融資できない貸してくれないは当たり前の人

融資できない貸してくれないは当たり前の人

大手消費者金融や銀行カードローンの審査落ちで借りれないけれど、中小消費者金融や街金では普通に借りれる。金融業者の審査の違いでは、こんなことも起きます。

消費者金融として同じ金融業者となる零細消費者金融などでは、大手消費者金融と同じ土俵では顧客は獲得できないです。審査基準を下げて小口融資とすることで、金融事故者を顧客としている場合が多いです。審査に通った人にとっても、神的な存在です。

聞きなれない中小消費者金融

ほとんど宣伝はしていないですが、今はインターネットで簡単に検索ができます。その時に驚くことに、中小消費者金融や街金はほぼ全国に点在していて、利用者がとても多いことです。

大手消費者金融で言われた融資できない借入ができない理由は1つではないです。しかし、今の時点でキャッシングができないとなると、すぐに中小消費者金融にいけば良いのです。大手消費者金融との審査基準の違いでは、ここの審査でわかります。

ところが、中小消費者金融でも貸してくれない場合ももちろんあります。審査基準に満たない場合、大手消費者金融と中小消費者金融との共通している審査基準は存在しています。

零細消費者金融でも貸してくれない場合

それが、無職と延滞している状態です。

延滞では、一部ではおまとめローンの提案などもありますが、原則的には借入ができない条件です。しかし、無職はないです。大手消費者金融では専業主婦も審査落ちですが、何ていうことはない無職だからです。

自分が収入がない時点での申込はできないです。中小消費者金融などでも収入がゼロでは、審査に通らないです。ここは共通している審査であり、返せる保証がない借金はできないです。

審査が甘いというだけで、在籍確認の手続きなどもしっかりと行います。勤務先に必ず電話をして、働いているとを確認しなければ、借りられない事態になってしまいます。中小消費者金融の利用者は年々増加していますが、皆さん共通しているのは、きちんと返せると言う保証があるからです。

しかし、無職、無収入ではその審査も通らないです。ただし、専業主婦に関しては中小消費者金融では配偶者貸付制度があり、配偶者と専業主婦の共有の総量規制範囲内で借入ができることがあります。

配偶者の同意書があり、総量規制範囲内で小口融資ができますが、配偶者もブラックだったり無職では出来ないです。あるいは、収入がない方は、大手消費者金融、中小消費者金融、零細消費者金融や銀行カードローンでも借入が出来ません。