審査緩い キャッシング

お金が必要な時はどうしたらいい?


お金が必要なら金額にもよりますが、まずは友人知人に相談するといいでしょう。場合によってはすぐに用立てしてくれるでしょう。

すぐに用立てしてくれる金額というとどのくらいになるのか、考えたほうがいいのですが、まずは自分の胸に聞いてみるのもいいでしょう。友人からお金を貸して欲しいと聞かれてどのくらい自分だったら用立てできるかを、自分自身に聞いてみるのです。

たいていは財布の中にあるお金を出して貸してあげることでしょう。具体的には財布の中のお金を貸すということで、財布の中にいつもだったらどのくらい入っているかを考えるのです。多くの人は財布の中に3万円程度は入っているのではないでしょうか。

また、借りる側もそのくらいの金額を想定しているはずです。お金が必要だといっても、その金額が決まっていないということは考えられません。それでも友人知人に相談するときは、なかなか具体的に金額を言い出せないものなのです。

基本的には友人にお金を借りるときは少額がいいでしょう。そう考えると3万円というのは、理にかなったお金と言えますし、実際には3万円を借りたいので友人に相談するというのが本音でしょう。友人に相談するとすぐにお金を用立てしてくれるのは、昔から気心の知れた間柄だからです。このことから、すぐに友人はお金を貸してくれることでしょう。

そうなると、お金を借りる側が借用書を用意しましょう。通常でしたら、貸す側が借用書を用意するのですが、友人ですから、借用書の用意も気が引けてしまいます。ですから、借りる側で借用書を用意したら良いでしょう。水くさいとか言われるかもしれませんが内心では友人知人もホッとしているかもしれません。

また、支払い期限ですが、次の給料日に返済するのが基本です。そして、間違っても分割払いということは止めましょう。よほどお金が無ければ別ですが、そのような状態でしたら逆にお金を借りるところを間違えていて、生活保護を受けたほうがいいくらいです。友人といえどもお金の貸借りは、友人だからこそ速やかにできるだけ早く返済したほうがいいのです。ですから、分割払いというのはやめて次の給料日に一括で返済するようにしなくてはいけません。

そうでないと返済日が近づくたびに友人のほうも気にすることでしょう。お金を貸しているほうが気になるものなのです。お金のことでこじれてしまうと友人関係まで損ないかねません。ですから、気軽にお金を貸してくれるので持つべきものは友なのですが、だからこそ、返済はできるだけ早く、尚且つ一回で済ませるようにしなくてはいけません。

また、それ以上のお金が必要となると、友人知人に頼るのはもっと気が引けてしまいます。そのときは身内にお金を借りるようにしましょう。もっとも、お金を身内に借りるのはもっと大きなお金が必要なときにしたほうがいいかもしれません。

3万円程度のお金が必要でしたら、日払いのバイトで稼ぐという方法があります。もっとも日払いのバイトといっても最近は少なくなってしまいました。バイト料などは銀行振込が基本となっているからです。

それでも日払いのバイトが残っているとしたら、男性の場合はガテン系のバイトということになります。平日昼間は本業の仕事があるでしょうから、夜か、土日しかありません。夜は本業に悪い影響が出る可能性が高いので、土日のバイトのほうがいいでしょう。ガテン系ですから、肉体労働となるので、体力に自信のない人でしたら、やめておいたほうがいいかもしれません。

現在でしたら、日払いのバイトとなるとガテン系の仕事くらいしかないでしょう。もっとも昼間にバイトができるのでしたら、ハローワークに朝早くから並んでいたら、迎えのバスがやってくるので日払いの仕事にありつけることでしょう。これは昔も今も変わらないシステムなのです。そのときは、ヘルメットや作業着などは自前で用意しなくてはいけません。無駄にはならず、ボランティアに行くのと同じ服装を考えると大丈夫です。

ガテン系の仕事ですから、バイト料は良く、1日で1万円以上は稼ぐことができます。ですから、3日がんばったら必要な3万円を稼ぐことができるということになります。女性の場合でしたら、水商売や風俗などの仕事がいまだに日払いの仕事を募っているので、いざとなったら稼ぎやすいといえます。まずはキャバクラなどの水商売の仕事を当たってみるといいでしょう。男性の場合は体力勝負のガテン系の仕事しかないのがつらいところです。

他では、家にある不要品を買取業者に買取りしてもらう方法があります。不要品ですから、一つ一つは高価買取りはできず、数百円程度の買取り価格か、値が付かない場合もあるでしょう。その場合は不要品の処分と考えてみると気が楽です。いずれにしても、かき集めれば1万円あるいは2万円くらいにはなるものです。

仮に2万円の買取りとしたら、それでもあと1万円足りません。そのときは家にある書籍を買取りしてもらいましょう。人気コミックの全巻があれば、それだけでも、かなりの高価買取りとなります。書籍やコミックの場合は一般の買取り業者ではなく、書籍やコミックの価値のわかる古本屋に頼むようにしましょう。

銀行と消費者金融会社


お金を借りるなら銀行と消費者金融会社のいずれかということになります。銀行のほうが金利が低いので借りるのでしたら、銀行カードローンで借りたほうが返済利息が少なくて返済しやすいでしょう。

しかし、銀行カードローンは誰でも気軽に借りることができることはないのです。というのも、銀行カードローンの審査は厳しくて属性が高くないと審査に通ることはできません。

