何かと新しいキャレントのキャッシング

何かと新しいキャレントのキャッシング

キャレントのキャッシングが気になる。返済が引き落としになったり、申し込みの質問が少ない、インターネット専業の消費者金融などの話題がいっぱいです。消費者金融情報としては、インターネットで申込などは当然ですが、引き落としはあまりなく質問も最初の3つというのが注目です。また、審査も早いとの評判です。

借入診断は3つ

他社の借入の有無と、延滞の有無で判断をします。面白いのが、駄目でも電話くださいとのこと。

特に延滞については、本来金融業者では審査に通らないこととされていますが、キャレントでは電話で判断をするというのです。借入診断ですから、絶対的ではないのですが、大手消費者金融では間違いなく審査落ちです。

金融機関などでも延滞には厳しいのですが、さすがはキャレントです。最短3分間の簡単申込では、借入動機を入れる様になっています。任意ですが、きちんと目的を書くことで好印象です。ギャンブルではNGですが、生活資金で数万円などの名目があると、審査の時も話しやすいでしょう。

ブラックでも申込ができる

キャレントの最大のメリットは、ブラック対応の金融業者であることです。よって、利用限度額はワイドですが、申込者の総量規制範囲内で限られた小口融資になることが多いです。それはそれで、完済しやすい金額になると思っての申込が良いでしょう。

ブラック対応なのに、実質年率が18%です。中小消費者金融情報のスペックとしては低い部類に入り、20%より返済がしやすいとの評判です。返済額が大きく変わってきます。

14時までで即日融資

もともと審査の甘いだけではなく、スピードも言われています。審査基準が低いのに最短30分での審査完了です。中小では30分審査の金融業者はあまりないのですが、キャレントはここを強調しています。

14時までに身分証明書と収入証明書の書類を送り、在籍確認が完了したのなら振込ができます。これも大きな魅力です。ただし、送るという点で言うとFAXが早いでしょう。すぐに送ることができます。ここで、店舗があれば申込からキャッシングまでスムーズと思ってしまうところです。中堅消費者金融でも来店申込では、即日融資もありますから。

あくまで振込だから

キャレントの振込の内容は、14時までがタイムリミットです。ですから、早くキャッシングをしたい方は、前日の申込で翌日のキャッシングを目指すと良いでしょう。前日と言っても、営業時間である必要はなく夜中でもインターネットの対応はしています。

また、審査の際には電話確認がありますから、確実に電話で話しができることも前提になります。

返済を引き落としにするためには?

三菱東京UFJ銀行の、銀行口座を持っていることが条件です。ここだけでしか引き落としは対応していないです。ふとは、振込での返済になります。振込される金融機関は自由ですが、返済時の手数料は自分持ちです。

キャレントはコチラ>>>