お金借りる 審査通らない

銀行カードローン審査に挑戦 審査が甘いところもある?

銀行カードローンも消費者金融も、審査に通ることがお金を借りる第一歩です。
各金融機関の審査基準は違うので、自身の信用情報に応じて申込をする金融業者を選ぶことも大切です。

審査に通らないという事

金融業者の審査基準はいろいろですが、銀行カードローン審査と大手消費者金融審査は厳しいようです。信用情報だけではなく、申込情報でも融資対象にならない事もあり、カード発行ができないことがあります。ちなみに、これらの審査通過率は50%を切っているといいます。

消費者金融おすすめサイト、CMなどでは簡単に借入ができるような宣伝ですが、実際はすべての方が借りられているかというと、そうではないのが現状です。この事実を知って、自分だけではないと安心している方もきっと多いことでしょう。

A銀行の審査は甘いって

カードローンの情報サイトでは、銀行カードローン審査が一律ではない場合が多いです。
その理由としては、銀行がカードローン利用者を増やしたい意図があります。

消費者金融と比較して審査が厳しい銀行ですが、カードローン利用者がほしいところも多くあります。最近では、ネットで地方銀行のカードローンも作ることできますから、審査の甘い銀行カードローンなども検索してみると良いでしょう。

個人信用情報機関が違う?

消費者金融と銀行の個人信用情報機関は違います。
審査の段階で、チェックされないと言うことになれば、これはチャンスです。

ただ、銀行の審査範囲の公表はしていないですから、多重債務者には厳しい人かもしれませんが、甘いとされるB銀行は、消費者金融の少しのキャッシングはカウントされないなどの情報もあります。

ただし、総量規制限度に達している、債務整理をしている方については、異動情報が付いています。
これは金融時であり、返済で多大な影響があり、銀行カードローン審査では致命的です。

その他の金融事故であればうまくいくかもしれません。審査の甘い地方銀行のカードローンは狙い目です。ただし、審査通過の保証はありません。

レイクは消費者金融?銀行カードローン?

もともと大手消費者金融だったレイクは、現在新生銀行のカードローンです。
分類的には銀行カードローンですが、業務ノウハウなどは消費者金融のものを使用していることから、大手消費者金融に近い銀行カードローンといえます。カードローン申込のときにちょっと気にしてみて下さい。

無利息期間が多く、お得な返済が自慢ですが、金融事故があれば審査は通らないようです。
また、消費者金融2社以上での銀行カードローン審査は通らないことが多いです。
延滞している、これも審査落ちの原因になりますから、返済をした上で検討してみて下さい。