携帯電話の料金払っていた?

携帯電話の料金払っていた?

身の覚えのないブラックリストをご存知ですか?例えば、消費者金融を利用している方で、まだ総量規制範囲内の借入で、限度額に達していない場合は、普通に借りられるはずです。

ところが、何回借入をしようとしても借りられない。銀行カードローンでも同じです。返済は遅滞も滞納もしていない、第一先月まできちんと借入ができていたので、何をしたのかな?こんな事態になってしまうことがあるのです。

考えられる事では、携帯電話の料金です。消費者金融の返済はしていたとしても、携帯電話の中の新機種乗り換えの時に機種代は分割をしませんでしたか?その支払を払っていない場合、分割したローンでのブラックリストに乗ってしまっている場合があります。

消費者金融の返済を優先しなくてはならない、携帯電話料金はその後で、ブラックリスト。この携帯電話の料金に機種代が含まれていない場合は、通話が出来ないペナルティだけですが、ローンの延滞は3ヶ月程度でブラックリストになります。

ブラックリストというと、キャッシングの際だけのものと思いがちですが、各種ローンの遅滞などが全て関係します。住宅ローン、カードローン、ショッピングローンなども全て含まれています。これらの支払いをなんとなく伸ばして払っている場合は要注意です。

携帯電話は通話ができなくなってしまうだけで、と考えがちですが、そうなった時点ではブラックリストになってしまう、案外とローンの盲点なのです。ですから、新規の申し込みなどでも、簡易審査は通ったとしても、本審査で通らない。借入もしていないよ、どうして?というときには、携帯電話の支払いは見直してみてください。

それでも審査の甘い中小消費者金融に行くと、携帯電話のローン未払いのブラックリストでも審査が通るとの口コミもありました。もし、大手消費者金融だけでの審査がダメだった方は、中小消費者金融に申し込みをしてみてください。

この時、キャッシング本体の延滞がないことと、収入の確保、返済の見込みがあることが条件です。金利も高くなりますから、返済ができると消費者金融で認定しないと、やはり審査は通ることが出来ません。銀行カードローンなどの申し込みはNG、消費者金融よりも厳しい審査ですから、多分借りられないことでしょう。