大手はどこも貸してくれない

大手はどこも貸してくれない 信用情報


キャッシングを日頃からご利用されている皆さんに言っておきたい事があるとすれば、信用情報だけは絶対守り抜いてほしいという事です。いざお金を借りる時に、信用情報次第で正にローンで審査が通るかどうか否かが決まると言っても過言ではありません。

信用情報とは、簡単に言えば消費者金融や銀行共通の審査の際の判定基準となります。例えば、携帯電話代や他社借入分などを延滞にしていたり、未返済の状態が続いているような人であった場合は、信用性を裏切る行為で信用を侵害する者として、信用情報の取引履歴などに事故情報として登録されてしまう事となります。

どの業者も大手においては信用情報が信頼出来る人であってこそ、融資と貸し付けが可能になるるので、出来るだけ事故情報とは無縁でいたいと願います。ですが、どうしてもお金を借りすぎてしまったり、他社の借入などが増えてくると返済状況が厳しくなってしまい、支払えない=お金が借りれないという事となってしまう人が多いのです。

これらの金融事故を業界では『ブラック』と言うのですが、こうなってしまうとどんなに働いて頑張っている人だったとしても、大手のカードローンではお金が借りられないので気をつけましょう。だからこそ、信用情報には無傷な状態を維持しておく事が大事です。

大手にとってブラックへのキャッシングなんて有り得ないし、どんなに借りたいとお願いされたとしても、常識的に考えたら業者側から無理と言われて当然の結果でしょう。それでも何とかして融資を望みたいのであれば、中小消費者金融などの小規模消費者金融でお金を借りるしか無いのです。もしくは、闇金になってくるわけなのです。

いずれにしても、信用情報にブラックが登録されてしまった人では、大手は何処も貸してくれない状況となるのはもはや逆らえない運命となります。こんな状態になりたくないと強く思うようなのでしたら、信用情報だけは絶対にブラックにならないよう、守ってあげるようにしておきましょう。

信用情報にキズを付けなければ、大手のカードローン審査に通らないという心配も半減する事でしょう。ですから、信用情報はそれだけキャッシング審査にとって大事な判定基準です。必要不可欠なものとなります。ブラックの人とブラックじゃない人では、明らかにに申し込みの差があるのです。

これからブラックにならないように努力出来るかどうかで、今後のキャッシングの出来るか否かも大きく左右されるでしょう。ですが、既にブラックになってしまった人は残念ながら、信用情報からブラックが消えるまで大手のカードローン申し込みは諦めるしかなく、それ以外の方法で借り入れ方法を検討するようにするしか無いという事になります。

大手はどこも貸してくれない ブラック


自分が今ブラックなのかどうか知りたいと思っている方は、契約した際の電話番号によって信用情報の開示を求める事がネットから出来るようになっております。もしもお金が借りたいと思った時に審査に通らない時の事も考えて、自分がブラックなのかどうなのかを事前に調べておくのも、キャッシング申し込み時には心強い事かもしれません。

ただ、何もわからないで消費者金融などへ借り入れを希望する事はある意味、審査に通らなかった際に信用情報を汚す結果となってしまいます。下手にキャッシング申し込みをすると、審査が通り辛いものとなるので、注意をしましょう。

しかしながら、今回が新規で契約している初めてのキャッシング利用者なのであれば、信用情報の心配をする必要はありません。ですが、以前からカードローンを利用している人であって、何処かに事故情報が記録されているとすれば、カードローン審査では大変不利な状況となってしまう事が考えられる事だと思います。

大手のカードローンの審査には生半可な気持ちで申し込むと痛い目に遭うので、出来るだけしっかり自分がお金が借りられるかどうかの目安として、信用情報の開示を求めておくと良いでしょう。さらには、今契約しているカードローン又はクレジットカードなどで事故情報が無いかどうか、それだけでも知っておく事で、大手で借りれる人か借りれない人なのかの大まかな判断基準にはなる事だと思います。

