借り入れ延滞

延滞をしてしまう理由


カードローンや消費者金融から借り入れをすることは、悪いことではありません。まだ罪悪感を感じることもないことです。金融会社がこれだけ多く経営できているのは、借り入れをしたい方が多いからです。

利息で経営が成立する金融会社にとっては、今必要なお金を貸し出すことで、それ相応の利息をつけて経営が成立しています。これによって、利用者は当初の契約通りに順調に返済をすることで、自分も助かるし金融会社も潤います。しかし、何かの理由で返済が遅れてしまう、これが延滞です。

その理由としては、

  • 返済分を他の支払いに回した
  • もともとお金がない
  • パチンコで負けてしまった
  • などです。

    どれも信じられない理由のようですが、実際に返済しなければならないお金に手を付けてしまう方はとても多いようです。これが、家賃や光熱費の場合、直接日常生活に響くのですが、消費者金融の延滞で、電気が止められるわけでもないですし、家を追い出される事もないのです。結局、借り入れの返済が生活をしていく上で、いきなり支障が出ることがないため、延滞をしてしまうことが多いです。

    当初、返済の可能性があるからお金を借りる事を安易に考えます。多重債務者の場合、他社からの借り入れで返済している方も少なくありません。A社の1万円元金の返済をB社から利息を含めて15,000円借り入れる。今度は、B社の元金15,000円の返済のためにC社から20,000円借り入れる。

    A社が終わったとしても、B社・C社と借金が増加していくのが理解できると思います。こんなことをしていると、いずれ延滞の危機が迫っていることがわからなくなっていくのです。A社が完済した時点で、達成感ができてしまうのです。多重債務のからくりはこんなイメージです。

    そして、延滞をすると、遅延損害金が高い利息で続き、どんどんと雪だるま式に借り入れも増えていく。さらに、最初は大手消費者金融、やがて審査が少し甘い中小消費者金融に行き、最終的に闇金で借り入れる方もいます。一度の返済不能ができると、こんなふうにして次から次へと他社に手をつける。延滞をしてしまう最初の様々な理由が、やがて身の破滅を招くことになります。

    しかし、どこかで債務整理をしたとします。金融業者に返済減額の交渉をすることで、延滞が止まり、返済事態も楽になっていくのです。そうしたことを知らずに延滞を続けている方、多重債務をしている方、随分損をしていることに早く気が付きましょう。延滞しそうという時点で、債務整理k必要性があるのです。

    借り入れ延滞を教訓とする


    銀行カードローンや消費者金融で延滞をしてしまうと、その時点で個人信用情報機関での事故情報として記録が残ります。その後の借り入れ事態が困難になってしまい、金融会社からは審査落ちの通知が続きます。

    たいてい一回の延滞では、事故情報も小さなものですが、最大3回で決定打、いわゆるブラックリストになります。3回の延滞の間、督促や電話連絡、郵送での振込などが案内されますが、それらはうまく無視したり、回避することができます。多重債務者の場合、それらが連続してやってきます。

    しかし、そんなことではいけないと債務整理を考え、債権者との交渉で、比較的簡単な任意整理や個人再生、自己破産など、目前の借金をキレイにすることができます。特に、任意整理の場合、利息カットや返済ができる範囲内の金額に減少することができるのですが、裁判所を介さないので比較的早い時間に解決ができます。

    ブラックリストは当然ですから、数年間(ときには10年程度)の借り入れができない状態が続きます。カード会社の審査はもちろん、借金申し込みや借入行為はすべてできなくなってしまいます。世の中には、そのようにして債務整理で、借金問題を解決している方はとても多いのです。

    ただ、その後どうしてもお金が必要になってくる場合もありますが、債務整理後数年間は大手消費者金融では借り入れはNGです。しかし、中小消費者金融の中には、多少金利は高いですが、債務整理後すぐでも借金ができる金融会社も存在しています。

    条件はいろいろありますが、一番大きなものは、毎月決まった収入があることと、今度の借入の返済ができると判断されることです。いわゆる甘い審査になりますが、このような融資ができる業者もあります。

    過去の延滞から債務整理をしたけれど、今度はきちんと計画的な借金返済ができる。まるで生まれ変わったように、きちんと返済をしている方も多いのです。もちろん債務整理の借金、新たな借金も完済をしたのなら、それは成功者といえます。

    借り入れ延滞は良いことではありませんが、仕方なく債務整理で問題解決をした。そして、それが教訓となり、二度と延滞をしない借金計画をたて、完済をする。延滞行為が生んだ奇跡と言えることです。

    債務整理から約10年も経つと、再び銀行カードローンなどの申し込みができるようになるのです。一度のブラックで恐れることはありません。債務整理は立ち上がり、その後の借金返済で自信をつけることができるのですから、延滞をした場合はすぐに債務整理を考えましょう。

    延滞があればすぐに対応を


    カードローン審査などは、個人信用情報機関による照会が大きなポイントになります。返済を滞納したり延滞をすると事故情報になったり、借入先が4社以上で一度でも延滞がある場合も、金融事故情報として処理されます。

