対象年齢以外の申し込みはできない

対象年齢以外の申し込みはできない

消費者金融も銀行カードローンも対象年齢は20歳からになっています。ですから、未成年のキャッシングは出来ません。高校卒業して就職をしたとしても、です。

19歳の正社員は利用できないのですが、20歳のアルバイトは利用ができます。これは、収入の問題ではなく、成人かどうか、責任が取れる年齢が焦点になります。ただし、ショッピングだけのクレジットカードについては、18歳以上で親権者の同意があれば持つことが出来ます。

また、70歳になるとも申し込みができなくなります。69歳までが規定となっていますが、収入源は年金でも大丈夫、定期的な受け取りで収入とみなされます。この年齢規定は、全ての金融機関で適用されることです。収入だけではない壁がここにはあります。ですから、10代でのキャッシングはできないです。

最近では選挙も18歳からになってきましたが、18歳と言うと高校生も属します。金融に関しては、高校生を対象にすることはできませんから、こうした規定があるのですが、大学生は別扱いになります。キャッシングのときの身分証明書はそんな確認も、もちろんあります。

生年月日の確認といえば、大人ならあまり気にしないことですが、10代ではもっとお金がほしいという年代の方も多いでしょう。しかし、20歳の誕生日までは我慢です。高齢者に関しては、お金がないことで惨めな生活になってしまう方もいますが、こちらは国の保護を求めることです。

金融機関では、高齢者に対しての保証は、70歳程度。中には現役で仕事をしている方も多いですが、キャッシング対象にはならないのが現状です。返済期間にも不安があるのも確かですが、今後の収入確保は確認することができない恐れがあります。

余談ですが、債務整理について、亡くなった方も借金も対象になります。死後、財産を整理しようとすると、多額の負債があることが判明します。財産分けとも関係するのですが、相続人が立ち会うことで、債務整理などで、財産を整理することもできます。

超高齢社会の日本では70歳というと、まだまだですが、死亡リスクは当然上がることです。ですから、金融機関でのリスクの高い方への貸付はしないことを考えると、社会的責任がない未成年と返済リスクが高い70代は除外されるのは当然のことです。どうしてもお金が必要なときには、金融機関以外に頼るしかないことになります。