キャレント 評判

消費者金融会社のキャレントにたどり着く

ネット検索で審査の緩いところや、即日融資といった消費者金融会社を探す人も多いことでしょう。中には「ブラック対応」というキーワードで検索する人もいるかもしれません。「審査×緩い」「即日融資」などで検索すると、高い確率で検索される、消費者金融会社がキャレントです。とは言っても、そこで初めてキャレントという消費者金融会社の名前を見たという人も多いことでしょう。

多くの人は、消費者金融会社の中でも大手と言われる、アコムやアイフル、さらにはプロミスという名前は知っていても、それ以外の消費者金融会社はその他大勢にしか思えないのです。これは、テレビCMなどの影響が大きいのは間違いありません。

もっとも、ネットで検索するということは、銀行などの金融機関のカードローンでは借りることができない人が多いのは間違いありません。それは、まずお金を借りる、融資を受けるとなると順番としては、銀行カードローンを活用することが全ての面において優先されるからです。

それはどうしてかというと、まずは金利の低さがあります。銀行カードローンは、間違いなく消費者金融会社のカードローンと比較しても金利が低いのです。1%くらいしか違わないという人もいることでしょう。しかし、1%でも違えばかなりの違いになります。それは、住宅ローンなどを考えてみるとわかると思います。1%違うだけで、かなりの支払利息の差が出てくるのですから、そのあたりをしっかりと考えなくてはいけないのです。

住宅ローンでは、返済期間やそもそも金額が大きく違うという指摘もあるでしょう。それでも、元々の金利がカードローンのほうが高いですから、実際に計算してみても大きな違いが出てくるのはわかります。

また、銀行カードローンをまず最初に考えたいのは、金利だけ話ではありません。個人利用の場合でしたら、借金をし始めるとどんどん属性が悪くなっていくのです。クレジットカードを見てもそうなのですが、最初に1枚や2枚程度では属性は悪くなりません。

むしろクレジットカードを利用して、きちんと支払いを続けていくと属性もアップしていくことでしょう。しかし、無料だからといって、クレジットカードをどんどん作っていくと、属性もどんどん下がっていってしまうのです。ですから、借金もなくクレジットカードの保有枚数も少ない時期でしたら、もっとも銀行からの融資が受けやすいのです。

キャレントはコチラ>>>

銀行は審査が厳しいのが一般的

銀行に融資を申し込んでも、審査が厳しいと一般的に言われています。それは、元々属性の低い人の言葉です。ここで、属性という言葉がたくさん出てきたので説明します。属性は、いわば信用度ということです。

信用度というのはどういうことかというと、お金を貸してもきちんと返してくれる人は信用が高いということになります。ですから、お金を貸す側の銀行としては信用の高い人、すなわち属性の高い人にはお金を貸すということです。それで、銀行は審査が厳しくてなかなかお金を貸してくれないし、銀行に融資の申し込みをしても審査に落ちてしまうという人は属性が低くなっているのです。

属性というのは、その人の状況によって絶えず流動しているのです。正社員であれば、属性は普通といったところでしょうか。それがパートアルバイトとなると、収入が不安定になるので属性は低くなります。同じ正社員であっても、勤続年数が長いと属性は高くなりますし、勤続年数が短いと反対に属性は低くなるのです。

また、持ち家だと属性は高くなりますが、借家だと属性は低いです。そして、前述していますが、クレジットカードを作りすぎると属性は低くなります。これはクレジットカードの保有枚数が多くなると、お金に困っているのではないかと銀行は考えるからです。これは、他社借り入れがあると、銀行が融資を差し控えるといった、審査が厳しくなるのと同じと考えていいでしょう。

このように属性というのは、多くの項目から成り立って、総合的に判断するものです。それが、その人の信用度ということになります。

また、銀行で借りるほうがいいのは、銀行は総量規制の対象外になっているからです。この総量規制というのは、年収の3分の1までしか借りることができないというものです。消費者金融会社のカードローンがこの総量規制の対象となり、銀行カードローンは総量規制の対象外なのです。ですから、銀行カードローンでは審査に通れば、いくらでもお金を借りることができるということです。

この総量規制は、消費者金融会社などの貸金業者からお金を借りすぎて返済不能になり、さらには消費者金融会社から厳しい取り立てに遭って夜逃げする、あるいは自殺するなどの悲惨が頻発したことによる、法律での対処ということです。

しかし、この総量規制の施行が始まった当初は、新たに融資を受けることができない、多重債務者が、自己破産や債務整理に陥ることが多く、一時的にも社会的混乱を巻き起こしたのです。

銀行は何故審査が厳しい?

