借り入れ簡単

借り入れは簡単と言うのは最初だけ?


カードローンや消費者金融の利用はとても簡単です。20歳以上で原則的に一定収入がだれでも借入の資格はあります。店舗などで、クレジットカードの入会申し込みをされた方も多いと思いますが、あっという間に終わった方も多いでしょう。

一方で、申し込みはしたけれどクレジットカードを手にできなかった、消費者金融からの借り入れもできなかった方も存在します。これは、入口(申し込み)は簡単なだけで、次に待っている審査があるからです。

一定収入があり、今までクレジットカードなどの経験がない方は、たいてい簡単に利用ができます。しかし、既にキャッシングをしていたり、多重債務者になっている場合やこの金額の借入はできないという多額なお金は、なかなか借入ができないこともあります。

入口が簡単だからこそ借り過ぎてしまうことが多いのも現状です。借り入れには限度額が違います。収入に応じた額が設定されていて、その上クレジットカード会社などでも独自の審査内容が加味されます。ですから、A社では10万円を断られたけれど、B社では借り入れができることもあります。

審査基準は、それぞれの金融業者で違いがありますが、とりあえず入口だけは比較的簡単なのは確かです。問題は借り入れができるかどうかですが、それは簡単と容易に口にできないのが現状です。

ただ、銀行カードローンよりも消費者金融の方が借りやすい環境になっていますが、金利が消費者金融の方が若干高いです。高いと言っても、数万円の借り入れの場合、その差は数百円です。

つい借りすぎてしまうと、貸金業者は嬉しいけれど


借り入れの際には、年収が大きく関係します。金融機関での貸金では、総量規制に則った限度額を参考にしています。総量規制とは、年収の3分の一の金額で、300万円の年収の方は100万円が限度額です。この総量規制の限度額は、多重債務の場合はすべての合計金額です。

今は多重債務ができる時代です。それは総量規制ラ越えていない範囲内なら、返済状況さえ正常であれば、追加融資も簡単に行うことができます。金融業者はそうして貸し付けることで利息が入るのですから、正常に返済している方が借入されるのは大歓迎です。

利用可能枠での利用は簡単にキャッシングができますが、心に留めておいてほしいのが、一つのキャッシングが終わらないうちに次のキャッシングをした場合、それだけ多くの利息を支払うことです。

多重債務者の方で、債務整理をしなければならないことになるのは、元金よりも利息が多くなってしまうことにあります。追加融資は利息追加であることをつい忘れがちですが、返済が苦しくなっていくのは目にみえています。

しかし、簡単に借り入れができる、それもカードで銀行や郵便局、夜中のコンビニでも簡単操作です。消費者金融会社にとっては、この最下融資も大切な収入源ですが、契約者としては、乗せられていると言っても良いでしょう。

それでも必要とされるお金ですから、あくまでも計画的な使い方がオススメです。CMにもあるように、ご利用は計画的にとあるのは、利息計算をきちんと把握しましょうということです。くれぐれも借り過ぎには要注意です。

事故情報にはご注意を


消費者金融や銀行では、借り入れ申込者の審査を行います。過去の貸借記録を個人信用情報機関などで調べるのですが、その基準は金融機関によって様々です。銀行は厳しいとされていますが、たいていは滞納が続いている方に対しては、借り入れはできないと思ってください。

総量規制の限度額に達していないとしても、現在のキャッシングに対して返済ができない状態での追加融資はしない所がほとんどです。逆に考えると、審査落ちをしてしまうところでは、自分の過去のデータをきちんと確認している証拠です。ですから、正常な返済に戻ることで、“いつかは”借り入れができるとされています。

個人信用情報機関では、滞納や債務整理などの記録を克明に記録しています。それだけではなく、申込みをしたり、審査落ちの記録もあります。審査で、金融機関が照会をするのですから当然です。はっきり言って、滞納や債務整理などの事故情報ですが、これは10年間くらい経つとすべてクリアになります。

要するにゼロになってしまうのです。そうなると、以前のように簡単な借り入れができるか?というと、ちょっとハードルは高くなりますが、借り入れはできます。事故情報ゼロは書類上だけのことで、過去に事故ってしまいましたという事実だけは残ります。

