お金を借りたい!安心して借りれるところ

お金を借りたい!安心して借りれるところ

安心して申し込める金融業者を探そう。安心のできるカードローン、正規消費者金融、有名銀行系カードローン。あとはナシです。

まだあります、こんなローン

消費者金融やカードローンはフリーローンです。教育ローン、住宅ローン、カーローンなどは目的ローンと言います。

日本政策金融公庫などでは、低金利でのこれらのローンに対応していますが、収入に応じた金利差もあり、消費者金融よりずっとお得です。生活費ではなく、目的のあるローンでは最初から公的資金の借入を考えましょう。学生ローンに関しては別物で、たいてい親が関係してきます。

最近では、ブライダルローンなどもありますが、これは目的ローンですが、案外と金利は高めで、日本政策金融公庫などでは取扱をしていません。

注目は無利息期間

最近、消費者金融や一部の銀行系ローンで無利息期間をもうけているところがあります。無人契約機などでも使用ができますので、これから借りたい方はおすすめカードローンです。

もし今回しか使わないというのなら、ますますお得。無利息=自分のお金と考えて使うことができます。

今はWEB申込が常識

手軽なカードローンは、WEB完結のものも少なくありません。

専業主婦OKの銀行カードローン、1時間でキャッシングまで可能な消費者金融カードローンもスマホやパソコンがあればOK。50万円までの借入金なら収入証明書などは不要。しかし、専業主婦の配偶者貸付や高額のローン契約は収入証明書などの提出書類が必要です。

中小消費者金融などは審査が甘いですが、WEB完結は無理です。完結は大手消費者金融などのキャッシング利用の時だけです。大手消費者金融カードローンのメリットです。

総量規制は考えて

計画的な利用で、消費者金融では必ず総量規制限度内の利用しかできません。そこで金利なども変わってきますが、年収3分の一が限界です。アコムやプロミスなどの大手消費者金融、キャッシングエニーやアローなどの中小消費者金融や街金も同様です。

多重債務のときには、きちんと計算しなくてはならないのですが、限度額上限ギリギリの借入は難しいです。カード発行がある大手消費者金融の場合は、ピッタリの借入はできないことが多いです。

口コミ情報は必ず確認

各消費者金融の公式サイトにはない情報が多い関連ページは、必ず確認してみてください。特に審査の甘い中小消費者金融に関しては、知らない名前が多いですし、利用目的に合う金融商品も多いです。カードローン情報、メリットやデメリットの話もあります。

独特の管理人のいるサイト、おすすめ金融業者、提出書類が必要な契約手続き、来店義務の申込方法も詳しいです。申込者本人の体験談などを交えた内容になっています。