中小消費者金融の審査を受ける前に

中小消費者金融の審査を受ける前に

大手消費者金融や銀行カードローン審査に落ちた方で、どうしてもお金が必要な方は、審査の甘い中小消費者金融に行ってみて下さい。キャッシングができる場合があります。

その前に、確認したいこと

大手消費者金融などの審査落ちの原因で、中小消費者金融に行ってもキャッシングができないこともあります。それが、総量規制と延滞、収入です。

貸金業法で定める総量規制は、借入限度額を年収3分の一としています。それを越えたキャッシングは審査に通らないのです。審査の甘い中小消費者金融でもこの総量規制は厳守であり、もし現在総量規制限度いっぱいに借りていて審査落ちなら、中小消費者金融に行っても、審査落ちの理由になってしまいます。融資を受けることができません。

延滞

返済期日を数日遅れるのではなく、1ヶ月遅れとか、数ヶ月放置している状態です。
総量規制は余っていたとしても、信用情報上で大きな金融事故です。

過去に長期延滞をしていた、これも審査落ちになることがあります。
借入をしたいときには、延滞なしの状態でなければ中小消費者金融も審査に通らないのです。
債務整理をしていたよりも、延滞の方が罪は大きいです。

収入

消費者金融では無収入は審査落ち。中小消費者金融も同じです。
申込者が年収があり、勤務先があり、1年以上の勤務年数があることが条件です。

中小消費者金融では2ヶ月程度でもキャッシングができますが、とにかく在籍確認ができる勤務先がないことには審査ができないです。年金生活者、生活保護費は無収入の部類に入ります。

ただし専業主婦だけは、一部の中小消費者金融で配偶者貸付の形での審査ができます。
夫の審査が必要で、同意書や同居を示す証明書の提出が必要です。

利用限度額は大手消費者金融とは少し違う

中小消費者金融のお金の借り方は、小口融資が多いです。
信用情報機関で金融事故がある方は、信用がありません。最初は数万円からしか借りれない、それも総量規制範囲内です。そして、カードローンではなく、銀行口座に振り込みの融資になることが多く、完済するまで次の借金申込ができないことが多いです。

中小消費者金融のホームページでの利用限度額の表示はありますが、金融事故がない、大手消費者金融でも審査通過する方の場合です。

ブラック金融のキャッシングは、数万円借りて完済の形です。
返済実績ができれば、その後の形は変化しますが、契約としては小口融資になることがほとんどです。
保証人や担保は不要ですが、不動産担保ローンなどの商品も取り扱っています。