専業主婦と消費者金融 絶対に無理ではないけれど

専業主婦と消費者金融 絶対に無理ではないけれど

専業主婦の消費者金融の利用は原則的にできないことになっています。総量規制が関係する法律では、無収入の方への貸付はできないことになっていて、働いていない方には借入が出来ません。しかし、銀行カードローンは、専業主婦であっても、低い限度額ですが利用ができます。

その銀行の申し込みでは厳しい審査が待っていますが、既に多重債務であったり、ある程度の借入があるときには、審査が通りません。そんな時、消費者金融で借りることができればと思うのですが、無収入には厳しい現実が待っています。

審査の緩い消費者金融では、そんな専業主婦でも配偶者貸付けの形での融資を行っています。お金を借りる事ができるのですが、配偶者の年収を元に総量規制範囲内であれば、配偶者とともにかりることができます。収入があるのは、配偶者ですから、妻だけのカードローンではないのですが、一応保障された収入があることになります。

必要なものとしては、夫の所得証明書と同意書です。利用者が勝手に行う事ができない、夫に内緒で妻が消費者金融を使う事ができない。やはり無収入には辛い立場ということになります。しかし、パートでも収入があれば良いのです。自分に収入があることを証明することができ、正社員じゃなくてもお金を借りることができます。

銀行カードローンなら手軽に持てるのですが、審査が厳しいのです。審査が厳しい銀行が専業主婦にも対象を広げている事ができるのは、総量規制対象外のキャッシングだからです。しかし、銀行系消費者金融の場合は、総量規制も関係から専業主婦は持てないのです。少し複雑なことですが、楽天銀行、三菱東京UFJ銀行等の銀行系カードローンはOK。アコムの申し込みはできないのです。そして、アコムでの配偶者貸付もありません。

審査が緩い消費者金融ではあまり名前は知られていないのですが、全国対応の金融会社は10以上あります。街金でも配偶者貸付に対応している所もありますが。こうした審査の緩い金融機関は少し金利が高いです。

しかし、正規消費者金融であれば20%を超えることはありませんから、計画的な借入をすることで返済ができないことはないでしょう。自身の借り方にもよりますが、そんなに怖い存在ではないということです。ただし、無計画な借り方は絶対に禁止です。延滞をするようなことがあれば、その後も大変ですが、取立などはとても厳しいという口コミ多いです。