    大きな会社の場合、銀行などからの借り入れはつきものです。借入なしで経営しているところは少ないかもしれませんし、設備投資という名前の金融機関からの借り入れは、当然の行為とも言えます。

    それで経営ができて、従業員に給料も払えている、そんな会社は日本には数多くあります。会社が延滞ということであれば、金融機関ではそれなりの動きをしますが、たいていは担保がついているので、銀行などもある程度の延滞には眼をつぶることができます。

    ところが、消費者金融やカードローンの場合は、担保なし、保証人なしのキャッシングなどが主です。たいてい2回の延滞で、しつこい督促が来たり、連絡がうるさくやってきます。その時に既に事故情報として、ブラックリストになっているのですが、対応はすべきです。消費者金融などの督促に対して、今は払えませんと言ってもいいんです。

    じゃどうするのですか?という相談になるのですが、消費者金融側としても、延滞している事実はそのままにしておくことができません。遅延損害金をつけて、多額の請求を持ってきますが、損をしたくないために、減額をした上で、長期支払いを提案してくる場合がほとんどです。そのような支払総額を見ると、元金以上の利息になっていることがほとんどです。それでも、毎月払えない金額ですから、従ってしまうのです。

    はっきり言って、このような債権者殻の提案に乗らないことです。延滞していることは申し訳ないことですが、延滞しなければならないほど返済ができないのであれば、払えないからなんとかしてほしい、減額を交渉するのです。これが債務整理です。損をしてしまう債権者はそう簡単に説得できないことが多いですが、一応言うだけ言ってみましょう。

    ローン会社や銀行では、この手の債務整理の申し込みはとても多いです。どう言えば債務者が怯むかを知っています。それなら、こちらも債務整理のプロの弁護士や司法書士で応戦です。これでプロ対プロの交渉のゴングが鳴らしましょう。

    多重債務者に警告


    借入件数が多く返済金に苦慮している方の中で、今月か来月の返済、遅延か滞納している方は、すぐに債務整理をしましょう。

    多重債務は、払っても払っても利息が増えるシステムになっています。返済額が自然と多くなるのは、毎月借り入れが多くなっているからです。それに気が付かない、総量規制内なら借りれるという安心感もあり、次々とカードローンからのキャッシングを続けてしまいがちです。

    多分、人間の心理としては、何も解決していない返済ですが、目の前の支払いを済ますことで、それは返済ができたと思ってしまうのでしょう。片方で、借り入れが増えているというのに。

    借入先が減っていく一方、増えていく多重債務にとっては、次はどこかに借りようと考えがちです。そうしないと、今度の支払いが遅延、そして延滞になってしまうから。そうなると、もうブラックリストに載るし、と焦ることになります。

    しかし、この状態は債務整理のサインです。「手持ちのお金で返済できない」のであれば、返済能力がないに等しいのです。総量規制と言うのは、自分のお金で返済ができる範囲内であり、キャッシングしてまで返済と言うのは想定外のことです。

    ですから、毎月の収入から返済分を引くと生活が出来ない、生活費を引くと返済ができない場合、債務整理で返済額を小さくしましょう。その方の多重債務の内容によって、様々な債務整理が対応することになりますが、どうしようもない場合は、自己破産で借金ゼロの可能性もあります。

    苦しい多重債務者に関しては、この自己破産は選択の一つとして大きい存在です。何よりも借り入れが延滞してしまうほどの生活苦である場合、生きるための生活が大切です。手続きなども大変ですが、多重債務者は債務整理でしか解決ができないとも言える異常事態であることを認識してください。

    延滞の恐ろしさを知る


    借り入れの返済を延滞すると、その後のカードローンや消費者金融の利用ができなくなってしまうことがあります。たいてい2ヶ月の延滞が続くと、その後の借り入れ審査では通らない可能性が大きいです。もし、その返済が故意ではなく、何かの都合でできなかったとしても、理由は受け付けません。

    銀行系消費者金融では、総量規制対象外の借り入れを受け付けています。年収の3分の一の総量規制に関しては、消費者金融やカードローンでは審査対象にしますが、銀行系消費者金融では、それ以上の借り入れができるのです。

    しかし、延滞があると、それもNGです。総量規制対象外ではなく、最初から借り入れ事態拒否されてしまうのです。延滞をした時、個人信用情報機関に報告が行き、ブラックリストに入っているからです。

    債務整理後すぐやブラックOKと言われるゆるい審査の消費者金融ではどうでしょう?ここの審査では、一定収入が大原則ですが、延滞している場合についてはケースバイケースです。慎重な時間をかけた審査をした上でOKの場合もありますが、それも高い収入であったり、これからの返済に大きな余地があると判明した場合です。

    街金などではこうした中小消費者金融が存在しますが、気をつけてほしいのがブラック金融、闇金です。ここでは比較的簡単に借り入れができますが、信じられない高金利であり、借り入れ返済の危機を脱するのではなく、深みにはまっていくことになります。

    一度や二度の延滞で、どうにかなると言うのは甘い考えです。それを最初に知るのが、遅延損害金利率の高さです。考えている以上に返済額が増えるのに愕然とします。