審査時間が長いのは困ってしまうけれど

審査時間が長いのは困ってしまうけれど

一般的に審査の緩い消費者金融では、審査時間が長いし面倒なようです。消費者金融大手では、最近は早い審査で即日融資が得意です。いち早くキャッシングができますというのが大きな売りになっていますが、銀行カードローンも同様に、すぐにキャッシングができると宣伝をしています。

しかし、審査に時間をかけるのが、緩い審査が売りの消費者金融です。ただし、問題がない場合は、スピード審査になっている場合が多いです。この審査が早いと言うのは、申込者の情報を、スコアリングシステムで点数化することができるところが早いという話です。

お金を借りる時の申し込みでは、

  • 年齢や職業のパーソナルデータ
  • 過去と現在の借金と返済の状況

を調べます。それを数値化して、足すか引くかで一定の数字で、審査が終了する金融業者が多いです。要するに、全ての情報を独自のデータに変換をしてそれを算出するだけですから、審査にも時間がかからないのです。

そのデータから審査の合否を出す。ここまでは良いのですが、在籍確認は原始的に電話を使うところがほとんどです。これは、その方が、記入した勤務先で働いているかを確かめるためのもので、直接業者の担当者が電話をかけて、◯◯さんはいますか?と言うだけです。

これで、いますなり、今席を外していますと、そこで働いていることがわかればOKということです。大手消費者金融、銀行カードローンの審査は、ここまでで早い方で1時間程度で、あっという間に終わる方もいます。

ところが、審査が緩いところでは、スコアリングシステムがあったとしても、数値化の意味がない方が多いのです。要するに、大手消費者金融でも借りられる方はすぐに、在籍確認をしてお金を借りることができるといいたいのですが、契約書を送付したり、所得証明書の提出などをして、契約の手続きをしなければならないのです。

また、過去の返済などで、債務整理をしていたり、金融事故がある方については、改めてどのような状況なのかを確認したり、関係のない家族の話、返済計画までの話をしなければならない事もあります。それが長期間に渡ったり、さんざん時間をかけて聞いたのにやっぱりダメとこともあります。

審査時間が長いなんてと思われますが、返済の見通しがつかない方ほど、慎重に審議をするようです。それでも大手消費者金融では相手にされなかったのですから、時間が掛かる程度は我慢しなければならないのです。借りられるだけ良かったと思うべきです、本当に借りられたらね。