お金を借りれないこんな自分はダメ?

お金を借りれないこんな自分はダメ?

消費者金融などでお金を借りたいけれど、私はダメかしら?と思っている方もいます。
反対に、どうして私が借りられないの?と審査落ちでイライラしている方も。

未成年とその例外

原則的に金融機関では、未成年の借入ができるところはゼロです。
収入があったとしても、20歳が最低の条件です。
ところが、例外的なケースとして、婚姻している未成年は、20歳と同じ社会的地位になります。
よって、19歳でも例外的に借入ができる金融機関もあります。
もちろん年収にもよりますが、銀行カードローンで19歳専業主婦であれば、OKのところもあります。

ホステス

水商売の方はお断りの消費者金融もあります。
ホステス、スナックやバーで働く女性ですが、最近ではホストなども借りられないことになります。
しかし、この規制も一部の消費者金融であり、最近では、ホステスでも審査に通ります。
条件としては、収入が証明できることと、在籍確認ができることです。

収入証明に関しては、明細書があれば問題なしですが、手渡しでもらっている場合は、自分で何かに書込み確定申告することをオススメします。税金関係も公的書類として申請できます。

在籍確認に関しては、勤務時間に電話をかけてもらうか、雇われている店に話をして、在籍確認の電話をとってもらいましょう。源氏名での在籍確認もOKです。

収入がありません

銀行カードローンは審査の上OK、消費者金融はNGです。
専業主婦の場合、一部の消費者金融で配偶者貸付の形でのキャッシングに対応しています。
夫の同意が必要ですから、内緒のキャッシングはできません。

年収が少ない

パートやアルバイトの方の場合、年収が少ない場合もあります。
一応、収入が一定の場合対応してくれます。
利用限度額は大きくないのですが、直接審査を受けてみてください。
極端に少ない場合を除いてキャッシングができる金融機関が多いです。

学生です

20歳を越えて、収入が一定していればOKです。
アルバイトでも良いですし、学生であるよりも収入が審査対象になります。

他社借入あり

多重債務の申し込みについては、各金融機関で基準がまちまちです。
1つだけ言えるのは、1社でも少ない方が良く、3社で50万円と1社で50万円の場合、1社50万円の方が審査は通りやすいと言われています。そして、50万円よりも10万円の方が審査は通る可能性は大きいです。利用限度額、総量規制との関係から、変わってきます。

他社の借入先の延滞あり

全ての金融機関で即審査落ちです。
過去に延滞していたと、現在延滞しているでは内容が全く違います。