カードローン 自社審査

お金はどこから借りる?


お金が必要なときというのは、待ったなしといったときが多いでしょう。必要なものですから、事前に用意をしておかなくてはいけないのに、いつも自転車操業という人も少なくないでしょう。人によっては宵越しのお金は持たないと、斜に構えている人もいるかもしれません。

実際に必要なときにお金の持ち合わせがないのは、寂しいものです。お金がないといっても、貯金ぐらいあるのではという声も聞こえてきそうです。借金をしているという人というのは、手持ち資金がゼロの人が少なくありません。ですから、預金がないというのもありがちなことなのです。そうなると、急な出費が必要になったときには、お金を借りるしかないのです。

そして、そのような人は例外なく属性が低いので、お金を借りるにも四苦八苦となることでしょう。お金を借りるなら銀行が一番いいのですが、属性が低いと、銀行からお金を借りることはできないでしょう。この属性というのは、信用度や返済能力と考えたらわかりやすいです。正規雇用で働いている人とパートアルバイトで、働いている人ではどちらが返済能力があるのかは、見てすぐにわかることでしょう。

また、正規雇用であっても多重債務者であれば、返済能力は著しく下がっていると考えていいです。このように属性というのは、人によってかなり違ってきます。そのような属性を加味しながら、融資の申し込みをして審査となるのです。

もちろん、銀行カードローンの場合は審査が厳しいことで知られています。正規雇用であって他社借入れがなければ、カードローンの審査に落ちることはないのです。他社借入れがあるとか、勤務形態がパートアルバイトということでしたら、審査に通ることは難しいかもしれません。

そういった場合に頼りになるのが、消費者金融会社のカードローンです。もっとも、消費者金融会社にも幅があって、全国的に知られているアコムやプロミス、アイフルやレイクといった消費者金融会社は、大手消費者金融会社です。その下に中小消費者金融会社があり、さらに小規模な消費者金融会社である街金があるのです。

大手消費者金融会社のカードローンは、銀行カードローンの審査よりも審査基準が低いです。ですから、パートアルバイトの人でも、審査落ちせずに融資を受けることができるでしょう。それでも多重債務があれば難しいかもしれません。

さらに、大手消費者金融会社は、消費者金融会社全体の中では審査基準が厳しくなっています。ですから、融資の申し込みをしても、属性が低くて審査に落ちる人も少なくないのです。大手消費者金融会社のカードローンの審査に通らないとなると、その下の中小消費者金融会社のローンに申し込むことになります。

中小消費者金融会社の中には、大手消費者金融会社にひけをとらないような業容の消費者金融会社もあります。中には全国のATMで利用できるような、カードローンを扱っている中小消費者金融会社もあります。

消費者金融会社にも難しい問題がある


消費者金融会社は銀行よりも審査基準が甘いので、収入のある人であればその間口は広いと考えていいでしょう。しかし、消費者金融会社にも問題があって、人によっては、消費者金融会社からカードローンなどの借り入れができない場合があるのです。

それはどういうことかというと、総量規制の問題です。これは、年収の3分の1までしか借り入れができないという規制で、消費者金融会社にのみ有効です。ですから、銀行では年収に関係なくいくらでも借りることができるのです。なので、属性に問題がない場合でも総量規制にひっかかってしまって、審査に落ちる場合があるのです。その場合は返済を続けて、カードローンの利用限度額が空くのを待つしかありません。

また、総量規制はあくまでも使途自由のフリーローンで適用される規制です。不動産担保ローンや、学資ローン、マイカーローンなど、目的がはっきりしているものであれば、総量規制の対象外となっているのです。

あるいは、多重債務者には救世主的な存在となるおまとめローンも、総量規制の対象外です。多重債務状態の人であれば、新しい融資の申込みをするよりもおまとめローンを活用して、借金の一本化をしたほうがいいでしょう。ただし、おまとめローンは高額融資となるので、審査はそれなりに厳しいです。過去に滞納などの履歴のある人でしたら、審査に通らないかもしれません。

このような情報は個人信用情報機関に登録されています。融資を受けて、カードローンや通常のローンを利用している時、その返済に対して延滞や滞納を繰り返していては、信用力すなわち属性を著しく低くしてしまうので、審査に通ることはないでしょう。

このような延滞や滞納といった情報がわかるのかというと、銀行や大手消費者金融会社、さらには中小消費者金融会社の一部などが個人信用情報機関に加盟しているからです。この信用情報機関というのは、クレジットカード所有者やカードローン、通常のあらゆるローンをしている人ならその個人情報が登録され、信用情報が逐一記録されています。

