ゆるい金融ありますか?

融資の審査基準、ボーダーラインはいろいろ

キャッシングにしても住宅ローンにしても、審査基準はそれぞれ違います。厳しい、きついと言うものもあれば、甘い、ゆるい金融などもあります。

大手消費者金融は厳しい

大手消費者金融、銀行カードローン、クレジットカードのキャッシングでは厳しい審査と言えます。一貫して共通しているのは、金融事故があると借入ができない点です。

金融事故があると借入ができないと厳しい。金融事故があっても借入ができるのはゆるいと判断しても良いでしょう。金融事故があると分かるのが、審査落ちの事実です。

住宅ローンの審査

審査では、金融事故があると絶対に通らないでしょう。申込者の審査では、金融機関と保証会社の2つがありますが、多額の借入で返済期間が長期です。

安定収入が完済まで続くことが前提の審査ですが、過去の大手消費者金融カードローンの完済しているとか、キャッシングしている時点での審査落ちもあります。審査基準でゆるい金融というラインがキャッシングの事実になります。

大手消費者金融と中小消費者金融では金融とがボーダーラインです。住宅ローンでキャッシングの事実があるだけで審査落ちという事態です。それぞれの金融商品では審査基準が違います。

そして、そのボーダーラインを境にして厳しいとゆるいの差が出ます。このことは、申し込みをしてみないとわからないというのが審査内容です。

借りたい金額と返済期間

多額のローンでは当然のことながら、審査のボーダーラインが上がります。しかし、そこに担保があると話しは変わります。審査が臨機応変なのは、キャッシングなどは担保がないため、返済能力が収入などに頼るからです。

ところが、担保があることでは、審査のボーダーラインが変わります。それが、キャッシングで言えば、担保もないカードローンと比較して、不動産担保ローンや車担保ローンでは、ゆるい審査になることがあります。

キャッシングで言えば、担保がないカードローンなどでは、申込者の個人信用情報と安定収入が全てです。金融事故があっても借りれる中小消費者金融でも、ある程度の完済見込みが見込まれる場合は普通に借りれます。何だったら不動産担保ローンにすることで、ボーダーラインが下がってキャッシングができることが多いです。

ゆるい金融、ゆるい審査ではあらゆるローンに存在していることになります。金融業者の判断としては、そのあたりは混沌としていますが、情報サイトなどを参考にしてみて下さい。中小消費者金融と言っても、大手消費者金融と同じ金融業者です。

ゆるい金融でもカードローンができる?

カードローン会社と言えば、大手消費者金融が一般的です。ところが、ゆるい金融のカードローン会社も存在しています。

ゆるい金融とは?

大手消費者金融で審査落ちした方たちが借りれる金融業者です。ゆるい審査、甘い審査などですが、中小消費者金融、街金での情報サイトがたくさん立ち上がっています。

そこで、ローンカードがある所は少ないのですが、インターネット申込ができるゆるい金融のカードローン会社が存在しています。大手消費者金融で、銀行カードローンで借入ができないけれど、カードローンでキャッシングしたい方には朗報です。

セントラル

松山市の中小消費者金融セントラルでは、数年前から自動契約機も設置するほどのカードローン会社になっています。首都圏に自動契約機があります。全国対応の中小消費者金融であり、基本的に大手消費者金融で借入ができないけれど、返済能力があれば、ローンカード発行ができます。

ライフティ

東京に本社があるライフティではホームページも充実しています。ポイントサイトのように、ポイントが稼ぐことができるサイトです。ローンカードでは、ブラックリストでも作れるとされています。自動契約機はありませんが、キャッシングはカードでできます。全国対応でインターネット申込が可能です。

しんわ

福岡が本社のしんわでは、以前から大々的にローンカードがある支店が多い中小消費者金融でした。一度、全て撤退したのですが、現在は又ローンカードが復活しています。ブラックリストでも返済能力があれば借りれるとのことで、インターネットでの申し込みができます。