もしブラックじゃない人でしたら、ブラックじゃないからと安心するのではなくて、最低でも申し込み回数は1~2社に留めておいて、希望先のキャッシング会社には同時申し込みをするようにしておきましょう。これはある意味、何度も消費者金融や銀行に借り入れ申し込みをして、申し込みブラックになってしまうようなリスクを回避出来る重要ポイントとなり、キャッシング方法と言っておきましょう。

ブラックじゃないからと安心してキャッシングを繰り返していると、多重債務などで借入制限が掛かってお金が借りられない事もあるようなので、ブラックじゃない人であっても油断は大敵となります。ただ、これらはあくまでブラックじゃなかった人に言える事となります。

もし信用情報の開示を求めて、自分が現在ブラックだとわかってしまった場合は、即大手カードローンへの申し込みやご検討を一切をやめて頂き、大手では借りられない人でも借りやすいと言われており、ブラックでも借入出来る中小消費者金融からお金を借りる事を優先するようにして下さい。

信用情報のブラックは自分側では消す方法がありません。当たって砕けろで申し込みしたとしても、審査には絶対通らないものとなっており、大手のカードローン及びキャッシング融資は1%の期待も出来ないとだけ言っておいても良いです。大手から今までのようにお金を借りたい気持ちもわかりますが、信用情報の信憑性は審査にとって絶対となりますので、ブラックがあれば必ずお金が借りれない事となるのです。

ブラックの主な原因としては代表的なものでしたら、今ある借金からの開放や借金の減額を法的手段で解決実行する債務整理が大半となっております。資金的に余裕がなく、今後の返済が見込めない人や多重債務をクリアする為の致し方ない手段として、これらを実行する事で誰しもブラックとなってしまうわけなのです。

という事は、過去数年前に債務整理をしている人がまだ時効ではなく、現在もブラックだったとしたら大手では何処もお金を貸してくれません。その他のキャッシングで望みがあるとしても、何より中小消費者金融だけしかないという事となります。審査が甘い業者でも大手だったらお金が借りれないので、審査が甘いだけじゃなくてブラックOKと言ってくれる中小消費者金融のご利用が、ブラックのキャッシングには絶対に必須だという事となります。

しかし、どんなに審査が甘くてブラックOKの業者でも大手と違って、ハイリスクな違法業者もいるので騙されないようにしなければいけません。あまり知らない業者であれば闇金の恐れもあるので、思い込みでどんどん借り入れしないようにも気をつけて下さい。

本来ブラックじゃなければ、アコムなどからノーリスクで安全にお金が借りられるものなのですが、ブラックである以上ある程度リスクを背負いつつ、覚悟を決めてキャッシングするしかないという事になります。そして、ブラックが大手で借りられるようになるまでは、この危ない綱渡りがずっと続くという事となるのでしょう。

大手はどこも貸してくれない 闇金


貴方は近年に債務整理を考えていますか、もしくはもう債務整理されてしまいましたか?お金を借りる時にキャッシングの成功の鍵を握っているのが、ご自身の信用情報となります。

もしも、ブラックになって間もない人や、債務整理後のブラックによってブラックリストに登録されている人となれば、残念ですが何処もお金が借りられないと思います。信用情報機関に登録された事故を無い事にする方法なんてありませんから、過去に一度でも信用を害する情報があるのでしたら厳しく審査されて大手のカードローンへの申し込み、融資は否決とされてしまいます。

借金が嫌で債務整理をした人や、多重債務がとにかく苦しくて破産してしまった人ならば、信用情報の回復及びブラックからの復帰には時間が掛かるのです。よって、違法業者を利用するかもしれない覚悟を持って、中小消費者金融などからお金を借りるしか方法が無いのです。

勿論、健全な大手の金融会社のような対応をしてくれる小規模消費者金融は多数実在しています。ですので、ちゃんと見極めれば違法業者に騙されないようには出来る事だと思います。けれど、闇金撲滅活動が盛んになっているとは言えど、闇金業者も現役で活動している所は広がっているようなのです。

中には、ネットの個人融資での闇金被害の拡大や、ソフト闇金という優しい闇金と言われている業者による被害などもあるのです。大手でお金が貸してくれないと諦めた人が、中小消費者金融と思い込んでお金を借りたいと申請したら、闇金であるケースがもはや定番と言っておいても良いでしょう。

