突然、キャッシュカードでカードローンができない時とは?

キャッシュカードでお金が借りられるのは、カードローンの機能がついているからです。銀行では、お手持ちのキャッシュカードでカードローン機能が付帯ができる場合があります。

消費者金融は無関係

あくまでも銀行カードローンの話しです。ですから、キャッシュカードでお金を借りたい時には、カードローンの審査を受けることになります。

口座開設と同時に申し込みができる場合がありますが、その時に消費者金融の借入などがあると審査落ちになります。そんな時には、キャッシュカードからお金を借りる事ができないです。

突然キャッシュカードでもうお金が借りられない

今までキャッシュカードでカードローンのようにキャッシングができたとしても、審査などで借入ができなくなってしまうことがあります。

金融機関では、契約後でも信用情報の確認をしています。キャッシュカードのカードローン以外にもキャッシングをしている、他のキャッシングで延滞などで信用情報に傷がつくことで、返済能力が低い場合にはカードローンの審査落ちになります。

既に契約している場合、限度額が余っていてもATMで利用停止になることがあります。利用者には知らされないことです。金融機関だけではなく消費者金融のキャッシングなども関係します。

銀行カードローンは総量規制は対象外だけど

借入金額だけの問題ではなく、与信です。延滞をしている、多重債務者などの問題でキャッシュカードのカードローン部分に影響が出ます。

キャッシュカードのカードローンの部分の返済は、自動振替などで預金から自動的に返済ができます。しかし、他の返済部分はそういうわけにはいかないです。特に、他社の延滞をすることでは、キャッシュカードでの新規キャッシングができない可能性は大きいです。

収入証明書の提出

これも与信の一つですが、消費者金融などでも契約後の増額の申請以外でも収入証明書の提出があります。

銀行カードローンも同様であり、この時に収入証明書の金額が契約時より下がっていたりすると、限度額が下げられることになります。既に多く借入している時には限度額が0になったり、借入そのものができない状態、返済しなければならないこともあります。

契約後の審査も続くことで、キャッシュカードでもうお金が借りられない事態になってしまうこともあります。

もう借りれなくなった理由が虚偽の場合

これは、多くの方が体験していないですが、実はとても大変な内容です。

収入証明書と関係するのですが、契約の時の仕事を退職した場合です。本来は、住所や勤務先が変わったのなら、速やかに報告しなければならないです。しかし、銀行カードローンで無職になった途端に限度額が0になります。残債がある時には、速やかに完済しなければならないです。

あえて、そんな損な手続きをする方は少ないですが、もし債務整理などで書類提出する時には、無職でダラダラと借りていたことがバレることがあります。これは自己破産の免責などでは不利な条件になります。

また、無職ではなく転職した時も同じです。ずっと同じ勤務先であることで虚偽のままでかり続けること。何かの拍子でバレて収入証明書で低い事態になった時にも、キャッシュカードでのカードローンの利用ができなくなってしまうことがあります。