いずれも全国対応

カードローンができるのですが、セブン銀行、コンビニATMの操作で全国で入出金が可能です。

ほとんどの中小消費者金融では、インターネット申込での振込対応になっていますが、上記3社では、自宅にローンカードが届き(セントラルは自動契約機で対応)、そのままキャッシングができます。どうしてもローンカードにこだわりたいキャッシングをしたい方には、おすすめです。

まだまだ中小消費者金融や街金では、カードローンのできるところは少ないです。ですから、上記の中小消費者金融では、画期的だと言う口コミも多く、人気のゆるい金融カードローンができるとされています。

特別な審査はない

ローンカードがあるからと特殊審査はありません。評判も良いのですが、それは大手消費者金融並のキャッシングができることの先進的な部分が評判になっているからです。今、カードローンでゆるい金融というのなら、この3社でしょう。

金融事故があるけれど借りれる

大手カードローンのアコムでは、ブラックリストの申し込みはしない方が良いとされています。ブラックリストは7年程度は審査落ちというのは、金融事故を起こしたときには、覚えておくと良いでしょう。

ブラックリストでは何が起こっている?

ブラックリストは、個人信用情報機関に金融事故である異動情報がある方と言われています。

審査基準が違う金融業者では、それをどう扱うか?ですが、大手消費者金融と銀行カードローンでは、審査落ちの判定です。具体的には、債務整理者、返済をしていない延滞や遅滞者。債務がとても多いとか多重債務者などです。

これらの個人信用情報機関では、異動情報が記録されていて、コンピュータースコアリングシステムで弾かれます。そこで、申し込みはしない方が良いということです。

申し込みブラック

申し込みして審査落ちを何度も繰り返す。一度に複数の金融業者に申し込みをする。申込者としては、どこかに引っかかれば良いということですが、申込と同時に個人信用情報機関の照会になります。

その時点で、他の照会もしていることがわかれば、それだけで審査落ち、金融事故になります。それが申し込みブラックです。こちらは半年間は審査落ちが続く結果になります。

大手消費者金融では、この手の金融事故にも敏感に反応してしまいます。それは、よほどお金に困っているとか、同時申し込みでは不審感が持たれることになります。大手消費者金融では、こうした判断基準がありますので、厳しい審査とか難しいキャッシングとなります。

金融事故になったら

中小消費者金融、街金というゆるい金融業者に挑戦もありです。このとき審査は同じですが、担当者が直接話しをすることで、借りれる場合があります。口コミでもブラックリストで借りたという内容があります。金融事故があるとしても、借りれるのは返済能力があるからです。

中小消費者金融などに行くときは、まだ返済ができるという証拠を持って行くことは大切です。証拠というのは、今回借りたいのは数万円だけど、こうして返済可能ですというものです。口だけではなく、収入証明書だったり、実際の個人信用情報機関の内容が重要視されるのですが。

借りれる可能性がゼロではない場合は、中小消費者金融で借りれるという口コミが本当にあります。返済能力があることで可能になる審査通過劇ですが。

延滞遅滞は解決して

中小消費者金融で絶対に通用しないのが、他のキャッシングの返済をしていないときです。できれば、返済完了してからの申し込みも大切なポイントです。または、返せそうもないという段階でのゆるい金融のおまとめローンや不動産担保ローンの申し込みも可能です。

ブラックも大丈夫?不動産担保ローン

土地や建物を持っている方は不動産担保ローンがあります。カードローン、キャッシングは無担保ローンですが、担保があることで借りやすい環境になります。

ブラックリストにおすすめ

不動産担保ローンと言えば銀行にもあります。商品としては、低金利になっていて、多額のキャッシングができます。消費者金融でも中小消費者金融が不動産担保ローンの扱いをしている場合、ゆるい審査で借入ができます。

大手消費者金融カードローン、銀行カードローンなどの多重債務者になったとき、おまとめローンも良いのですが、不動産担保ローンもありでしょう。ブラックリストでどうにか完済の可能性を見出したいときにおすすめのローンです。

債務整理ができない

できない、したくないでも良いのですが、多重債務者で返済負担が大きいときには、何とかキャッシングを解決しなくてはならない場合もあります。

そんなとき、減額を目的として債務整理があります。債務整理をすると基本的に減額ができますが、ちょっとしたくないとか、職業的にできない人もいます。そんなときは不動産担保ローンで、債務分の借入では全て完済してしまうという方法です。

