借入 審査

借入審査基準が違う3つの金融機関

CMで簡単にキャッシングができるような大手消費者金融や銀行カードローンですが、借入の際には必ず審査があります。多分、初めてのキャッシング利用の方なら、審査で困ることはないでしょう。

多重債務者

ここで問題になるのは、他社借入がある状態で新たな借入をしたいときです。
大手消費者金融も銀行カードローンも1社程度であれば問題はないでしょう。

そこで、気になるのは借入金で、大手消費者金融なら総量規制限度内、銀行カードローンなら限度額に影響がないのなら大丈夫です。多額の多重債務者なら審査落ちです。それぞれに利用限度額の設定があり、年収に関係します。

総量規制は年収の3分の一であり、銀行では最大年収の半分程度とされています。
また、消費者金融ではクレジットカードのキャッシング枠も総量規制の範囲内です。
このように多重債務者に対する審査では、借入状況と返済額の内容を確認します。
必ず限度額に達していないから、借りる事ができると保証はありません。
カード会社の審査基準があり、公表はしていないです。

同じ年収でも差がある

審査では、それぞれの担当者が金融機関の基準内容に沿って合否を決めていきます。
したがって、同じ年収だとしても条件が違うことはあります。

パートと会社員の属性の問題、多重債務と全くない方の場合、過去の信用情報機関の内容など、それぞれです。ですから、片方は審査落ち、片方はキャッシング成功の話しも良く聞かれることで、この年収で必ず借りられることはないようです。

銀行カードローン審査では、無収入の専業主婦も審査対象です。
特別枠なのですが、大手消費者金融では専業主婦というだけで審査もしないです。
総量規制が関係なくなってしまうことが大きな要因です。
無収入OKの銀行カードローンに対して、大手消費者金融は無収入は厳禁です。

カードローン申込に際して

必ず審査規定があります。
大手消費者金融と銀行カードローン審査は難しい方は、中小消費者金融の申込みもありです。
こちらは、審査基準が下がって、信用情報機関の事故情報がある方も総量規制範囲内で返済能力と在籍確認、専業主婦は配偶者貸付ができれば審査通過です。それこそ、総量規制の数万円の隙間での借入ができる方も少なくありません。

総量規制限度額100万円で、現在多重債務者で95万円。あと3万円の借金申込みもできます。

中小消費者金融で安心キャッシング

銀行系カードローンもダメで、大手消費者金融系カードローンもダメ。
そうした方が中小消費者金融に申込みをすることが多いです。

ブラック対応であり、最初から中小消費者金融に行く方も多いですが、正規金融業者の情報を入手し、総量規制が余っていること延滞していないことを確認の上、申込みをして下さい。
この2つがブラックですと、中小消費者金融でも対応していません。

銀行カードローンの借入審査は甘い?

銀行カードローンの狙い目は地方銀行です。
銀行系カードローンでは、最近はインターネットを使って全国の銀行のキャッシングが可能です。
住宅ローンなどの利用もでき、他都道府県でのローン契約も可能。
ネット銀行などと同じ感覚で地方銀行との取引ができます。

そこで、大手のみずほ銀行カードローン、三井住友銀行カードローンなどはおなじみで、バナーなどでも見かけます。しかし、地方銀行で静岡銀行カードローンが注目です。
大手消費者金融並の審査の甘さで、低金利の銀行カードローンキャッシングが可能なようです。

地方銀行に目を向ける

銀行でも信用金庫などを注目すると、審査が甘いようなカードローンが多いです。
銀行としても、こうしてホームページで宣伝することで全国各地殻の申込みが殺到しているとか。
もちろん地元びいきの銀行もあり、店頭での最終契約をしなければならないところも存在します。
しかし、とにかく地方のA銀行B銀行と申込みをしてみて下さい。
収入面が安定していることで、借入審査が通る方もいます。

消費者金融に借入がある

これが盲点の一つです。
消費者金融と銀行の指定信用情報機関が違うので、多重債務扱いされない可能性があります。
クレジットカードのキャッシング枠も銀行との借入との合算はなく、別扱いです。
債務整理などの金融事故にはうるさいですが、多重債務に関しては、銀行カードローンがなければ、多少の審査の甘さを感じられるということです。

消費者金融の申込みでは銀行カードローン情報は無用

消費者金融では、借入件数や借入金額を入力しますが、この時に銀行カードローン情報は不要です。
ということは、関係ないということになります。

銀行カードローンでも、返済能力が高い年収であれば、限度額もそのままのキャッシングができます。
そんなにうまくいくのかな?と不安ですが、実際に申込みをしてみて下さい。
地方銀行が良いですよ。来店不要で、インターネット完結が条件です。

