審査が厳しい自営業者と住宅ローン保持者

審査が厳しい自営業者と住宅ローン保持者

金融機関や金融業者からのキャッシングで、審査が大変とされるのが自営業者です。
カード会社では、自営業者の属性はパートやアルバイト以下になっていることが多いです。

在籍確認の存在

審査の過程で必ずあるのが在籍確認です。会社員、パート、アルバイトでは必ず勤務先を記入します。
金融機関では、そこに電話をかけて在籍確認は必ず行います。もし、その電話番号で使われていない、在籍していないことがわかれば、無収入ということになります。また虚偽申込で、審査に落ちます。

ところが、自営業者は自分が社長になります。在籍確認で、自分が電話に出る、当然のことですが、第三者的な在籍確認ができないことになります、そこで、確定申告書提出などで収入がある証拠はありますが、給与としてもらっていないことで、事業の不安定さが残ります。

それでも金融事故もない信用情報があれば、ある程度の信用を勝ち取ることができますが、金融機関では属性としては、収入が多い自営業者だとしても、パートの方が属性は上なのです。保険証も国民健康保険という点でも、社会的信用も低いのです。

住宅ローンやカーローンを持っている

案外と盲点なのが、この信用情報です。収入に対して、かなりの負担を強いている住宅ローンがあると、審査は難しいです。高い返済能力があるのは、他社借入が少ない事も起因していますが、その一つが住宅ローン場合、カードローン申込での審査落ちもあります。

ローンカードを持ったとして高い利用限度額があっても、返済優先順位が住宅ローン第一になったとしたら、と言う懸案材料ができます。高級車のカーローンも同じことですが、この高い目的ローンカードを持っている方の場合は、審査の際には気をつけなくてはならないでしょう。

確実に審査を通す方法

まず延滞をしていない、消費者金融での総量規制範囲内の多重債務者であることが条件です。
収入証明書が出る上で、中小消費者金融や街金の申込を件として下さい。

基本ブラック対応の中小消費者金融では、カード会社は少ないですが、ほしい金額の振り込みキャッシングが主流です。要するに、利用限度額◯円という借り方ではなく、今回は5万円貸してほしいという申込の仕方です。

最近はカードローンがある中小消費者金融もありますが、あえてそうした利用ではなく、◯万円の借金申込です。ブラックではない場合は、即日融資も可能ですが、勤続年数が長いとか、任意整理などの債務整理をしていない、多重債務も2社程度なら、審査は通ることが多いです。

最初から審査の甘い中小消費者金融の利用方法は大手消費者金融とほぼ同じです。
ただ、少し金利は高いですが、20%を越えることは絶対にありません。