ブラックの人がお金を借りる行為は一種の賭けにも似たようなもので、コインを投げて裏か表か運命を占うコイントスでしょう。半ば運任せな所もあったりするので、失敗すれば闇金からお金を借りる可能性が高くなるのは言わずとも知れた事実となります。

特に街金でブラックOKなら審査も甘いしお金も借りやすいし、中小だから安心と言う人もいるかもしれません。しかし、結局利用してみるまではわからないし蓋を開けてみるまでは真実はわかりません。少なくとも、やっぱり違法業者だったとなるケースがあるのです。

ブラックの人の現状では、大手で借りれないブラックの人が無闇に申し込んだり、お金を借りようとしても100%お金が借りられない事でしょう。こんな時に焦って中小消費者金融を探していたりすればアウトです。激甘審査による闇金や違法業者が忍び寄ってくるというものですからね。

たとえ、ブラックの人が見事融資が受けられたとしても、連帯保証人や有担保、あり得ない金利による返済請求、違法行為、脅迫行為、嫌がらせなど、その実態は闇金だという事をお金を借りてから知る事になるでしょう。街金が闇金となっている可能性は絶対否定出来ません。ブラックで借りれる業者が、みんな健全に利用出来る街金では無いという事となります。

したがって、ブラックの人が大手で借りれないデメリットは、闇金に遭遇しやすいという事がネットの口コミや体験談でも明らかです。ブラックの人がお金を借りたい借りたいとばかり思っていますと、知らないうちに気付けば闇金の厄介になっている事にもなるのです。

ブラックと闇金はある意味腐れ縁でしょう。いつの時代も切っても切れない関係でいる事に変わらないですので、ブラックであれば尚更慎重に見極めてお金の借り方を間違えないようにしないといけません。

大手はどこも貸してくれない現実


大手の消費者金融や銀行カードローンなどが、キャッシング申し込みをして相手にしてくれなくなったら、本人はピンチの立場だと思って下さい。何がピンチかと言いますと、おそらくブラックになっている可能性が高いんです。

このブラックという事故情報が今後の自分のキャッシング生命を途絶えさせてしまう事となるでしょう。そして、何処もかしもお金を貸してくれない所ばかりとなり、生活費に困ってお金が借りたい時や急な出費などでお金が借りたくなった時、分割払いで購入したい時など全てで不可能となってしまうのです。

ですから、何よりピンチの状態となるわけなのです。当然、こんな状態全くあり得ないと思う人も多い事だと思われますが、ブラックはそれだけ『苦しい』というものなんです。こればかりは債務整理後であったり自己破産後、又は借金返済をしなかった罰として下される事となります。例え弁護士が借金を解決してくれたとしても、その後のブラックまでは解決してくれるというものではありません。

ブラックになったらネットでも有名で、審査が特に甘いと言われているカードローンの審査にも通らない事が増えてくるので、精神的にもやっぱり『苦しい』ものとなります。有名所で言えば、楽天銀行のスーパーローンや消費者金融アコムなど、至ってお金の借りやすい消費者金融や銀行からも融資を受けられる事が出来なくなります。精神的ダメージは結構でかい事になると思います。

しかし、それでも人はお金が必要となりますし、例えブラックであってもお金が借りたいと思う瞬間は、これからにおいて一生ツキモノだと思われます。このピンチをどう逆転すべきかどうかが、自分の今後の人生にとっても大きな課題となってくる事でしょう。

一番簡単な方法としては、ブラックが消える間は何処の大手のカードローンにも申し込まないし、利用しない事です。どうせ大手に申し込んでも借りれないのであれば、これらのキャッシング申し込みを断ち切ればいい!!口で言うのは容易い事だと思いますが、現実となってくるとそれでは乗り越えられない場面も出てくる事だと思います。