不動産担保ローンの場合、借入額にもよりますが、カードローンより低金利です。また、返済期間が長期で設定できます。住宅ローンの返済をしている場合でも条件が揃えば、不動産担保ローンができます。

銀行では審査落ち

多重債務者、ブラックリストでは銀行の不動産担保ローンは多分審査落ちです。そこでゆるい金融、中小消費者金融の不動産担保ローンです。そこでは、ブラックリストでも返済能力がある程度あることで借入ができます。

気をつけたいのが、必ず完済ができるシミュレーションであることを確認することです。担保提供であり、きちんと返す気持ちがなくてはならないでしょう。多重債務解消が目的です。

カードローンでは消費者金融は総量規制という限度額がありますが、不動産担保ローンでは総量規制対象外の借入ができます。一気に多重債務者完済が目的です。それができる範囲内の選択が必要です。

おまとめローンより低金利?

中小消費者金融のおまとめローンでは、そんなに低い金利ではないことが多いです。結局は無担保ローンであり、担保がある不動産担保ローンの方が低金利であり、審査も通りやすいでしょう。

多重債務、ブラックリストの一気の解決には不動産担保ローンはなかなかの選択でしょう。中小消費者金融でに行くことで、債務相談ができ、債務整理も回避することができます。

ゆるい審査の中小消費者金融はブラックリストでも借りれる

中小消費者金融、街金を知っていますか?大手消費者金融と同じ消費者金融ですが、審査基準が低いです。審査基準が低いというのは、わかりやすくいうとブラック対応の金融業者です。

各金融業者審査落ちにも対応

銀行カードローンや大手消費者金融カードローンで借入ができないときに、中小消費者金融や街金で借りれるとの情報があります。それをわかりやすいのが、任意整理者が1年後にキャッシングができたという内容です。

任意整理などの債務整理をすると、7年程度はずっと審査落ちだと言います。ローンカードを使うことができないのですが、中小消費者金融では1年後にキャッシングができると言います。しかも、総量規制に余裕があると10万円とか20万円というキャッシングの報告もあります。この事実がブラックリストでも借りれる人が存在することがわかります。

どうしてブラックリストなのに借りれる?

そこがゆるい審査です。中小消費者金融では、総量規制範囲内で余裕があり、返済能力があるのなら貸付できます。

というのも、大手消費者金融と同じ審査基準にしたのなら、申込者はいないでしょう。甘い審査にすることで、大手消費者金融審査落ちの取りこぼしをしている状態です。それが、そんなにいないか?というと、案外と申込者が多いようです。

借りれるのは総量規制範囲内であり、毎月収入が安定していることが必要です。あと数万円、あと1万円借りたいという方は多いでしょう。ゆるい金融ではそうしたブラックリスト相手に審査をしていると言っても良いでしょう。そこで、最低の審査としては、延滞遅滞はしていないことです。

返済ができること

中小消費者金融では、申込したときに担当者が申込者に話しをします。

一部では会社に来れなくては審査はしないというケースもあります。これは、単に話しをするのではなく、返済ができる確約だったり、返済意思を確認するためです。ブラックリストであることを自認していることでどうしても借りたいけれど、こうして返すという意思を見るものです。この対応は大手消費者金融にはないものです。

どうしてもお金が必要だった

ブラックリストになってしまい、大手消費者金融も銀行カードローンも審査落ち。状況としては、苦しいけれど、中小消費者金融に相談してやっと借りれた。そんな口コミが多いです。延滞遅滞なく、収入証明書があるのなら、1万円が借りれる。ただし、年収3分の一の総量規制範囲内が大原則ですが。

絶対に借りれることはありません。中小消費者金融も審査があります。そして、中小消費者金融審査落ちでは、必ず債務整理を検討して下さい。それ以上のゆるい金融業者は存在していないですから。ちなみに、審査がない闇金もソフトヤミ金も金融業者ではありません。騙されるだけです。