しかし、仮に10年間、貸借記録もなく申込みや照会された後もない場合、審査は通ることが多いです。中には厳しい審査基準を持つ契約の金融機関は、難しいですが消費者金融会社やカードローンの作成などはできることが多いです。

一番最初は、簡単に借り入れができると調子に乗らないことです。一応事故情報は消える時はありますが、住宅ローンなどの高額な買い物に関しては、あの時の事故が響くのかと実感される方も多いようです。

簡単借り入れができる反面滞納も増えている


消費者金融の借り入れは比較的簡単に行うことができます。銀行カードローンよりも審査が甘いのです。インターネットなどでは、シミュレーション的な試し審査ができ、そこをクリアすることで、たいてい借り入れができます。

最近では、限度額は少ないですが、専業主婦やパート、アルバイトでも融資ができる金融業者も多いです。キャッシングに関しては、簡単に借りられる時代になって来たといえます。同時に、この簡単さが、借り過ぎを助長しているという専門家もいます。

それでも、国では総量規制と言って年収の3分の一の限度額を設けていますが、それでも返済ができずに滞納をしてしまったり、債務整理をする方が増えています。年収があるのですが、返済以外に使ってしまったり、利息を含めた返済を考えていないなど申込者の考えの甘さが、滞納などの事態を作ってしまうともいえます。

以前消費者金融というと、店舗で面接をした後に職場確認などを行い、返済も店舗に直接手渡しが主流でした。現在はインターネットで、それもスマホで完結してしまうキャッシングもあり、ある種の異様な緊張感はなくなりましたが、それが気軽なキャッシングをしてしまう理由の一つです。

悪いことではありませんが、借り入れに歯止めがかからないといったことも予想されるのですが、それはあくまでも自己判断になりますから、いくら規制をしても、簡単借り入れはとめることができないでしょう。

大手消費者金融などでは滞納に対しては厳しい措置をとります。当然ながら催促などは続きますが、滞納は断じて行ってはいけない行為であり、その後の借り入れに大きな影響を与えます。返済ができなくなった時には、速やかに債務整理を考えなければならないのです。

それか、債権者にきちんと話しを付けるなどの対処することが必要なのですが、簡単借り入れができる反面、この滞納のままで何も対処せずにいる方が多いのも現状です。

消費者金融でお金を借りること


スピード審査はなんて数秒、即日でもキャッシングOK、申込みはWEBで完結。これは大手消費者金融などでの宣伝文句です。本当に数秒審査で、その日のうちに振り込まれる現金。利用者が増加するのも納得です。

中には今だけキャンペーンで、30日間の返済で利息がゼロなんていうのもあったりします。こうなったら、自分の貯金を下ろす感覚で使うことができます。このキャッシングの経験が、借り入れの簡単さを体で覚えることになってしまいます。

確かに、給料日前の即日キャッシングはとても便利です。日割り利息の場合、すぐに返済をしたら、銀行の手数料よりも安い場合もあります。使い方さえきちんと行えば、簡単借り入れは、とても有効なのです。

スピード審査や簡易審査の後に本格的な審査がありますが、ここで多重債務者だとしても、自分の総量規制限度額を越えていなかったり、過去に滞納や債務整理がない場合は、簡単に追加融資ができます。

消費者金融や銀行で一度こうした借り入れで正常に返済をしていると、追加増資などもできるようになります。それだけ信用が出来上がると、借り入れの使い方は幅が広がります。

現在は、消費者金融もカードローンも高くても15%程度の利息です。借り入れ額が高くなければ、利息にしてたも大した額にはなりません。計画的に、返済に余裕がある方にとってみれば、とても使い勝手の良いものなのです。

消費者金融というと、悪いイメージを持っている方もいますが、決してそんなことはありません。少なくとも見ず知らずの方に信用情報だけでお金を貸すのですから、その返済がきちんと行える方なら信頼関係ができるのも当然のことです。お互い裏切ることなく契約の実行を行っていれば、消費者金融も良い友達になることができます。

これが、契約者の滞納などの裏切り行為が存在すると、信頼関係は崩れることになり、二度と借り入れができなくなってしまうのです。人間同士でも裏切り行為は嫌なものです。