融資できない人が10万作るには

融資できない人が10万作るには

融資できない人といっても、消費者金融の申込先により、その後の行動が変わります。

大手消費者金融と銀行カードローン

大手消費者金融カードローン、ネット銀行を含む銀行系カードローンなどの審査落ちでは厳しい審査ですから、その先があります。それは、甘い審査の消費者金融です。大手消費者金融Aでは、他社借入2社以上はNGとあります。これが中小消費者金融に行くと、3社までは良いと多重債務の審査がガラリと変わります。

総量規制範囲内で利用者の限度額で余裕があるのなら、10万円のキャッシングもできないことないです。ただし、初回の10万円はブラックにしてみれば厳しいようです。

たいていは、ブラックが中小消費者金融で利用できるのは5万円とされています。それでも、大手消費者金融などでの融資ができない人にとって、こうした中小消費者金融の存在は大きいです。

中小消費者金融の審査落ち

中小消費者金融の審査基準では収入の安定、延滞がないが一番です。その上で、総量規制限度内だけの融資が前提になります。

信用情報のブラックに関しては、延滞にはうるさいですが、あとは返済記録の堪忍。過去に完済があれば、審査は有利になります。しかし、10万円の保証はありません。

中小消費者金融キャッシングは、一応返済能力のあるブラックなら融資もできますがスタンスです。借入限度額に余裕があり、貸付ができる条件が揃っていることが最低限必要です。そして、最低ラインの場合は数万円しか借りることができないでしょう。

ここで返済能力がないということになると、審査落ちです。ローンカードから始まり、甘い審査の中小消費者金融も審査落ちということになると、その先は何もないです。他社借入件数が多すぎ、収入が低すぎなど理由は多いですが、この先の消費者金融はゼロです。

いよいよ債務整理

10万円のキャッシングは、ブラックにとっては造作ないことです。年収が100万円あれば余裕の借入です。カードローン利用者にとっても、最低返済額で長期に返済をしていけば生活費にも影響はないでしょう。

しかし、それができない。既に他社から借りている場合は、最低返済額といっても負担は大きいです。そして、やがて不良債権となってしまうのは目に見えているのですから、金融業者としても簡単に審査通過させないのです。

金融事故といっても、中小消費者金融審査落ちの場合は相当大きなものです。債務整理しかないと言う合図ですが、それでも抵抗してしまう方はヤミ金にいくことがあります。ここなら、事情を話せば10万円を作ることは簡単です。

多分審査なしで即日融資もできますが、一体いくらの返済になるのでしょう?そんなことをきちんと考えたのなら、ヤミ金には行かないのが常識ある行動です。したがって、必要なお金と返済しなくてはならないお金の計算はきちんと行いましょう。