この属性というのは信用度や返済能力を図る指標です。信用情報機関にも信用度などが記録されていて、カードローン申込者の信用情報を信用情報機関に照会することで、審査に通るかどうかが決まるのです。

また、属性の高さや低さというものはさまざまな項目から決められます。中でも属性決定づける項目の一つに、雇用形態があります。これは正規雇用か非正規雇用かといった違いで判断されるものですが、正規雇用はいわゆる正社員で、こちらのほうが属性が高いのがわかります。

いっぽうの非正規雇用の人は、パートアルバイトや契約社員、派遣社員の人で、属性は低くなるのです。具体的な理由として、正規雇用の人は雇用が会社から保証されているのですが、一方の非正規雇用の人は会社から雇用が保証されていないということです。

非正規雇用の人の雇用契約は3ヵ月ごとあるいは6ヵ月ごと、さらには1年ごとということからもわかることでしょう。更新時に会社が雇用契約の更新をしなければ、簡単に退職ということになるのですが、正規雇用の人は簡単に会社がクビにすることはできません。このあたりの違いが属性に違いとなり、銀行から見るとお金の貸しやすさ、貸しにくさという形になるのです。

金利の面ではメリットのある銀行カードローンですが、デメリットとしては、即日融資に対応していないところです。一頃はメガバンクを中心に即日融資のカードローンとして大々的に宣伝していたのですが、今はそういった宣伝を見ることできません。それは、警察庁のデータベースへのアクセスが義務づけられその照会情報を得るのが翌日以降になるからです。

不正融資を防止する施策のためなのですが、そのために、銀行カードローンの即日融資ができなくなりました。ですから、お金が今すぐ必要と言うときに銀行カードローンには頼れないということです。もっとも、すぐにお金が必要という場面はないことはないのですが、たいていは数日待てるというときには、当然ですが、銀行カードローンは頼りになるカードローンということになります。

消費者金融会社のカードローンで借りる


銀行カードローンよりは審査が緩いキャッシングができるのが、消費者金融会社のカードローンです。

消費者金融会社のカードローンの場合、アコムやプロミスといった大手消費者金融会社が取り扱っているのと、他には一部の中小消費者金融会社でしか取り扱っていません。ですから、2,000社近くある消費者金融会社の中で、カードローンを取り扱っている消費者金融会社はごく少数派ということも覚えておきましょう。多くは通常のローンということです。

もっとも、消費者金融会社でお金を借りようと思ったら、まずは大手消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをすることだと思います。その多くの人が銀行カードローンの審査に落ちていて、消費者金融会社のカードローンが銀行カードローンの受け皿的な存在になっているからです。

それでも、大手消費者金融会社のカードローンの審査は消費者金融会社の中ではもっとも審査が厳しくなっています。ですから、延滞歴のあるような人でしたら、大手消費者金融会社のカードローンの審査には通らないでしょう。

延滞してもちゃんと返したらいいのでは?と思いがちですが、延滞した時点で契約不履行ということですから、信用情報としてはかなり大きなダメージを受けることになるのです。

中小消費者金融会社と街金


消費者金融会社の多くは中小消費者金融会社と街金です。アコムやアイフルなど大手消費者金融会社の知名度が高いのですが、2,000社近くある消費者金融会社の中では大手消費者金融会社は数社しかないごく少数派なのです。

大手消費者金融会社のカードローンの影に中小消費者金融会社と街金ですが、中小消費者金融会社は大手消費者金融会社にはない、特色を持って貸金業を行っています。

おまとめローンにのみ特化した中小消費者金融会社もありますし、WEBでしか融資の申し込みができないといった中小消費者金融会社もあります。いかに経費を抑えるかに腐心している中小消費者金融会社が多いのです。

もっとも、大手消費者金融会社のカードローンがそうであるように、中小消費者金融会社も街金も、大手消費者金融会社のカードローンの審査に通らなかった人の受け皿的な存在になっているのです。ただし、中小消費者金融会社も街金も金利は高く、融資額が少ないと上限金利の20%での借り入れとなるケースが多いです。

ブラックでも借りれる?


ネットの口コミサイトなどでは、中小消費者金融会社でブラックでも借りることができたという書き込みを時折見ることができます。ブラックになるとお金を借りることができないという法律はありません。いうなれば、社会的制裁という意味合いが強いのです。

自己破産は当然ですが、任意整理にしても債務者に有利な形で返済利息や金利などの線引きが行われます。まずは返済してもらうのが原則ですから、無利息となる場合もあるのです。

そうなると、銀行や消費者金融会社もたまったものではありませんから、次回の新規での借り入れはできないようにしているのです。これがいわゆる業界の自主規制というもので、世間一般的には社会的制裁ということになるのです。

中小消費者金融会社で借りることができたのは、信用情報機関に問い合せることなく、独自審査で行った場合です。これは、電話による在籍確認と、収入証明書の提出があれば審査OKということです。現在しっかりと働いていることがわかれば、融資をしてくれるということですね。

街金は消費者金融会社の中でも最下部に位置する貸金業者ですから、審査に対してはかなり緩く、貸出金額が10万円程度ということもあるのですが、街金でもお金を借りることができなかったら、かなり属性が低くなっているか、無職の人のいずれかになります。