借り入れ 甘い

審査が甘いということは?

借り入れの際に、必ず審査がありますが、消費者金融や銀行カードローンでそれぞれ基準を設けています。総量規制が関係する消費者金融系の場合、現在の借り入れの限度額範囲内での利用ができますが、銀行系は原則総量規制対象外の借り入れができます。

ですから、年収の3分の一以上の借り入れができるのですが、多重債務者や現在総量規制に近い借金がある方は、金融機関によっては、審査を通らないこともあります。このような場合、やはり問題になるのは年収や職業(勤続年数など)でしょう。

中小消費者金融などでも、審査が甘い(ただし金利が少し高い)ところであって、多重債務者でも借り入れができる所は多いです。ただし、その時には年収の高さがポイントになります。要するに、審査が甘いと言っても、その方にある程度の返済能力がなければダメだということです。

したがって、銀行カードローンでは、総量規制対象外で最大800万円のキャッシングが可能な金融機関もあります。もちろんそれなりの年収のある方ですが、返済ができると判断されるのなら、余裕の金額です。

なので、このような審査を考えると、専業主婦やパートやアルバイト、収入の少ない主婦の場合は、審査の甘さの恩恵をあまり受けることができないということになります。ただし、50万円程度のキャッシングができる銀行系カードローンは多くなっています。審査の甘い基準が、突き詰めれば年収で決めている消費者金融や銀行カードローンが多いということなのです。

多重債務者であっても、それなりの年収がある方にとっては嬉しいことです。しかし、同時に落とし穴にはまらないことです。審査が甘いことで、借りる時は良いのですが、返済になって多額に膨らむ利息などで苦しむこともありますから、ご注意を。