ですから、ローン会社のローン返済を滞納したという情報は、すぐに記録されしまいます。その情報が信用情報機関に加盟している金融機関や、貸金業者が照会すると、すぐにわかるようになっているのです。

どうしても借りたい場合


属性が低くて、どうしても借りることができない。過去に滞納したことがある、まだ延滞中であるといった場合は、借りることが難しいでしょう。すくなくとも、延滞中であるということはまずいといえます。

中小消費者金融業者の中でも、キャッシングアローや消費者金融セントラルなどは、審査が緩いと評判です。人によっては、ブラックの人でもお金を借りることができたという口コミサイトの書き込みもあります。

そのような貸金業者は、信用情報機関に信用情報を照会することなく、独自審査を行っている貸金業者が多いです。ですから、現在の属性のみで審査をしているということです。これはどういうことかというと、独自審査では反対に現在の申し込み者の状態しかわかりません。信用情報機関に加盟していない貸金業者が多く、そういった情報を信用情報機関で照会できないのです。

それとブラックの人でも借りることができるというのは、どういったことでしょうか。独自審査を行っている中堅消費者金融会社でしたら、債務整理中とか自己破産といった状況に関係なく、現在の属性のみを見ているということです。ですから、現在安定した収入があり電話での在籍確認が取れること、さらに収入証明書の提出があれば大丈夫ということです。

また、他社借入れがあるかどうかといったことは、対面での聞き取りのみとなります。これは自己申告となるのですが、虚偽のないように正直に申告するようにしなくてはいけません。実際に債務整理中の場合は、返済は多重債務ではなく一本化されていることが多いので、多重債務にはあたらず債務整理ということで、返済金額も少なめになっているのです。よって、独自審査の場合、それほど問題にならないのです。

自己破産の場合は債務が帳消しになっているので、これも現在の属性だけを見ると無問題と考えていいでしょう。独自審査というのはこのように、申し込み者の現在の属性のみで審査を行います。ブラックになっている人は他の債務者よりも、現在の属性は身ぎれいになっていることが多いので、審査に十分通ることができるというわけですね。

他で借りることができなかったら


街金でしたらかなり審査が緩いので、仮にブラックであったとしても現在の状況次第では借りることができるでしょう。街金も審査は自社審査を行っているので、過去の信用履歴にとらわれることなく審査を受けることができます。そのため審査スピードも速く、街金の場合は対面での申し込みがほとんどとなるのです。よって、その場でのスピード融資が可能です。その場で現金を受け取ってもいいですし、銀行振込融資みも可能です。

但し、街金にもデメリットがあります。それは融資金額が少額になるということです。おそらく10万円程度の融資が街金では一般的となるでしょう。50万円あるいは100万円の融資を希望しているのでしたら、どこもそのような大金は貸してくれないでしょう。

また、街金の場合は金利が高いです。もっとも上限金利は年利で20%と決められているので、そのあたりは了解済みと言えるかもしれません。銀行で借りることができなかった、さらには大手消費者金融会社でも貸してもらえず、中小消費者金融会社もダメだったということでしたら、あとは街金に頼るしかありません。過去の履歴など、金融事故を起こしていて融資を受けられるかどうか不安なときは、自社審査を行っている街金や一部の中小消費者金融会社がいいでしょう。

もっとも自社審査というのは、貸金業者自体が審査内容を明かすことはありません。ですから、口コミサイトなどでブラックでも借りることができたというのは、審査は自社審査を行っている街金です。そういった口コミサイトなどを利用して、街金業者を絞っていくようにしましょう。

街金などは取り立てが厳しい?


20年30年も昔の貸金業者の中には、取り立ての厳しいところがたくさんありました。特にやり玉にあがったのが、大手消費者金融会社です。そのほとんどは今は別の会社になっていて、貸金業は営んでいますが、銀行グループの傘下に入っているのが実情です。

中小消費者金融会社も度重なる貸金業者への締め付けと、融資利用者を保護する法律がどんどん整備されてきたので、取り立ての厳しい貸金業者は皆無と言っていいでしょう。そこで気をつけなくてはいけないのが、闇金です。ここは取り立てが厳しいです。非合法の組織なので、見つけたら警察に通報するようにしましょう。

もっとも、近寄らない方がいいかもしれません。信じられないような高金利で、貸し出します。すぐに返すからと気軽に借金をして、それがほんのわずかな金額であっても、数週間後には数十倍あるいは数百杯になっていたりするのです。