消費者金融だからこそ審査落ちするケース

消費者金融だからこそ審査落ちするケース

お金を借り入れできる場所といえば、銀行や消費者金融などです。銀行と消費者金融はお金を扱っているという意味では似た役割を果たしていますが、それぞれ適用する法律が異なります。

消費者金融の場合は貸金業法という法律に従って運営されていますので、もし順守されていなければ処罰の対象となってしまいます。貸金業法が定めている内容の中に、これから申し込みをして審査を受けるときに影響する規制があります。総量規制です。

総量規制とは、利用者の年収の3分の1までしか貸し付けができないという制限であり、それは業者1カ所だけでなく、他社も含む借り入れの総合計で割り出されます。もし、消費者金融に申し込みをするときに他社から融資を受けていて、すでに年収の3分の1近くまで借金をしているなら、審査落ちしてしまうのは避けられません。

審査落ちをしてその原因がわからないというときは、借入れ合計を算出し、年収の額と比べてみてください。まだ多少余裕があるとい場合でも、年収の3分の1に近い借入金額に達していると、そのことが原因で審査落ちします。

申し込みフォームに希望する利用限度額を申告しますが、審査には通過しても希望額より下回る金額しか融資されないケースもあります。その場合も年収と借金総額を比べてみると、もしかしたら希望した利用限度額を満額借入れすることは、最初から法律で不可能だったということもあるでしょう。

消費者金融では総量規制がありますが、銀行は貸金業法ではありません。消費者金融の審査に通過し借り入れはできたけれど、もっと資金が必要な場合には、銀行カードローンなどに申し込みをすれば年収の3分の1以上の借入れも可能です。

キャッシングやカードローンの審査基準は各社が独自に行っており、どのような方法で行っているかは公表されていません。そのため、もし審査落ちをして直接その消費者金融や銀行に原因を問い合わせたとしても、教えてくれることはありません。こうして原因だった可能性があることを割り出していき、一つ一つ改善していけば、次に申し込みをしたときにいい回答が得られることでしょう。

正確な借入残高がわからなければ、利用中の消費者金融のホームページに会員専用ページがありますので、そちらで確認することができます。ログインをしたいけれどパスワードを忘れてしまったという場合は、消費者金融に電話で問い合わせることで確かめられます。