銀行の審査が厳しいのは、一口で言うと消費者金融会社との決定的な違いにあります。それは、預金者からお金を集めることができるということです。お金を集めることができるので、金利を低くすることができるということです。言うなれば、資産が多くあるということですね。

それでも、預金者から集めたお金というのは預金者のものですから、それを貸し出すということになれば、信用のおける人に貸し出さなければいけません。ですから、自ずと融資に対して、審査が厳しくなっているということです。

また、預金者から預かったお金は集中的に運用されて、その運用益も銀行の大きな収益源となっているのです。そのこともあって、低金利で融資をすることができるというわけですね。

一方の消費者金融会社は貸金業者ですから、お金を貸すことの金利が収益源となります。ですから、少しでも収益を上げるために、利息宣言法で定められた上限金利に近い金利で貸し出すので、銀行よりも高い金利になってしまうのです。その分、融資における審査も甘くして、できるだけたくさんの人に融資をしているのです。

ですから、銀行で借りることができず、また大手消費者金融会社からも借りることができないとなると、「審査×甘い」といった検索キーワードを使ってネット検索して、借りやすい審査の甘い消費者金融会社を多くの人が探し出しているのです。キャレントは、そのような消費者金融会社の中の一つということですね。

そのようなキーワードで検索できるのですから、実際に審査が甘いという情報が流れているのは間違いありません。そのような情報は、主に口コミやブログあるいは比較サイトなどからの情報です。実際に利用した人の口コミは、実体験が元になっているのですから、もっとも信頼できる情報と言えるでしょう。

そこから、キャレントという消費者金融会社の情報をネットなどで調べて、さらにキャレントの口コミサイトなどを参考にして、融資の申し込みをしようかどうかを検討するのが一番です。

審査が甘いとか厳しいというのは、人の主観によるものです。人の属性というものは、人それぞれです。口コミの中で、自分の属性に似通った人の話は特に参考になることでしょう。そのような人の口コミを参考にして、融資の申し込みを検討するのが、一番の近道ということですね。

そのためにも、キャレントについての情報を集めたほうがいいです。検索できるということは、ある程度の規模の消費者金融会社であることが想像できるので、まずは公式サイトをチェックするとよいでしょう。

キャレントはコチラ>>>

キャレントってどういうところ?

キャレントは、東京都品川区にある消費者金融会社です。業容から、中小消費者金融会社です。店舗も本店一つだけですが、申し込みはインターネットからの申し込みとなるようです。

必要書類は、FAXでの提出となるので、お店に伺うことなく手続きが完了することになります。お店に伺うことがないので、キャレント自体に実店舗の窓口はないということでしょう。このような業態の消費者金融会社は、最近は多くなっています。実体がないということで不安視する人も少なくありませんが、これも時代の流れということなのでしょう。

その代わりに、公式サイトがわかりやすくとても充実しています。ネットからの申し込みということで、24時間365日いつでも申し込みができる点は、大きなメリットと言えるでしょう。公式サイトのトップページから簡単申し込みのボタンがあるのですが、それには3分で申し込み完了と書いてあります。これが本当なら、簡単に申し込みができるということになります。

もっとも、簡単に申し込みができるからと言って、審査に簡単に通るということではありません。しかし、多くのキャレントの口コミを見ると、簡単に審査に通ったという口コミが多いのです。

キャレントの金融商品はシンプルです。一種類しかなくて、特に名前も付けられていません。ローンは1万円から、融資可能額は最高で500万円までとなっています。総量規制の対象となるので、500万円を借りようと思えば単純計算で年収が1,500万円ある人ということになります。

金利は7.8%から18%までとなっています。最高金利は20%上限いっぱいまで設定する消費者金融会社が多い中で、キャレントの最高金利である18%というのはかなり良心的と考えていいでしょう。

実店舗がないので、相談窓口といっても電話だけになるのですが、キャレントの場合は会員専用ページも用意しています。ここでは、残高の確認など多彩なサービスや会員管理を行っているようですから、利用者にとっては便利なマイページとして活用できますね。

