審査で肝心な収入の取扱について

審査で肝心な収入の取扱について

お金を借りたい方で、収入がない方は審査に通りません。

年金生活者

消費者金融や銀行カードローン審査での収入は、年金や生活保護費は除外されています。
あくまでも働いて得たお金であることが大条件であり、公的資金は収入に入らないとされています。
特に生活保護者の貸金は禁止されています。

専業主婦

銀行カードローン審査では、専業主婦は少額の限度額での借入ができます。
もちろん信用情報の審査をした上で収入ゼロでOKです。在籍確認もなく、20~50万円程度の限度額が、専業主婦枠として設定されています。総量規制対象外の銀行カードローンならではの対応です。

大手消費者金融では専業主婦はNGです。保証会社では収入なしは対象外ですが、中小消費者金融では配偶者貸付制度が適用されるところがあります。クレジットカードのキャッシング枠でも配偶者の収入証明書があれば、審査対象になります。

この時に注意したいのが、夫婦での配偶者の総量規制範囲内がキャッシング対象になります。ですから、夫の審査はもちろんですが、ブラックである場合は、中小消費者金融でも借入ができないことがあります。

また、転職したての夫だったり、勤続年数が少ないなどの信用情報なども配偶者貸付には対応していないことが多いです。なお、生計をともにしていることが条件なので、入籍は問いません。住所が同じであれば、配偶者貸付の対象になります。専業主夫も同じ対応です。

日雇いやフリーター

これは見解が難しいですが、基本的には審査は通らないでしょう。利用者の収入では一定の安定した収入が原則です。季節労働者やたまにアルバイトをしている方の場合、担当者との相談が必要です。

ただし、多額の収入がある場合は別です。年間で500万円がぼんと入るとか、200万円以上の収入証明書が出るなど、大金であるときには相談をしてみて下さい。収入証明書が出れば良いでしょう。

ただし在籍確認ができないと、ここも難しい審査になります。保証会社などでどう判断するか?
審査の甘い中小消費者金融などでは、信用情報などでブラックでも一定収入があれば対応できます。
一定、安定の意味がどこまでの範囲なのか?自営業者を含め、金融業者の見解で審査通過の運命が変わります。

消費者金融各社の判断はさまざま

収入はあれば良いというものではないのですが、申込者の審査判断は、大手消費者金融、銀行カードローンごとでも同じではないです。中小消費者金融では全体的な審査が甘いというだけで、収入に関しては、少し厳しい判断をすることがあります。ただし、小口融資なら、中小消費者金融の対応がベストなのかもしれません。