キャレントの気になる審査基準

キャレントの気になる審査基準

インターネット専用消費者金融のキャレントは、申し込みフォームから簡単入力で審査が開始されます。中堅貸金業者として店舗もない、電話申し込み不可の新しい形です。

ただし、書類の提出は従来の中小消費者金融同様で、インターネット申し込み後審査通過であれば、提出書類を経てキャッシングになります。この手間が大手消費者金融にはない内容ですが、FAXですぐに送信することも可能です。

融資金額は小口融資が有利

中小消費者金融では、最初から希望額を大きくすると借入ができないことが多いです。キャレントも同様で、振込融資の金額は少ないほど有利です。

貸金業として、希望が小さい場合はここに来るのが、大手消費者金融審査落ちであることは重々承知をしています。ブラックであればあるほど少ない金額で、総量規制に少しでも余裕のある希望額の方が好印象になります。

必要書類は、キャレントでは本人確認書類と収入証明書です。そこにある収入で希望額の返済が可能、多重債務者などは他社の返済額とのバランスを確認することになります。それで、オーバーキャッシングではないことが審査基準の最低ラインであり、少し余裕を持った借入がおすすめです。

引き落としの返済

中小消費者金融にはないサービスとして、三菱東京UFJ銀行の口座があれば引き落としでの返済が可能です。

もし、三菱東京UFJ銀行と取引きがあるのなら、返済日にお金を入れるだけで自動的に返済ができます。これは中小消費者金融にはないことであり、たいてい振込で手数料も自分持ちのパターンです。返済回数が多いとこの手数料もバカにならない金額になりますが、キャレントを利用したい方で三菱東京UFJ銀行に口座があれば断然有利です。

新しいネット消費者金融

キャレントは東京に住所があります。ただし、キャッシングには関係のないインターネット内だけの対応です。低コストの営業であり今は少ない形ですが、ますますこのようなネット消費者金融の形は増えることでしょう。引き落としの返済等もキャレントぐらいしかないのですが、キャッシング界に新風を吹き込んだ形です。

フリーローンの他にビジネスローンの展開もあり、利用限度額もともにワイドです。金利が低いこともあり、ブラックではない方の利用もあります。即日審査結果、うまく行けば即日融資、何と言っても、絶対に顔を合わすことのない手軽さなど、今までのキャッシングにはないキャレントには期待です。

とにかく審査基準は甘いですが、延滞者や他社借入がとても多い多重債務者、債務整理者も、内容いかんでは審査落ちになる方もいます。収入証明書がきちんとあり、在籍確認も存在しています。ちなみに、勤続年数は1年、収入も200万円程度ないと審査落ちになるかもしれないという評判もあります。

キャレントはコチラ>>>