審査は収入と信用情報がポイント

審査は収入と信用情報がポイント

銀行カードローンや消費者金融は、申し込むだけでお金が借りられるシステムになっています。20歳以上で収入が安定している人に対しては、一定の限度額の融資ができるようになります。CMなどを見ていると、簡単に借りられそうですが、必ず審査があります。銀行と消費者金融では、基準は違います。大きな違いは総量規制と言われます。

総量規制とはキャッシング融資限度額のことで、消費者金融では年収の3分の一と决められています。その決まりが銀行にはない決まりです。しかし、銀行は極端に大きいわけではなく、消費者金融とあまり変わりません。審査では、銀行の方が厳しいのです。

キャッシングに関するどんな関連記事でも、お金が必要なときには銀行カードローンの審査で落ちたら消費者金融に申込をする方が良いということです。そして、消費者金融の方が即日融資の可能性が高いのも確かです。「審査」が曲者ですが、最初のキャッシングのときには間違いなく審査に通ります。

この時の問題と言えば、収入や勤務先です。一定した収入は、正社員だけではなくパートやアルバイトでもOKです。消費者金融では総量規制範囲内での借入ができますが、銀行カードローンでも、限度額は少ないですが借りることができます。

専業主婦は借りられる場所は限定的になります。収入がないことで消費者金融はNGになりますが(一部配偶者貸付もあり)、銀行カードローンは大丈夫ですが、限度額は少額です。未成年者は、どのようなキャッシングもNGです。ショッピング枠があるクレジットカードはありますが、キャッシング枠はゼロになっています。

成人で年収があればお金は絶対に借りられるといいいところですが、信用情報も肝心で、こちらの方が審査のウエイトは大きいでしょう。信用情報とは、過去と現在の借金と返済の状況ですが、延滞や金融事故などがないかを確認した上で、合否が決まります。一応年収はきちんとあるけれど、信用情報でダメで今回は借入ができないということになります。

初めてのキャッシングでは信用情報はダメということではないのですが、何回目かの借入の場合は、自分の返済状況に関しては自信がない方は借入ができない可能性も考えておきましょう。金融事故を起こした場合は、5年から10年以上の間隔が必要とされています。