審査なしローンは無いですが甘い審査は存在します

残念ながらキャッシングには必ず審査があります

大手消費者金融にはあるって知ってたけれど、中小消費者金融にはないんじゃない?口コミでもブラックの人でも借りられると聞いたけれど。

それがあるんです、中小消費者金融にも。

消費者金融の審査とは?

大手消費者金融も中小消費者金融も銀行カードローンも、キャッシングの申込者の個人信用情報機関の照会をします。

申込情報には、自身の住まいと勤務先などが書かれています。これを全て確認するだけ、それが審査です。頭が良いとか、◯◯大卒、上司と不倫をしていると言った情報ではありません。

全てお金に関することで、

  • いくら借金をしている→多重債務の有無
  • いくら返済をしている→借入と返済状況
  • 返済できなかったときがある→債務整理の有無
  • 今返済している→延滞の有無
  • 収入がある仕事している→在籍確認

などです。

専業主婦は収入がないので、消費者金融の本人カードを作れません。特例で配偶者貸付の形になりますが、中小消費者金融しかない制度です。

消費者金融の審査基準

それぞれの金融会社や金融機関、金融業者で基準が違います。どのくらいがだめなのか、この程度は良いと言うのを、大手ではコンピューターのスコアリングシステムで、中小消費者金融では担当者が目と手で確認をします。これが消費者金融キャッシングカード審査の概要です。

要するに、途中で返済をしていない、債務整理後などは事故情報としてブラックと言われるのです。個人信用情報機関では異動情報とされるのですが、そのような方をどういう扱いをするか?大手では審査落ちですが、中小消費者金融では借りられる、審査基準が甘いからという結論になります。

総量規制と多重債務

基準が全く同じなのが、利用限度額の総量規制の扱いです。年収100万円の方に1000万円を貸せるか?というとそうはいかないです。

そこで、消費者金融では総量規制と言って、年収の3分の一を限度額としています。その間の借入は原則自由です。複数借りても良いのですが、大手は2社、中小では3社程度が審査基準です。それ以上は金融事故情報になります。

審査なしのカードがある?

それは銀行系のデビットカードです。見た目はキャッシングのようですが、実はカードで使えるお金は自分の預金残高です。まるでカード決済のように使えるのですが、同時に通帳から引き落とされるというものです。

もちろん審査なしでローンのような形ができます。債務整理などでカードを使えない方に、スマートな会計のときの必需品です。デートや会社の関係で、カード決済しなければならない方にはなくてはならない存在です。

ちなみに、キャッシングは無関係です。信用などは必要なく、借入額ではなく全て自分のお金です。

カードローン、クレジットカードは審査ありきのもの

金融業者にしても信用がおけない方にお金を貸すことはできません。審査があってこその信用の確認ができます。

もし、審査がなければ、消費者金融そのものが営業できるものではありません。審査落ちの電話連絡などをもらうと、審査なんてなけりゃ良いのにと悪態をつきたくなります。しかし、審査落ちの原因は自分です。さっそく審査なしのデビットカード、作りましょうか?

契約書、審査なしのキャッシング

昔存在していたサラ金でも審査はありました。しかし、最近ヤミ金では審査なしと聞きましたが、ホームページには、無職はNGというソフト闇金などもいます。

ブラック情報OKの融資キャッシングをどんな人の申し込みでも対応するようです。ここに契約しては大変です。