審査の甘い街金でも審査が通らない場合は非正規業者を利用すべき?

審査の甘い街金でも審査が通らない場合は非正規業者を利用すべき?

街金は審査が甘いといいますが、それは全ての人に該当する訳ではありません。
街金の審査に該当しない人は審査に通ることはできません。
審査の甘い街金の審査に通らない人は、どうすればいいのでしょうか?

街金の審査に通らなかったらどこを利用すればいいのか

街金は金利が高い代わりにリスクが高い人にも融資を行いますが、審査に通ることができない人もいます。複数の街金の審査に落ちてしまうと、もうどの街金も審査は通らないのではと思う人も多いとおもいます。

そこで思いつく業者といえば、非正規業者ではないでしょうか?
非正規業者は高金利で貸し出しをするので、街金の審査に通らなかった人に融資を行います。
街金の審査に通らかった人にはうれしい金融業者ですよね。

非正規業者というのは、とにかくすぐに貸してくれます。
街金の審査に通らなかったら非正規業者を利用しようと思うかもしれませんが、それは危険な行為です。
非正規業者というのは、いわゆる闇金という業者です。

なぜ闇金は、街金の利用ができない信用に欠けているような相手に融資を行うことができるのでしょうか?その理由は、強引な手法で取り立てをする自信があるからです。
どのような手段を使ってでも、非制業者は必ず融資金額を回収します。
昔TVドラマで観たような怖い取り立てが現実に起きてしまいます。
そのため、相手を選ばず簡単に融資をするのです。

そのような業者を利用するということは、当然危険ということがわかると思います。
ですから、非正規業者の闇金は利用してはいけないのです。

金利の上限が20%以上なのは非正規業者

1つの街金の審査に落ちても、他の街金の審査を受ける人は多くいると思います。
その際に気を付けてほしいのが、非正規業者に引っかからないことです。

正規業者と非正規業者の簡単な見分け方は、上限金利の高さです。
現在法律で決まっている金利の上限は、20%です。
非正規業者は金利の上限は20%以上になっていますので、すぐにわかります。

金利の上限が20%以上の金融業者は非正規業者なので、絶対に利用してはいけません。
以前は法律が違ったので、金利の上限が20%以上の正規業者も多くいました。
しかし、現在は法律が変わり、20%以下の上限金利にしないといけません。

最後に確認すべき街金とは

街金の審査にとことん落ちてしまった人でも、盲点になっている部分があります。それは小規模な街金の存在です。街金の審査に落ちまくっている人は、有名どころの大きめな規模の街金ばかりの審査を受けている傾向があります。

街金には様々な業者があり、大きめの規模の街金や小規模な街金もあります。
ここで注目してほしいのが、小規模で運営している街金です。
少人数で運営している街金であり、下手すると1人で運営している街金もあります。
この様な小規模な街金は、街金の中でもさらに審査の基準が低い傾向があります。

小規模な街金はインターネットでの申込が出来ないので、直接店舗に出向いての申し込みや契約となります。小規模ゆえにマンツーマンで審査をして利用者の状況を細かく把握して、審査の対象としてくれる傾向があります。一か八かで、チャレンジしてみることをオススメします。

いかがでしたでしょうか。
街金の審査にとことん落ちまくっても、非正規業者の闇金だけは絶対に利用してはいけません。融資を受ける場合は、優良業者から融資を受けなくてはいけません。まずは、小規模な街金の審査も受けるようにし、借入れができないのか審査を受けるようにしましょう。それでも借入ができない場合は非正規業者のような闇金の利用ではなく、公的な融資や債務整理などにも目を向けるべきといえます。