返済回数は、1回から120回までとなっています。これは最長10年ということですから、返済期間としては長い設定が可能です。最高で500万円借りることができることを考えると、この10年という返済期間も妥当なところかもしれません。

返済日は利用者が指定できます。給料日が25日だから、返済日を27日に設定と言ったことも可能です。また、借り入れができるのか不安な人は、借り入れ診断のページがあるので利用するといいでしょう。他社借り入れや、これまで延滞の有無などを入力するようになっています。これを見ても、借り入れに対する延滞履歴があるのかといったことが、とても重要になることがわかりますね。

また、担保や保証人は不要となっています。担保や保証人を立てなくてはいけないくらい融資が厳しいと判断した場合は、審査落ちとなるのは間違いないでしょう。そして、在籍確認の電話が職場に入るようです。これは消費者金融会社に、融資の申し込みをすると、避けては通れませんから注意が必要です。もっとも、社名などは出ませんから不安視することはないでしょう。

キャレントはコチラ>>>

実店舗のないネット専門の貸金業者のキャレント

一昔前でしたら、実店舗のない消費者金融会社は信用に欠けると感じる人もいました。中には、闇金業者では?といったように思う人もいることでしょう。

しかし、キャレントは都知事の認可を受けている貸金業者ですし貸金業協会の会員ですから、ヤミ金業者ではありません。これは当然のことなのですが、れっきとした貸金業者であり、口コミを確認しても、とてもしっかりとした消費者金融会社なのです。

実店舗がないということで、申し込みはネット専門になってしまいます。電話での融資の申し込みも受け付けていませんが、会員にはフリーダイヤルでの対応が可能となっています。審査はとても柔軟で、独自審査を行っているということです。融資金額も500万円まで借りることができることから、信用情報機関にも加盟していることは間違いないでしょう。

そして、口コミでは、ブラックでも借りることができるのかということが話題になっていますが、基本的にはブラック対応はしていないようです。ということは、債務整理中であっても借り入れはできないでしょう。これは、診断チェックなどでも他社借り入れや滞納の有無を記入する欄があることから、延滞や滞納については厳しくチェックをしていることからもわかります。

だからといって、審査に厳しいということではなく、小口融資であれば積極的に貸してくれる審査の緩さも、口コミサイトでは指摘されています。ですから、大口融資となるとさすがに審査は慎重になるようですが、小口融資ではそれなりに積極的な融資となるようで、その点は審査が緩くなっていると考えていいでしょう。

キャッシングについては、融資を受けて会員になったあとは、追加の借り入れなども柔軟に対応してくれるようです。返済も長期返済が可能で、返済額も自分で設定することができます。カードローンという体裁にはなってないので、ローンカードの発行もありませんから、借りたら後は返済していくだけということになります。

もっとも、追加での借り入れも可能です。返済方法は、一般的な元利均等払いとなっています。貸金業者で、中小消費者金融会社の中でも融資金額が大きく、これは大手消費者金融会社に匹敵すると考えていいでしょう。中堅消費者金融会社の中では、大手といっても過言ではありません。消費者金融業者は審査が甘いというところが多く、キャレントもその中の一つですが、延滞には神経をとがらせているようです。

また限度額内であれば、追加融資も可能です。審査基準は公開されていませんが、属性が低くても融資は柔軟に対応してくれます。主婦やパートアルバイトでも借りることができたと、口コミサイトでは報告されています。審査に通って銀行営業時間であれば、即刻指定の銀行口座に振込まれます。そういったスピード感が、キャレントの大きな特徴と言ってもいいでしょう。

キャレントはコチラ>>>

キャレントの評判はどうなってる?

