審査の甘い街金ってこんな業者

審査の甘い街金ってこんな業者

街金は審査が甘い傾向がありますが、中でも特に審査の甘めの街金の特徴を調べてみました。
審査に自信がない人はこのような街金を利用して、審査通過の可能性を高くしてみませんか?
審査の甘い街金は、このようなポイントで選んでみると良いですよ。

金利の高い街金

金利の高さは街金の審査の甘さを表しているので、年率が高ければ高いほど審査が甘い傾向があります。
法律で上限金利は実質年率20%と決められているので、あくまで上限金利は20%以内の街金に限ります。

例えば、上限金利が17%と18%の街金では、明らかに18%の上限金利の街金の方が審査が甘い傾向があります。上限金利20%以上の金融業者は闇金ですので、絶対に利用してはいけません。

融資金額が少ない街金

街金は、少ない融資金額の方が審査が甘めな傾向があります。
その理由は、少ない融資金額を多くの人に融資したがる傾向が街金にはあるからです。
特に、10万円程度が融資上限金額の街金は、審査が甘めな傾向があります。

店舗で対面審査をする街金

店舗に出向いて対面審査をする街金は、審査が甘めの傾向があります。
電話やインターネットだけでは申し込み者からくみ取ることができない情報を、面と向かって審査をすることでくみ取ることができるからです。情けで審査に負荷を付けるというと、わかりやすいかもしれません。

実際、電話やインターネットでの申込の街金の審査は全く通過しなかった。
店舗に出向いて審査をする街金では、融資を受けることができたという声も多く挙がっています。

小規模業者の街金

街金の中でも少ない人数で営業している街金は、審査が甘い傾向があります。
他の金融業者よりも知名度が低いので、審査を甘めにしないと顧客が集まらないからです。
2~3人での営業や、1人で営業している街金に目を向けてみましょう。

もちろんそのような街金は、店舗に出向いて審査をする対面与信となる場合が大半です。
街金の中でもかなり難易度が低いので、属性や債務性が良くない利用者が多くいます。

ブラックでもOK の街金

ブラックのような事故歴でもOKという街金は、明らかに審査の難易度は低いです。
街金の中にはブラックになって1年以上であれば、属性が良い場合に融資の対象とする場合があります。
1年経っていて返済能力があれば、申し込みを受け付けるという考えです。

一般的なカードローン会社は、個人信用情報機関にブラック情報が記載されている状態では、審査の対象としません。このような街金のキャッシング業者は、多くの顧客をゲットしようとする傾向があるので、審査はかなり甘めといえます。

地域密着の街金

全国対応の街金は人気がありますが、地域密着の街金の方が審査は甘めの傾向があります。
その理由は、地元で頑張っている人に貸付けをしてあげたいという傾向があり、地元の人であれば多少審査を甘くしてでも、貸し出す傾向があるからです。

審査が甘いという口コミが多い街金

インターネットなどの口コミ情報で、審査が甘いという声が挙がっている街金は審査が甘い傾向があります。体験者の声というのは確かな情報なので、口コミの登録情報というのは大変信用出来ます。

いかがでしたでしょうか。
この様な街金であれば審査が通りやすい傾向がありますよ。街金の審査に自信がない人は、このような街金に申し込みをしてみるといいですよ。