もし、住宅ローンなどの契約をしているところがあれば、延滞経験がないのなら、そのまま審査通過はOKでしょう。できれば、多重債務はしたくないことですが、銀行カードローンは、低金利で、信用にもなりますから、契約を考えてみて下さい。

地元の銀行で信用金庫なども案外といけるかも?
公共料金の口座引き落とし、給与振替などで印象を良くしておくのがポイント。
ただし、信用情報、申込情報で銀行の規定する水準に達していることが条件です。
借入審査の最低ラインがクリアしている方が対象の提案です。

借入審査と金融事故

カードローン会社の借入審査では、保証会社の保証がられることが条件です。
ブラック情報に関してもどこまで許容範囲があるかで、審査の甘さが変わります。

消費者金融と銀行カードローン

審査で対決することもありますが、消費者金融は現在それぞれ大手銀行傘下に入っています。
そこで、フィナンシャルグループとして独立経営になっているものの、銀行カードローン審査の保証会社に消費者金融がなっていることがあります。要するに、消費者金融が銀行カードローン審査の一役をします。

もちろん規定は違うものの、指定信用情報機関が違うのですが、消費者金融側で情報を共有していることになると、審査通過がこんなんなってしまうこともあります。

多重債務のコツ

銀行カードローンと大手消費者金融の多重債務者をしたいときには、そうしたことを考えて、傘下の違う2つの金融機関の申込みをしてみると良いでしょう。
信用力の低下防止だけではなく、多重債務の情報そのものも回避することができます。

銀行カードローンも大手消費者金融も基本的には多重債務はOKですが、できれば情報がない、していないことが審査が通過しやすいといいます。同じ系列ではないことで、銀行融資の可能性が大きくなります。

ネット銀行の審査

インターネットだけで店舗がないネット銀行の審査は早いです。
24時間申込みができるだけではなく、店頭なども存在しません。
すべてWEB完結当然で、提出書類などは添付書類でOK。しかし、在籍確認はあります。
審査基準に関しては、返済状況が悪い多重債務者、返済負担率が大きい、延滞しているなどの信用情報機関の内容確認はあるものの、基本的に高い収入であれば、致命的なブラックではない限り借入ができます。

その致命的の内容の公表はないですが、債務整理などでは審査落ちです。
希望額が、年収の返済負担率を大きくしないことが条件。これも個人差が大きく、きちんとした数字がでないのです。ただ、高い収入と一流企業の会社員や公務員などは、銀行カードローン審査が通りやすいです。

銀行→大手消費者金融がダメなら

銀行カードローン審査に落ちた方は大手消費者金融に申込みに行く方が多いです。勤務先情報などでも審査通過率は高いといいますが、それでも金融事故などがあると大手も難しいでしょう。

事故のない多重債務者で2件程度であり、それ以上の審査通過の保証はありません。
多くの口コミでは、大手消費者金融の審査が通りやすいといいますが、中には反対に大手消費者金融が厳しいと言われることもあります。

このあたりの審査については、コレと言う情報がないものの、金融事故のうち、債務整理では7年前後はブラックで、銀行カードローン審査も大手消費者金融も審査落ちです。
そのあとは中小消費者金融の甘い審査もありますが、そのまま債務整理などをしたり、
ブラック解消まで待つというのも一つの手です。

借入審査で重要な証明書

大手消費者金融や銀行カードローン審査の提出書類は身分証だけです。本人確認のためだけです。
所得証明書などが必要な場合は、一度に高額な希望額をだしたときです 。
しかし、審査の甘い中小消費者金融などでは、所得証明書は最初殻提出されるように言われます。

返済能力の確認

自己申告の年収で、それぞれの金融機関の限度額が決まります。
収入証明書に関しては、少額ではいらない大手消費者金融や銀行では、申告だけでパスできます。
在籍確認で勤務先情報が確かであれば、返済できると保証されるのです。

中小消費者金融に関しては、一応の提出の形になりますが、ブラック対応という点で言えば、年収申告の信頼性を確かにするものです。自分で、他社借入件数などもいれますが、年収とともに間違った数字を書き入れることで、審査落ちになってしまうことも多いです。

