街金が審査が甘いと言われる理由は何?

街金が審査が甘いと言われる理由は何?

街金と聞くと、イコール審査が甘いと思う人がいると思います。
誰でも、簡単にお金を借りることができる便利な金融業者と思う人もいるでしょう。
街金が審査が甘いと言われるには、それなりの理由があるようです。
なぜ、街金は審査が甘いと言われるのか、調べてみました。

街金は審査が甘いのか?

街金は審査に甘いのかというと、銀行や大手キャッシング業者と比べると審査は甘いと言えます。
しかし、誰にでも審査が甘いのかというと、そうではないといえます。

街金であっても審査の基準があるので、誰にでも融資をするという訳ではないからです。
例えば、いくら街金であっても以下のような人は審査の対象にはならないこともあります。

  • 無職の人
  • 他社の借入を延滞している人
  • 総量規制ギリギリまで借入れをしている人
  • 申し込みブラックの人
  • ブラックリストに載っている人
  • このような人は、街金でも審査の対象にはなりません。
    そのため、利用できない人もいるということです。
    この様な人が審査の対象になる街金があるのであれば、それは闇金です。
    そのような街金は、絶対に利用してはいけません。

    街金は一般的な属性の人には審査は甘め

    街金は、会社員やOL、パートのような一般の属性であり、銀行や大手消費者金融の審査に通らなかった人には、審査が甘めの利用しやすい金融業者といえます。

    無職やブラックの人では、街金からも厳しい審査を受けることができます。
    属性や債務性が良くない人には、街金の審査は甘くはありません。
    多重債務者や自己破産者、任意整理などを行った人は審査は厳しくなってしまいます。

    無職やブラックでもOKの街金は闇金ですので、絶対に利用してはいけません。
    収入がある一般の人には審査は甘めといえますが、無職やブラックの人には該当しません。

    街金の審査の甘さにより金利は高いリスクがある

    街金は審査のレベルを低くして、ある程度の属性の人ならご利用できるようなシステムとなっています。
    銀行や大手業者と比べて審査のレベルを低くできる理由は、金利への反映です。
    審査のレベルを低くするということは、信用が低い人にも融資を行うということになります。

    信用力が低い人にお金を貸すということは、街金側もそれなりのリスクを背負うので、メリットを受けなければ運営ができません。それが金利です。街金は審査のレベルを低くする代わりに、金利を高くしてバランスを取って経営をしています。そのため、街金は審査は甘いですが金利は高めです。

    銀行や大手消費者金融と比べると、金利が高いことがわかります。
    それは、審査のレベルを低くしているゆえに仕方のないことといえるでしょう。

    信用が金利と借入金額に反映している

    金融機関というところは、信用というのを非常に重要視しています。
    審査をして、簡単にお金を貸してくれているように思えるかもしれませんが、金融機関というのは簡単に相手を信用しません。とりあえず融資をして、使ってもらって様子を見ながら信用を得ていくというやり方です。

    街金はもっと相手を信用していない傾向があるので、その代わり金利を高くして利用してもらうという考えです。信用が低いので金利が高くなってしまいます。信用が低いので、少ないお金を高い金利で貸す。というやり方となります。

    街金は利用者確保のために審査が甘い

    街金は、信用が低い相手との取引となります。
    街金側もリスクが高くなってしまうのですが、街金の顧客はそのような相手しか取引相手がいません。
    銀行や大手消費者金融の審査に落ちてしまうような人まで排除してしまうと、街金は使用者を確保できなくなるからです。そのため、多くの顧客を取り入れて、少ない融資額を高金利で貸し出すという流れとなります。よって、審査は甘いということにつながります。

    銀行や大手消費者金融では借入出来なかった人でも、街金なら審査の対象となって利用できる確率が高くなるのです。その状態を人は街金は審査が甘いというのです。

    いかがでしたでしょうか。
    街金は審査が甘めですが、それは全員に対してではありません。属性や債務性が良くない相手には、審査は厳しくご利用はできません。審査の対象の人には、高金利で少ない融資金額しかできません。審査は甘いですが、条件としてはあまり良くない融資方法ですよね。それでもご利用したい人には、オススメの金融業者といえるでしょう。