申し込みブラックには気をつけて

申し込みブラックには気をつけて

金融機関からの借入では審査が存在します。借りられないことになると、ついあちこちの消費者金融や銀行カードローンに申し込む方がいます。この回数が多ければ多いほど、ますます信用情報に傷がつきます。これは申し込みブラックと言われることです。

現在、インターネットではお金の借入の申し込みのときには、必要事項を入力しただけで、お金が借りられるかどうか賀わかります。その時に、名前や住所などを入力することで、申込者がわかり、金融機関で個人情報機関に照会をします。

そのときにキャッシングができる状態ではないと判断されてしまうのですが、数分後同じ事を違う金融機関からの照会になります。この人はよほどお金に困っているんだと思われることになりますが、これが悪印象になるだけではなくも半年間同じような審査で通過しないことになってしまいます。申し込みブラックは案外と怖いことなのです。

少しでも早くお金がほしい時にしてしまいがちなことですが、1つでも審査落ちした場合は、今借りられる状態ではないと判断してください。ただし、この申し込みが銀行カードローンの場合、次に行う申し込みが消費者金融であれば、借りられる場合があります。銀行と消費者金融の審査の違いです。

カードローン契約では、専業主婦は消費者金融では審査落ちします。配偶者貸付の方法もありますが、この時に提出書類が多いので、すぐに申し込みができない事になってしまいます。専業主婦がどうしてもお金が必要で、銀行カードローンがダメな場合は、この場でのキャッシングはできません。

消費者金融には審査の基準が違う大手と中小があります。大手の方が厳しいのですが、中小消費者金融の中には、大手消費者金融で審査落ちした方でも借りられる場合があります。中小消費者金融に申し込みをした時に、「申し込みブラック」になっていたよと言われる場合もありますが、審査の甘い中小消費者金融では、一応申し込みブラックも対応してくれる場合が多いからです。

こうして、なんとか中小消費者金融でキャッシングができる可能性もありますが、即日融資をしていなかったり、来店で本審査を行うところもあります。そうなると、すぐにお金が入金されなかったり、来店には遠いという事もありますから、選択肢は間違わないようにしましょう。