消費者金融 審査落ち

他社の返済延滞で消費者金融に審査落ちする

消費者金融のキャッシングや銀行系カードローンなどを利用する場合、最初に審査を受けて通過しなければ融資を受けることができません。できるだけ審査落ちせず1回目の申し込みからスムーズに借り入れするためには、審査に通りやすいところを選ぶことも一つの方法です。

銀行カードローンは保証会社も審査を行いますから、消費者金融の方が審査に通過する確率が高いと考えられています。しかし、そのような前提から消費者金融会社に融資の申込みをしても、場合によっては落ちてしまうこともあるでしょう。審査落ちしてしまった場合はいくつかの原因が考えられますが、他社からも借入れをしている場合、返済が滞っているとそのことが原因で審査落ちした可能性が考えられます。

他社から借り入れをしている場合、消費者金融などは信用情報機関のデータベースを照会していることから、延滞中ならそのことがすぐにわかってしまいます。信用情報会社は、カードローンなどの利用実績があればA銀行で借り入れをしていた、B消費者金融から融資を受けていたなどの情報を把握しています。氏名や収入、勤務先などの個人情報に始まり、債務整理を行っているかなどといったことも登録されています。

さらには、申し込み情報に他社からの借り入れ金額などに関して嘘があったり、そもそも借金がないなどの間違った申告をすると、信用してお金を貸し付けできない人だと判断され審査落ちにつながってしまいます。

まず、返済期日が過ぎているのに未払いの借入れがあるなら、まず申し込み手続きの前に支払い終えてから新しい消費者金融に申し込みを行うことが重要です。個人信用情報機関は、常に最新の情報の更新されてはいます。ですが、支払いを済ませた日に申し込みを行っても、まだ返済されていないと誤解されて審査落ちしてしまう可能性があります。

消費者金融の申し込みをする予定があり、他社の金融機関で借り入れをしていてすぐに返済できるようでしたら、申し込みの前日までに返すことで審査落ちの原因の一つを回避できます。