専業主婦とキャッシング

専業主婦とキャッシング

専業主婦がキャッシングをする際に、審査で年収欄はゼロになります。しかし、配偶者の年収に総量規制をかけて、配偶者貸付として利用することができます。銀行カードローンなどでも主婦向けの50万円程度のキャッシングがありますが、それでは予算が不足しているとかもう少し多額のキャッシングを希望の方に良いシステムです。

しかし、この時に注意してほしいのが、配偶者の総量規制で借り入れを行っていることです。ですから、配偶者が借り入れをしている場合などは、その分貸付額は減ります。

主婦は配偶者に内緒でキャッシング契約をしたい方も多いようです。言えないお金、専業主婦だって何かと入用のことはありますが、そのお金をキャッシングで埋め合わせをしたい方で、どうしてもお金を借りたい場合もあります。

そんな時に、専業主婦などに審査が甘いカードローンは良いのですが、配偶者貸付になってしまうと、配偶者にバレる可能性が高いです。ですから、50万円の限度額で抑えるのが、今の専業主婦の借り入れ状況としては精一杯かもしれません。

この場合、生活費のための借り入れは要注意です。毎日確実に出費が続き、後で埋め合わせが難しいお金はキャッシングなどで賄わないことです。1万程度はいいかと思いがちですが、その返済がきちんとできなければ、生活費をキャッシングしていると、その先もズルズルと借り入れを続けることになってしまいます。