債務整理をした金融機関では二度と借りれない?

債務整理をした金融機関では二度と借りれない?

債務整理は、キャッシングなどの返済ができなくなった方が、消費者金融などの金融機関に対して、減額を求める行為です。諸事情を踏まえた上で、消費者金融などでは、交渉の下、当初より低い返済額で同意して成立します。

消費者金融では、元金+利息を返済額としますが、債務整理では元金だけになったり、元金も大幅に下げることが出来ます。また、自己破産ではゼロになってしまうことで、消費者金融としては大損になってしまいます。その張本人が、また同じ消費者金融への契約をしようというときに、審査に落ちます。

普通債務整理は、5~10年経てば、その記録が消えるとされています。ですから、10年前の債務整理があったとしても、キャッシングの機会は再び与えられるのですが、債務整理をした消費者金融では、二度と契約ができません。

これは銀行カードローンも同じです。債務整理をした人との契約はしないことになっていますから、いくら申し込んだとしても契約ができないのです。高収入になった場合などの特別な事例もありますが、それでも消費者金融や銀行では、要注意人物として挙げられています。

ですから、昔この消費者金融でお世話になった、債務整理をしたけれど10年も経っているから大丈夫ということはないのです。他の消費者金融の申し込みは、大丈夫ですから、他を当たってみましょう。ただし、最近は消費者金融と言っても銀行の傘下にはいっていたり、グループ化されていることがあります。ですから、同じ系列の金融機関の利用に関しては、審査が難しいかもしれません。

このような事は、全て個人信用情報機関に記録があります。どこで、どんな借金で、債務整理の方法も記録されています。それも瞬時にわかるシステムになっていますから、ごまかしようがありません。金融機関では即座に調べ上げてしまいます。

債務整理したのが、大手消費者金融だとしても、他の大手消費者金融では10年前に債務整理をした人、現在の収入では問題がなければ審査は通りますが、債務整理の内容いかんでは、もう少し猶予が必要になることもあるかもしれません。

一度債務整理をした方が、大手消費者金融に申し込みをするときには、このあたり事を確認してみてください。◯◯消費者金融は△△銀行のグループで、そこでの債務整理をした方は、関連する金融機関でのキャッシングは難しいでしょう。