それではいっその事、闇金からお金を借りればいい!!ブラックでも借りられる方法として簡単に思いつく方法ならば、恐らく闇金となるのでしょう。しかし、これも高い金利などを凶悪なグループから返済を要求されたり、いつどんな嫌がらせが来るかわからないともなるのです。それに加えて、お金を借りる意味がはじめから無いに等しい事となるので、健全なお金の借り方とは呼べないでしょう。

結論を言うのであれば、中小消費者金融や中堅の街金といった大手以外の業者から、面倒でもネットなどで利用者の口コミや体験談を比較しながら、うまく見極めてアタックしてみるのが一番良い方法となるでしょう。これが、闇金を利用しないで大手より審査の甘い基準でお金を借りる方法となる事だと思います。

つまり私が言いたいのは、ブラックでも安全にお金が借りたいのであれば、多々面倒でも情報検索をしながら苦労して見つけるしか無いという事となります。ブラックになっている人は恐らく借金を放置していたり、債務整理などでチャラにしたり楽になる方法を一度は選んでいるという事となりますが、その代償として考えて今のブラックの状態になっているのです。

ですので、その時に楽した分は苦労しなければいけなくなるという道理です。ブラックで一度借金から開放されたのに、簡単にお金が借りられる事があっては世間的に考えましても、罷り通らない事だと思えますからね。だからこそ、大手のカードローンなどで審査に通らない人や、ブラックで何処のキャッシングも出来ないような人であれば、闇金覚悟で中小消費者金融を探す努力は必要です。面倒でも違法業者をうまく見極めて掻い潜り、ブラックでも借りられる業者を見つけなければなりません。

ブラックでは簡単に融資は受けられないし、債務整理なんかして楽した人に簡単にお金を貸すような真似も出来ない事でしょう。これで闇金被害に遭ってもブラックなんだから文句は言えません。ブラックの人が普通の人同様にお金が借りられるという事自体が、本当ならばあり得ない話なのです。色々な苦労を重ねて借りられるかどうかという事を、よくよく自分で理解してからお金を借りるようにしなければいけませんよ。

厳しい言い方かもしれませんが、ブラックになってしまった以上これが避けても通れぬ現実です。現に世間から見ても白い目で見られたり、冷たい視線や言葉を浴びるのは確かでしょう。それでも尚、キャッシング申し込みしたいしブラックでもお金を借りようとすれば、闇金や違法業者に騙されたり、キャッシング被害に遭って自業自得だと思われてしまっても仕方の無い事でしょう。

ブラックでお金を借りるなら、被害に遭っても誰のせいにも出来ないし文句も言える立場でもありません。全ては自分自身がブラックであるというのが何より自己責任です。ブラックでもお金を借りようとする反省すべきなのかもしれませんし、改めるべきなのかもしれません。

ハッキリ申しますと、金融ブラックの人のキャッシングに未来はありません。大手で借りられるまでは騙されないようにしていても、闇金から借りる事もあるかもしれませんし、キャッシングで失敗する事も大いにあるでしょう。しかし、このような事態は最終的にブラックという現実によって起こり得る事です。お金を借りる事だけのメリットを考えすぎたがあまりの末路でしょう。

それでもまだお金が借りたいと思う人がいる限り現状は変わらないですし、ブラックで借りれない人が繰り返す運命です。痛い目に遭ってもお金を借りたいと思う人がいて、もはやこのブラック人生をやり直したいと誰も思わない限り、この問題自体が改善される事はありません。ですので、今後もブラックで苦しむ人が増え続ける事になるでしょう。

ブラックでお金を借りるという意味を、今一度深刻に考え直してみて下さい。いくらお金が必要でお金が借りたいからと言って、ブラックの人がこれからにおいても、危険を冒してまでお金を借りる意味が果たしてあるものなのでしょうか。

私にはブラックの人が無理に審査を通そうとしたり、お金を無理矢理借りようとする意味がわかりません。結局自分の首を自分で締めている行為にという事を、何故誰も気付けないものなのでしょうね。大手で借りれなくなった人は自分の胸に手を当てて、その時は深く反省して下さい。むしろ、ブラックの人がお金なんて借りないで下さい。