基本的に、キャレントの評判は良いです。口コミサイトも好意的と言っていいでしょう。カードローンではないのが残念ですが、ローンカードを発行している中小消費者金融会社は少ないですから、それも問題はありません。

一部では、審査が厳しいブラック対応していないなどという口コミも見られました。金融事故を起こしている人に融資をしないというのは、銀行や大手消費者金融会社が行っている措置です。これは法的な縛りはないので、消費者金融会社の審査基準によるものですが、金融事故を起こしたということは、金融機関や貸金業者に迷惑をかけたことになります。社会的制裁という意味では、金融事故を起こした人に融資をしないのは、貸金業者としては当然の姿勢と考えていいでしょう。

融資の申し込みをして審査に通れば、即刻指定した口座に振込みがあるのが評判の高いところです。すぐにお金の欲しい人には、そのスピード感はとてもうれしいものでしょう。金利も、一般の中小消費者金融会社と比較しても、低めとなっているところも評価が高いところです。返済日も柔軟に対応してくれるところも、口コミサイトでは評価の高いところとなっています。

インターネット専門の貸金業者であることを考えても、対応の良さは特筆できる部分で、会員専用のページがあるところもポイントが高いと考えていいでしょう。融資可能額も多いですし、月々の返済額も返済期間を考慮に入れて、自分で設定することができます。

公式サイトでは、返済シミュレーションができるページがあるのも便利です。申込者の属性によって、利用限度額が変わる可能性がありますが、それでも無理のない金額でしたら、満額回答を得られるのも嬉しいところです。

ネットの消費者金融会社のランキングでは、度々キャレントの名前が見られるようになりました。審査がそれほど甘くないという消費者金融情報もありますが、滞納がないし金融事故も起こしてないようでしたら、審査に落ちることはまずないと言ってもいいでしょう。問題のないかぎり、主婦でも融資を受けることができる柔軟性を持っている消費者金融会社なのです。

実質年率が最高で18%というのも、上限金利の20%まで使い切る消費者金融会社がある中で、キャレントは良心的と言ってもいいでしょう。申込みに対して必要書類は郵送では無く、FAXでも受け付けてくれる点はスピード感の面でも嬉しいところです。中小消費者金融会社の中にあっても、キャレントのローンの使い勝手の良さとサービスは、まさに特筆に値すると言っていいでしょう。

キャレントはコチラ>>>

大口融資にも対応してくれるキャレントは縁の下の力持ち!

嬉しいのは、キャレントの融資可能額の上限が500万円というところです。ここまで借りる事のできる人はそれほどいないかもしれませんが、それでもポテンシャルとして500万円借りることができるというのは、利用者にとっては大きなメリットといってもいいでしょう。

中小消費者金融会社の中でも、ここまで融資ができる貸金業者はなかなかいません。金融屋としても、かなりがんばった融資可能額と言ってもいいでしょう。中堅金融業者としては、もちろんトップクラスであるのは言うまでもありません。融資金額としては十分ですし、アフターサービスも会員専用ページがあることなどからサポート態勢も万全と言っていいでしょう。

融資の申し込み方法がネットでの申込みとなって、これでいいのかというくらい簡易になっているのが、申し込み者が不安になるくらい簡単なものとなっているのです。それも、インターネット専用貸金業であるキャレントのメリットと言っても過言ではありません。

申し込みフォームは誰でもわかりやすく、説明文を見なくてもわかりやすくなっています。本人確認書類は運転免許証やパスポートのコピーをコンビニなどのFaxを利用して、送信するだけで大丈夫です。契約書については、郵送ではネットのやりとりだけで完結します。融資が始まると、新たな借入れにも柔軟に対応してくれるということで、そういった配慮も嬉しいところです。

融資の申し込みについて即刻審査が行われ、最短数分という速さで審査が終わります。審査にパスすると、即刻振込みキャッシングできる点がスピード感があって利用者には嬉しい点でしょう。小口融資が多い中小消費者金融会社の中にあって、キャレントは500万円までの融資が可能です。これは中小消費者金融会社の中では破格の融資額といってもいいでしょう。

実際にここまで借りることができる人は、総量規制の関係もあって難しいと思いますが、これだけの融資額のポテンシャルがあるという点でも、キャレントはまさにお金に困っている人の縁の下の力持ちと言えるのです。

審査に厳しいとされていますがブラックの人以外であれば、すんなりと審査に通るようですから、一部で言われているような審査に厳しい消費者金融会社という評価は的外れと言っていいでしょう。

属性が悪くないかぎりは誰でも、キャレントから融資を受けることができるのは間違いありません。審査基準は当然のことながら公にはされていませんが、金融事故を起こしていないかぎり、融資には柔軟に対応してくれるのは間違いありません。

キャレントはコチラ>>>