借入れか債務整理か?結論は一つだと思われる

借入れか債務整理か?結論は一つだと思われる

消費者金融は審査は銀行カードローンよりも甘いですが、何に厳しいかというと、

  • 延滞がある
  • 多重債務である

ことです。

これは、申込をした時点で、この2点がある方は、即返済ができないからここに申込に来たと思われてしまいます。事実そうした事情なのですが、借金返済のための借入れに関しては、あとが続かないことはわかっています。それは申込をしている本人も、今だけなんとかしのぎたい、あとは“なんとかなる”で押し切ろうという態度です。金融業者では、そのようなことがわかった時点で即審査落ちになります。

どうしてもお金が必要な方は、明日までに返済しなければという理由が大方を占めています。返済目的ではない場合においても、延滞の身分でお金を必要としているのは、金融業者でも解せないことでしょう。多重債務の原因として、このようなことを繰り返している方は、もう限界と決めることが必要です。

銀行カードローンも消費者金融の借り尽くした。もうどこからの貸してくれないとなった場合は、新たな借入れ先を見つけるのではなく、今の借金解決のための債務整理をすることです。

ところが、債務整理を拒否したい方もいます。その理由が、借入れができなくなるブラックリストになってしまうからです。また、自己破産になると何もできなくなってしまうと誤解されている方もまだ多いです。

ブラックリストに関しては、審査にと通らない時点ですでにブラックリストになっています。債務整理をしないと、ますます窮地に立たされることになります。自己破産で人生が変わるのは、金融機関の仕事をしている方などです。

仕事を棒に振ってまで、債務整理は出来ないというのなら、それはそれで考えないといけないのですが、自分が金融業者の審査に落ちている事実はどうでしょう。そんな事は言っていられないと思います。そして、大半の方は、自己破産をしたとしても生活には支障はありません。

今、どうしてもお金が必要、来月には返すから。それが本当に実現できるとしても、借入れ申込をした時の状態が最悪であれば、誰もお金は貸してくれないでしょう。ただ、闇金だけは別です。ブラックリストにも対応していますが、ここに借入れをする方は、地獄に行くようなものです。目先の数万円で、人生を落としてしまいます。

自己破産を拒否する方で闇金に走る方は、目先の数万円欲しさになりますが、それはあまりにも浅はかです。審査に通らない身分を回顧すると、自分が今起こすことは、借入れではなく債務整理だと気がついたほうが良い方が多いのは確かです。