キャッシングといえば、カードローンだけど

キャッシングといえば、カードローンだけど

カードローンのキャッシングでは、あなたの借入限度額が◯万円と範囲が与えられローンカードを発行します。その間は出し入れが自由です。また、カードだけではなくインターネットなどで振込依頼もできます。あなたの与えられた範囲内は自由に借りれるというものです。

自社審査の金融業者ではカードローンは極端に少ない

自社審査と言えば、大手消費者金融に対する中小消費者金融や中堅消費者金融を指します。そして、カードローンが使えるところは少ないです。その理由としては、初期コストが掛かるからです。たいてい、申し込み後は振込になりますが、その時には与えられた範囲内ではなく◯円の申し込みに対して◯円です。

必要ならば再び申し込みをしなくてはならないですが、インターネットのマイページからの依頼ができる所もあります。その度に審査が行なわれることになります。ちなみに、ローンカードのある自社審査の金融業者はとても人気があります。無人契約機もあるだけでも申込者は急増したようです。

不便でしょう?

金融事故者でも借りれる自社審査の中小消費者金融では、最初から多額の借入は受け付けていないです。50万円以下は当然ですが、場合によっては10万円も借りれるかどうかの内容です。

最初から貸さない。これはブラック対応の説明ですが、大手消費者金融でも借りれる方に対しては、総量規制範囲内の振込ができるとの事です。金融機関で平気で借りれるのなら、高い金利の中小消費者金融には行かないし来ないという考え方です。

カードローンもないし、キャッシングとしてはとても不便な物ですが、普段インターネット依頼でOKなら、自社審査でもいけます。

私は自社審査が好き

大手消費者金融に行かないで、興味本位で自社審査の中小消費者金融に申し込みをした方がいました。どうしてここに来た?どこで知ったの?と聞かれたそうです。彼女の決め手としては、金利が大手消費者金融と変わりがないことでした。

そして、気になった口コミで、完済後に追加融資の勧誘電話があるということでしたが、案の定電話がきたらしいです。完済した方にだけの連絡です。

中小消費者金融営業としては知られていないことですが、大手消費者金融と変わらない金利だったり、対応も怖くないのなら、自社審査も捨てたものじゃない。私はキャッシングはずっと自社審査街金に行くという方もいます。信用情報で金融事故がない申込者ではいろいろと詮索されそうですが、少し面白い世界のようです。

しかしながら、絶対に金利だけは確認してください。20%のところが多いですが、18%台の自社審査のキャッシングも結構ありますよ。