうキャンペーンを行っていたり売り上げが良かったりすると、ゆるい借入のチャンスとなってくるわけです。

もし、ゆるい借入を探しているのならば、そういうところを見極めて借入に行くことをお勧めします。借入できると良いですね。

ゆるい審査基準はやっぱり金利


友人がお金を借りたいと考えているようですが、いろいろ他からも借りているようで、ゆるい借入をしたいとぼやいていました。そういうところはどこにあるのかと思って、いろいろ調べてみたのですが、どうやらゆるい借入と金利というのは密接に関係してくるようです。つまり、借入の審査がゆるければゆるいほど金利が高くなるという事なのです。

よく大手銀行系の消費者金融を見ると、それなりに金利は低く設定されています。しかし、中小の間口が広い消費者金融を見てみると、金利は大手の消費者金融よりは高くなっていますよね。それは、金利を高く取る代わりにゆるい借入をしやすくなっているためです。

ゆるい借入をする人はたいてい色々な事情があって、普通のところでは借りられない人が多いようです。そういう人にお金を貸し出すときに金利を高くするのは、リスク回避のためだと言われています。

消費者金融が回収が危ういと思われる人に、安い金利でお金を貸すと言うことはめったにありませんよね。そういうことです。ゆるい借入をしたいのならば、どうしても金利が高くなってしまうのは仕方ないと考えたほうが良さそうですね。借入は計画的にしてください。

明日返せるからお金貸して!!


知り合いのママさんがこんなことを話していました。明日返すから、どうしても今日お金を貸してくれないか…。それを言われた周りのママ友さんはびっくりですよ。いきなり知り合いのママ友に「お金貸して!」なんて言われるんですから。私だって近くで聞いていてびっくりしちゃいました。

何でもその理由が使い込みらしくて、そんなことしちゃう人もいるんですね。それで、続きを聞いていたらゆるい借入の金融を探しているのだけれど、どこにもなくて困っているから、明日必ず返すからお金を貸してくださいという事のようです。

頼まれている周りの人が、ドン引きしているのがひしひしと伝わってきましたね…。そりゃ、そっちのママさんからしたら、自分の評価なんか関係なくて、すぐにお金がほしいのかもしれませんが、こっちからしたらすぐに貸せるお金も無いですし、そもそも専業主婦のその知り合いのママさんがいくらゆるい借入を望んでいても、そう簡単に見つかる話じゃないですよね。

そこで、この幼稚園のボス的ママさんが現れて、一言こう言ったんです。「明日返せるなら、明日まで引き伸ばしてもらえば良いでしょ?」皆「よく言った!」と賞賛の眼差しを向けていましたね。知り合いのママさんは、ぐうの音も出ずに去っていきましたよ。

ブラックなの?


よく、○○万円借りているけれど、自分はブラックなのかなぁ?そういう自分は、もうゆるい借入で借りるかヤミ金でしか借りられないのかなぁ?と言う人が居ますが、そもそもブラックの意味を履き違えている人が多いようです。

ブラックとはブラックリストのことで、ブラックリストに名前が入ると言うことは、信用機関に延滞や借入などの情報が載ることであり、ブラックリストと言うものは存在しないのです。それを軽く言うと「ブラックリストに名前が載る」と言うことになります。

しかし、そもそもこの人の場合だと、300万円借りていても、収入の1/3以下でしたらまだ借りることができますし、そもそもきちんと延滞せずに返済出来ていれば「ゆるい借入」の金融機関を探すまでも無いのです。それを、多額の借金をしているからブラックかもしれないと言うのは、知識が浅すぎるような気がします。

ただし、この場合でも借金が300万円もある時、さらにお金が必要となると、これからブラックになってしまう可能性もあるので注意しなければなりません。その場合、ゆるい借入を必死で探すより、どうにかして今の借金を完済しお金をやりくりしていくかが課題となるでしょう。くれぐれも無理な借金は止めましょう。