審査落ちに大きく影響する信用情報とは

審査落ちに大きく影響する信用情報とは

消費者金融に申し込みをすると、この人に融資をしたら毎月確実に返済してくれるかどうかということが審査されます。

審査の作業で最も重要な判断材料となっているのが、信用情報です。信用情報とは、その申込者の方が過去や現在に借り入れをしているかどうか、借入れをしている場合は延滞することなく返済されているか、債務整理をしていないかなどがわかるものです。

国内には3カ所の信用情報があるのですが、自分の信用情報はどのような内容が登録されているのか知りたい場合は、申し込めば見ることができます。消費者金融に申し込みをしたけれど審査落ちしてしまった、これといって特に思い当たる原因が見つからないので手の打ちようがないという場合など、信用情報の開示請求をして原因を探ってみるのも一つの方法です。

信用情報会社はJICC(日本信用情報機構)、CIC(シー・アイ・シー)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)の3カ所があります。消費者金融に審査落ちした原因を追究したいのでしたら、JICCだけ情報開示すればOKです。

信用情報の開示請求は、インターネットから簡単にできます。信用情報の内容を閲覧するためにわざわざJICCまで足を運ばなくても、書類を郵送してもらい見ることができます。JICCでは1,000円の手数料がかかり、クレジットカードなどいくつかの支払い方法が用意されています。

スマホから請求を行う場合は、まずアプリをダウンロードし起動してください。「開示申込ボタン」がありますので、利用規約に目を通し、問題なければ同意して空メールを送信し待ちます。空メールの送信後はメールが返ってきますので、表示されているURLから必要事項を入力し送信しましょう。JICC書類送付アプリで表示されている案内に従い、指定される本人確認を目的とした必要書類の画像を撮影し、そのデータを送信します。

本人確認書類がJICC側で確認されると、メールが返信されます。そのメールにあるURLを表示させ、手数料の支払い方法を選択したら信用情報開示の手続きは終了です。ご自宅などの指定した住所に簡易書留で届きます。