大手はどこも貸してくれない 中小消費者金融


自分の信用情報に事故情報がある場合、それは誰もが改ざんする事は不可能です。よって、ブラックリストに登録されてしまったら、信用情報が消費者金融、銀行、信販系共通で共有される事となってしまいます。

何でブラックになったんだろう。どんなに良い人でも借金の返済が怠ったり、完済出来ない状態が長く続いているのに借り入れを繰り返ししたりする人がいれば、借金は全然減りませんよね。だから、借金問題を帳消しにしたいとか法的手段で返済の見直しがしたいと思って弁護士に相談をすれば、債務整理する事となるのが一般的な流れとなるでしょう。そして、債務整理によって借金が減ったり楽になっても、結局のところ借金を払わなかったバツは下される事になります。

このような事が原因でブラックになってしまうと、もう大手はどこも貸してくれないという事となりますから、当然審査も落ちますし大手からの融資も諦めるしかない事になるのです。なので、ブラックになった自分を責めていてもブラック時効が来るまで消えないので、自分を責めるより解決方法を見つける事を頑張るしかありません。

ブラックでも借りられる金融ならあります。とは言っても、ブラックで借りるという事自体があり得ない事となってしまうので、あり得ないお金の借り方ともなれば、違法業者や闇金が近寄ってくる事だとも考えられます。カードローン審査に通らないからといって、無審査でお金を貸してくれる業者なんかを利用すれば、すぐに違法業者の餌食となるでしょう。

したがって、審査をちゃんとしっかりしてくれて、ブラックでも借りれる金融の街金でお金を借りるようにしなければいけません。でなければ、闇金や違法業者を利用する事で違法金利に泣くのは絶対的となりますので、このような業者がいくら無審査でお金を貸してくれてもメリットが無いとだけ言っておきましょう。むしろ、高金利による違法な利息を取られて、尚も返済負担も大きくなるのです。すぐに返済出来る見込みは失われ、どんどん返済地獄へ誘い込まれていく事なるでしょう。

では、大手以外の何処から借りれば安全なのか?理想としては、金融ブラックでもお金が借りられる大手のようなしっかりとした中小消費者金融、そこからお金を借りるのが一番ベストです。見極めるのが難しいと思われる人もいるかもしれませんが、それ位苦労して見つけないとなりません。でなければ、楽にお金を借りようとばかり考えていたら、見事なまでに闇金にひっかかってしまう事となります。

この手の違法業者からは絶対に借り入れしないし引っかからないようにする為にも、どんな事情があるにせよブラックでも借りられる健全な消費者金融を選ばなければいけません。つまり、貸金業者として違法ではない、真っ当な中小消費者金融へキャッシング申し込みをする方法を選びましょう。

現在クレジットカードやカードローンが使えないような人や、大手の審査に通らない人であっても心配無用です。ブラックの有無や借入履歴の信用情報よりも、今現在の働き先での自分の年収又は収入などの属性情報によって審査を重視してくれる、中小消費者金融からお金を借りる事が出来るので、ブラックの人ならばコチラに積極的にキャッシング申し込みされる事をおすすめ出来ます。

とは言っても、ブラックでお金を借りるわけなのですから、二度目の債務整理は難しくなる事になります。ですので、キャッシングは慎重に行うように心がけて下さい。いくら何でもさすがに二度目、三度目の債務整理ともなれば、弁護士も呆れて力を貸してくれないでしょうし、いつまで経ってもブラックが終わらない自分の人生という事となります。

ブラックでも、時が経てば時効となって銀行や消費者金融の信用を回復出来るものですので、無闇にお金を借りすぎて大手はどこも貸してくれないという状況にならないように注意しておきましょう。でなければ、一生ブラックになる事だってあり得ることになりますよ。つまり、一生お金が借りれないしローンが組めない、これから先が全然見えないという悲しい人生になってしまう可能性が十分にあるのです。

ブラックなら中小消費者金融でコツコツて安全にお金を借りつつ、ブラックが消えるまで辛抱していって下さい。それが出来なければアウト。ずっとブラックか或いは、違法業者に騙されたり闇金などそれ以上の地獄を見る事になるでしょう。