自社審査のキャッシングはブラックOK?

自社審査のキャッシングはブラックOK?

中小消費者金融アローは、審査が甘い金融業者です。消費者金融業界では審査の違いでそれぞれ貸す相手が違いますが、甘い審査のことを自社審査と呼ぶことが多いです。駅前の街金、名前の知られていない小規模金融業者などは、自社審査での経営をしています。

どうして違いがあるの?

自社審査キャッシングは、金融事故者に対しても審査を行います。大手消費者金融、銀行カードローンでスコアリングシステムの審査に通らなかった方(信用情報に異動情報があるなど)でも、自社審査の中小消費者金融で借りることが出来るのもそういった理由です。

そのわけは、経営の生き残りが大きなポイントです。大手消費者金融の審査が厳しいほど、あと少しで審査に通ったのにという金融事故も少なくありません。自社審査でそういった方で返済ができることが見込める方に、ブラックOKの形でキャッシングを提供しています。

中小消費者金融のランキングの情報サイトなどを見ると、アローを含め日本全国の自社審査の評判の金融業者を案内しています。

中堅消費者金融会社の存在

自社審査といっても必ず個人信用情報は確認します。自己破産などの債務整理をしている、多重債務であることのブラックの内容を見た上で独自審査になりますが、申し込み者に対してどれだけ信用ができるかが大きな存在です。そして、ブラックにも貸せる強みもあります。完済ができるのであれば、収益につながります。

多重債務者であったとしてもまだ返済ができる所得者であって、他社の返済よりもこちらを優先してくれるのであれば、そのような申込に関しては詳しい審査をした上で融資OKになるのです。そうして、自身が生き残りをかけているといえます。中には50年以上貸金業者として経営しているところも多いのですが、事故情報があると知りつつキャッシング対象にしています。

闇金ではない

アローって消費者金融らしいけれど、知らない。大手消費者金融のようにCMをほとんどしていない中小消費者金融では、そんな声も多いです。知らない金融業者=闇金と思っている方も少なくありません。知らないところだから借りないというのもありです。しかし、どうしてもお金を必要としている場合は、そんな事も言っていられないことでしょう。

しかし、ご安心ください。アローもそうですが、中小消費者金融として経営しているところは東京都知事など全国都道府県、金融庁に貸金業登録をしている会社です。日本貸金業協会の会員の会社も多いです。

街金も闇金業者などではなく、貸金業を職業としてる正規業者です。サイトでは、登録番号はもちろんですが、ランキングなどで紹介しているところでも正規業者ばかりです。単に甘い自社審査でブラックでも相談くださいというだけで、怪しいところではありません。