しかし、大手消費者金融などでは、短期間にあちこちに申込みをする申込ブラックでは審査落ち。
それも半年間の記録になりますが、中小消費者金融では基本的に申込ブラックはありません。
間違った入力をしない、所得証明書通りの年収の入力が肝心です。

中小消費者金融の申込み対象

大手や銀行カードローン審査のない項目で、中小消費者金融では健康保険証を持っている方とあります。
国内で保険証がない方もいますが、そうした方は中小消費者金融の借入審査が通らないということです。
社会保険か国民健康保険に加入するのは義務となっています。

しかし、保険料を払わない・払えないことで保険証を持たない方もいますが、これは消費者金融などの利用ができないことになります。中小消費者金融でもアウトというのですから、もし現在持っていない方は、自治体に相談をしましょう。

保険証がない

収入が安定していないことを意味します。日雇い労働などで、保証のない仕事をしている方も審査は難しいですが、確定申告などで個人事業主となり、収入の所得証明書があれば別です。

属性としては、個人事業主はパートの下になりますから、金融事故などがある方は、審査通過は困難です。カードローン返済額に不安がある時点で、返済能力がないということになります。
ですから、保険証を持たないほどお金がないのなら、審査は通らないのです。

いやいや、健康体で病院に行く必要がないから持っていないというのは、屁理屈であり、正当な理由ではないということです。納税義務を果たしていないということでは社会的地位でも不安が残ります。

個人情報の証明書は偽造しない

まさかそんなことをする方はいないのですが、虚偽申請でも審査落ちですが、偽造関係もすべて危険行為です。

A銀行にカードローン申込みをした方は無職でした。
しかし、在籍確認が必要なため、友人に会社経営者になってもらい、在籍確認を受けました。
ある時、収入証明書の提出が必要になり、会社が実在しないことがわかり強制解約になりました。

もちろん金融事故です。このようなことは詐欺罪にもなりますから、証明書のない方は、キャッシングそのものをあきらめるしかないのです。

住宅ローンとカードローンの審査と借り入れ条件

住宅ローンを持っている方のカードローン申込みはできます
しかし、カードローンの返済中の住宅ローンの申込みは審査落ちです。
完済後数年待つ、それも審査の甘いとされる住宅ローンか、金利を引き上げての契約になってしまいます。住宅ローンの金利引き上げは1%でも大きいです。

銀行カードローンなら良い

上記のことで、カードローン会社が銀行なら審査は通りやすいのですが、消費者金融カードローンがNGです。返済状況が正常であり、金融事故もない方でもカード会社殻のキャッシングは、住宅ローンに大きく響きます。

三井住友銀行などの低金利住宅ローンですと、まず審査落ちなのです。
そうしたことを考えると、カードローンは銀行に限定というのも一つの考えです。
数年前の完済、大手消費者金融では数万円しか借りなかったということでも、住宅ローン審査に大きな影を落とすのです。

銀行カードローンのメリットは?

銀行の審査に通るということは、社会的地位が保証されているといいます。
消費者金融よりも低金利ですし、完済できるから銀行融資が可能ということなのです。
ですから、利用限度額が少なくとも、将来住宅ローンを組みたい方は、消費者金融と縁をしないことをおすすめします。

クレジットカードのメリットは?

こちらもキャッシング枠は使わないとこをおすすめします。
消費者金融と同じ総量規制範囲内のことですから、住宅ローン審査は厳しいです。

銀行ローンだけにしておいたほうがよいです。住宅ローンを組む時に配偶者がいると、昔消費者金融で借金をしていたと言う事実も言えないのであればなおさらのことです。
既に借りてしまっているのなら、完済から10年以上空けてからの住宅ローンの利用をおすすめです。

住宅ローンとカードローン

これは問題ありません。銀行ローンも大手消費者金融、中小消費者金融も年収の返済負担率が高くない状態であれば、審査は通ります。

債務整理などをしていない、多重債務も申込む金融機関の審査基準に合えば大丈夫です。
審査に自信がない方は最初から中小消費者金融の申込みで、借り入れを考えてみて下さい。
個人信用情報機関に事故情報があったとしても、審査に時間はかかりますが、内容によっては、審査通過が期待できます。

総量規制限度額に達していない、延滞をしていない、収入があることが条件です。
専業主婦でも配偶者が安定した収入であれば配偶者貸付で借り入れができます。
母子家庭は無理ですが、配偶者が存在しブラックではないことが条件になります。
住宅ローンとカードローン。先に行うのは住宅ローンで、カードローンはあとから使用が原則です。